イヤホンレビュー

1万円くらいで本当の本当におすすめイヤホン

QE50

「一万円くらいで良いやつ(イヤホン)教えてよ」

うっかり「イヤホンが好き」なんてしゃべっちゃったら聞かれる質問。

 「いや、お前の音質の趣味なんて知らねーし知りたくもねーよ。」と思うんですが、そんなことをいちいち口にしていたら、いくつ友情ポイントがあっても足りません。リアルな友達は友情ガチャじゃ出てこないのです。でも夜のお店での課金なら話は別。課金次第では綺麗なお姉さんが、あなたの自慢の3段DAPに微笑んでくれるかもしれません。

 そんなわけで今日は「1万円くらいで本当の本当におすすめできるイヤホン」を紹介してみたいと思います。イヤホンが好きな人ほど高級機種ばかりに目が行ってしまって、意外と低価格なモデルを知らなかったりするんじゃないでしょうか。

本当の本当におすすめ!1万円くらいのイヤホン

 あまり参考にならない話ですが、私が(夜の店で)1万円のイヤホンを人に勧める時の話をします。おすすめするイヤホンはいつも決まっていて、ほとんどがUPQ QE50です。とはいえ、おすすめのイヤホンを聞かれて、まぁいきなり機種名を出すのもなんですから、一応コンサルっぽく質問してみたりするところから始まります。

「よく聴く音楽はなんですか?」
「うーん、EXILEかな♡」

ここでカウンセリングは終わり。というかこの話題終わり。
もう話はやめて、LINE交換へと気持ちを切り替えましょう。

 決して間違えてはいけないのは、こういう人に「重視する音域はなんですか?」とか「多ドラの位相差とか気になる人ですか?」みたいな質問をしてはいけないということ。相手はあくまで軽く「ちょっと良いの教えてほしいな」くらいの気持ちなので、そんな質問をしてしまうとみるみる相手の顔がこわばります。最終的には「やべー、軽い気持ちで聞いたら面倒なことになっちゃった」という表情を見ることになるので、そうなる前にさらっとQE50を紹介するのがベストな対処法と言えます。

分かりやすい音のQE50

Q-music QE50
Q-music QE50
posted with amazlet at 16.03.02
UPQ
売り上げランキング: 367,382

 イヤホンに詳しくない人がイヤホンに求めるもの、言ってみればそれは「分かりやすさ」と表現できるかもしれません。それは誰もがちょっと高いイヤホンを聞いた時に感じた感動と同じものです。QE50はそれを分かりやすく提供してくれます。200時間のエージングも必要ないですし、聴きこむほどに良さが分かる…なんてこともありません。聴いた瞬間に「おお!これは!」と思わせてくれる華やかさがあります。

 UPQ QE50を聴いたことがある人は少ないと思いますが、イヤホンが好きな人であればFidue A73を知っている人は多いのではないでしょうか。1BA+1Dのハイブリッドイヤホンです。QE50はそのA73のOEM。なので品質は同じながらもA73よりちょっとお得に買うことができるんです。

 QE50の音質を語るのはなかなか難しく、ドンシャリと表現してしまうとボーカルが前に出てくる感じとマッチしません。全域に渡ってメリハリのあるサウンドというのが良いような気がします。このメリハリがとても楽しく、イヤホンに詳しい人もそうでない人も「おお!」と思うサウンドになっています。高域の主張はかなりキツイものがあるので、曲によってはしんどい場合がありますが、昨今のJPOPや電子音楽との相性は抜群です。ボカロ系との相性も良いのでそっち系の音楽が好きな人にもぴったりだと思います。(色も初◯ミクだし)

 ということで普通のパターンであればQE50をおすすめしておけばまず問題ないはず。分かりやすく楽しいイヤホンです。

QE50でだめならKC06A

 しかしQE50の音をうるさいと感じてしまって、あまり気に入らない場合もあるかもしれません。そういうケースが予想される場合にはOSTRY KC06Aがおすすめ。

 OSTRYはKC06の方が人気があるような気がしますが、個人的には中低域にフォーカスしたことで分かりやすくノレるKC06Aの方が好きですね。QE50よりも音の誇張が少なく、クリアで繊細な音です。QE50で聴くとうるさいロックも問題なく聴けますし、クラシックやジャズなどの生楽器も得意。音楽に詳しかったり、楽器をやったりしてる人にはKC06Aの方をおすすめしたいですね。

 ただどんなイヤホンにも弱点はあります。まずダサい。仮面ライダーの変身ベルトみたいなデザイン。男性は良いかもしれませんが、女性にはちょっと向かないですよね。それからやや音楽玄人っぽいチューニングというのも気になります。そのため、ボーカルのみに集中して聴きたい人にはイマイチかもしれないのでご注意を。とはいっても素晴らしい音質!大好きなイヤホンです。

ボーカルならDUNU TITAN 1

【国内正規品】 DUNU インナーイヤー型イヤホン TITAN 1 DN-T1
DUNU (2015-01-10)
売り上げランキング: 140,938

 これまで紹介した2機種は低域の主張が強いため気に入らないという人もいるかもしれません。(まあそんな人は初心者じゃないですけど)

 そんな人にはTITAN 1がおすすめ。伸びのある高域とクリアな中域の表現に優れたイヤホンで、まさにボーカルを聴くのにうってつけです。私は上位機種のTITAN 5を使っていますが、聴き疲れのない音をしていて、特にボーカルは浮かび上がるような美しさがあります。

 TITAN 1はゴリゴリのロックには向きませんが(そういうのは上の2機種のどちらかで)、ボーカル中心のポップスは爽やかに聴くことができるので、声フェチの人にはおすすめできるイヤホンだと思います。TITAN 1だとちょっと価格が…という人には、ハウジングの質感は落ちてしまいますが、より安価なTITAN 1 esもおすすめ。これだと一気に9000円くらいになります。

ということで、今回は1万円くらいで本当の本当におすすめのイヤホン紹介でした。
どれも名機なので、まだ聴いたことのない機種があったらぜひ試してみてください!

P.S.
今回は分かりやすく「ザ・おすすめ記事」を書いてみました。
参考になったと思ったら、ぜひシェアして頂けるとうれしいです。

P.P.S
夜のお店でQE50を勧めるなんてのはネタです。
実際にはSONYあたりにしておくのがベスト!
決して真似しないでください。ドン引きされますよ。

関連記事

  1. Oriolus Forsteni 【レビュー】Oriolus Forsteni 低域と音場が光るハ…
  2. 20150903204715 【レビュー】Aurisonics BRAVOシリーズ 4機種を聴…
  3. oriolus 【レビュー】話題の4ドライバイヤホンOriolusの音質は?
  4. 20150815191504 【レビュー】J-phonic k2 m2はずっと聴いてたい音
  5. 20151010180330 【レビュー】BOSE SoundTrue Ultra クリアなサ…
  6. TFZ SERIES1 【レビュー】TFZ SERIES1 響く低音とあふれる臨場感
  7. Etymotic Research ER4SR 【開封】Etymotic Research ER4SRが届きまし…
  8. Andromeda-Cover-1024x620 【レビュー】Campfire Audio ANDROMEDA 今…

ピックアップ記事

  1. B&O Beoplay E8
  2. Fidue A85 VIRGO
  3. SIMGOT EN700 PRO
  4. Astrotec LYRA Classic
  5. OSTRY KC09
  6. HIFIMAN RE2000
  7. Unique Melody MACBETH II Classic
  8. acoustune HS1551 HS1501
  9. EN120
  10. NuForce HEM8(LTD)

おすすめ記事

Marshall Monitor Black 【寄稿レビュー】Marshall Monitor Black この音はまるでライブ! HIFIMAN SHANGRI-LA 【取材】594万円のヘッドホン HIFIMAN SHANGRI-LAの音 Mitchell and ​​Johnson GL2 【レビュー】Mitchell and ​​Johnson GL2 静電型がこの価格!? HIFIMAN HE1000 【レビュー】HIFIMAN HE1000はどれくらい鳴らしにくいのか HIFIMAN HE400S 【レビュー】HIFIMAN HE400S ポタで鳴らせる平面駆動型! HIFIMAN Edition S White 【レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort 【開封】YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 【開封】massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が到着!
PAGE TOP