【レビュー】DENON AH-MM400EM 質の高い音!

AH-MM400EM

今回はDENON「AH-MM400EM」を試聴してきました!
DENONらしい味付けの少ない素直な音でしたよ。

DENON AH-MM400EM レビュー

本体の質感

質感はとても良いですね。細かい部分も含めしっかりした作りになっています。ケーブルも着脱式なのがうれしいですね。これは好みになりますが、ハウジングの部分のロゴが大きすぎると思います。

せっかく木を使ったハウジングなのだから、オーテクのESW9みたいな作りにして欲しかったなぁ。なのでデザイン的にはちょっとマイナスです。(DENON信者の方はウレシイのでしょうけど)

装着感

軽いつけ心地で非常に良いです。ヘッドバンドの頭にあたる部分がメッシュなのもGOOD。下位モデルのMM300EMと比べてフィット感は非常に良くなっています。この装着感なら長時間のリスニングもOKです。

音質

音質はひたすらにフラットです。余計な味付けは一切ありません。サ行も刺さらないギリギリのところで、処理がうまいなぁと思いました。低音はタイトな音で、量も出ています。高音は正確な音ですが、華やかな味付けなどは無いですね。同じような形状のヘッドホンと比べるとボーカルはやや遠いと感じました。楽器の再現度も高いので、ジャズなんかと合う音だと思います。

MM300EMと比べると1枚ベールを取れたように、低音から高音まで伸びています。木製のハウジングによって音が響くようになったからかもしれません。全体的には性能の高さを感じる音でありながら、聴きやすく疲れない音づくりをしている印象でした。 

総評

AH-MM400EMはとにかくフラットなヘッドホンでした。ヘッドホンでの味付けを好まない人には最適だと思います。あるいは、アンプやケーブルによる違いを感じるのにも良さそうですね。

私はヘッドホンの味付けを楽しみたい人なので、購入には至らなそうです。でも、味付けがないというのも、それはそれで充分な個性かもしれません。好きな方は好きなヘッドホンだと思いますよ!質感や性能やバッチリの機種です!