【レビュー】Campfire Audio JUPITERをAK T8iEと聴き比べ

20151127161457

また荒れそうなネタを…。
そう思っても書かずにいられないのが私なのであります。

今日はCapmfire AudioのJUPITERORIONの発売日なので意気揚々と試聴に行ってきました。メーカーさんから試聴機なんて上等なものを用意してもらえないあたり、某ブログとの実力差が露見してしまいますね。(その分、ユーザー目線だよ!たぶん!)

せっかくなのでJUPITERを近くにあったAK T8iEと比較してみたいと思います。
ダイナミックとBAマルチを比べるという、意味があるようで無いような内容なので参考程度に楽しんで下さい。

Campfire Audio JUPITER レビュー

f:id:furihaku:20151127161457j:plain
デザインは同ブランドのLYRAと違って、外側にネジ見えるようになっていますね。本体は見た目の重量感からすると軽く感じました。ケーブルはLYRAと同様、ALOのTinsel Earphone Cableが使用されています。

JUPITERはBA4ドライバーのイヤホンですが、本体サイズはいたって普通で大きくも小さくもありません。SHURE掛けは必須で、装着感は可もなく不可もなくといった印象でしょうか。

音のキャラの違いに驚き

JUPITERとAK T8iEの音質ですが「どこが似てるか」を探すのが難しいくらいに違います。同じイヤホンという商品なのに、こうも違うのかと思わされましたね。
具体的にいうと、AK T8iEは制動の効いた低音が魅力で、JUPITERはシャキシャキと響く高音が魅力といった具合です。

聴き比べには
『相対性理論 – たまたまニュータウン (2DK session)』
『きのこ帝国 – 35℃』
の2曲を使用。

たまたまニュータウン (2DK session)では両者の違いが顕著で、AK T8iEはバスドラムとベースが主張してきますが、JUPITERではハイハットやシンバルに注意を惹かれます。
35℃という曲でも、AK T8iEではベースをかなり正確に追うことができますが、JUPITERではハイハットのクローズ加減などを細かく聴くことができました。

これについてはどちらが良いというよりも、好みの問題と言えそうです。個人的な好みを話せば、音楽のバランスとしてはAK T8iEの方がフラットというか、自然な感じで好みでした。(試聴機のJUPITERはシリコンチップだったので、コンプライを使うとまた違った印象になるかもしれません)

JUPITERに関してはもう1つ「ボーカルがめちゃくちゃ近い」という面白い特徴を持っていました。空間表現は決して狭くないのですが、AK T8iEと比較するとボーカルは驚くほど近いですね。この点も両者が「似てるところがない」と思った理由でもあります。

正確性のAK T8iEか、個性のJUPITERか。

もしもこの世に「原音」なるものがあるとしたら、それに近いのはAK T8iEのような気がします。しかしながら、JUPITERを聴いた瞬間のインパクトは凄まじく、カリスマ的な個性に心を売りたい気持ちもフツフツと湧いてきます。
これは「10万円を超えるイヤホンに何を求めるか」という哲学の闘争であり、「音楽のどの部分で昇天するか」という性癖の話でもあるように思います。

「近くに置いてあるからやっちゃえ」という気軽な気持ちで比較なんてやってしまいましたが、この2機種が争うのは「不毛」以外の何者でもないでしょう。

私自身、たった2つのイヤホンを聴き比べただけなのに「イヤホンとは何か」「音楽とは何か」という問いを超え、ついには「人生とは何か」というところまで到達しました。イヤホン禅問答ここに極まれり。

さぁ、この2つのイヤホンが提示する「音楽とは此れ如何に」という命題に、あなたも足を踏み入れてみませんか?
そこで何に到達し何を目撃するのか、あるいはしないのか。
イヤホンの深淵、いまだ底は見えず…。

Campfire Audio JUPITER CAM-4549
Campfire Audio JUPITER CAM-4549
posted with amazlet at 16.02.10
Campfire Audio
売り上げランキング: 30,427

Astell&Kern テスラドライバー搭載イヤホン AK T8iE ブラック  AK-T8IE-BLK
アユート (2015-11-27)
売り上げランキング: 16,326