【レビュー】Apple AirPodsの音質や使い勝手は?

Apple AirPods

 いまさら感が凄いのですが、AppleのAirPodsを購入したので今回はその音質や使い勝手をレビューをしたいと思います。

 「そもそも何でAirPods買ったの?」という声が聞こえそうですが、1つは今流行の左右完全独立イヤホンを体験してみたかったのと、もう1つはNintendo Switch用の無線イヤホンが欲しいなぁ〜という情弱な発想からでした。(後者の目的は完全に失敗…)

 ひと口に完全独立イヤホンと言っても、今は色々なメーカーから発売されていますよね。中でもAirPodsを選んだ理由は「安い、付け外しが楽、Apple製品なら(たぶん)音切れも少ないだろう。」と考えたからです。音が良い(と思う)イヤホンはいくつか持ってるので、今回は音質には全然期待しないで購入しました。

ということでレビューしたいと思います!

Apple AirPods レビュー

Apple AirPods
パッケージのデザインは相変わらず素晴らしい
Apple AirPods
同梱物
充電はLightningケーブル
Apple AirPods
AirPods本体
EarPodsより少し重い
Apple AirPods
ケースの裏にはペアリング用ボタン

 やっぱりApple製品のパッケージは良いですね。たいした価格の製品ではないのに高級感があります。Apple製品のパッケージは「最高のドキドキ感」を演出するため、開けるのに7秒かかるよう設計されているようです。(知ってました?)

 AirPodsの箱もパカっと開かず、ゆっくり落ちるようにフタが開きました。うーん、この瞬間はいつも楽しい…。

 ということで開けると小さな白いケースとご対面。想像よりも小さいですね。ケースをパカっと開いてみると、中には見慣れたEarPodsが見えました。このケースをパカっと開ける感触と、パタっと閉じる感触が何とも良いです。

 ジッポライターって手にすると、つい開いたり閉じたりしたくなるじゃないですか?AirPodsのケースはまさにそんな感じで、ついパカパカと開け閉めしたくなりました。私はタバコ吸わないので、これからはAirPodsがあればジッポはいらない!

 イヤホン本体もケースにマグネットで固定されているので、開けた瞬間に飛び出してしまうことはありません。ここでまた楽しいポイントが。取り出したイヤホンをケースに戻す瞬間です。この感触がまた小気味よくて、掃除機のケーブルをボタンを押して巻き取っていって、プラグが吸い込まれる最後に瞬間に似ています。「シュルんッ!」っていうあの感じ。

 っていうか掃除機もワイヤレスが当たり前の時代に(しかもワイヤレスイヤホンのレビューで)、今の例えが分かる人はどれだけいるのか…。それでも、おっさんな人はきっと分かってくれると信じています。

 最初は「EarPodsのワイヤレス版に2万円弱は高いかなぁ」と思っていたんですけど、質感や作りには満足でした。このあたりの作り込みレベルの高さはさすがApple製品といったところですね。

ペアリングしてみる

Apple AirPods
GRANBEATと接続

 20〜30回くらいケースを開け閉めし、10回くらいイヤホンを出し入れしたら飽きてきたので、ペアリングして使ってみることにしました。とりあえず現在レンタル中のGRANBEATに繋いでみます。(今回のAirPods写真はコメダ珈琲にてGRANBEATで撮影しました。)

 ペアリングはAirPodsをケースに入れた状態で、ケース裏のボタンを長押しします。後は端末側でAirPodsを選択すればOK。とても簡単でした。ちなみにiOSデバイスだと、AirPodsを近づけるだけでペアリング開始の表示がでます。(結局ボタン長押ししますけど)

 Apple製品とのペアリングでは、AirPodsを装着した状態で本体の少し上を2回タップするとSiriを起動できます。GRANBEATとの接続では、同じ操作で音楽の再生・停止ができました。これは結構便利かも。

 試しにYouTubeでライブ映像を観てみましたが、口の動きと音のズレは感じませんでした。

 チェックに使った映像はこちら。途中エロスな水着女子が出て来るので要チェックですぞ。っていうかドグマ盤も欲しくなってきた…。

PS VITAでさらに遅延チェック

Apple AirPods
P4Dという音ゲーに挑戦

 とりあえずYouTubeは問題なかったので、VITAを使ってさらに遅延をチェック。今回はP4Dという音ゲーをやってみます。ちなみに以前、無線ヘッドホンでこのゲームをやった時は、全くもってプレイできず即死しました。

 で、やってみた結果。まぁまぁ普通にプレイ可能でした。やはり若干のズレは感じるのでシビアな音ゲーは厳しいと思いますが、それ以外のゲームであれば特に問題なく使えると思います。これはうれしい!

音質はクソ

 質感など散々褒めておいてアレなんですけど、音質は2万円弱という価格から考えるとクソそのものです。というか音はほぼEarPods。価格の大部分は、ワイヤレス機能に対して支払ったと思うべきでしょう。個人的にこれで音楽を楽しもうとは思わないですね。なので音に期待すると痛い目みることになります。

 特に致命的なのは遮音性の低さ。装着しても周りの音はほぼ完璧に聞こえるので、音楽を聴こうとすると必然的にボリュームが大きくなり、音が漏れ漏れになります。EarPodsで音がジャジャ漏れの人が多いのは、こういう理由なんですね。

 ただ音や遮音性がクソだからと言ってAirPodsに買う価値が無いかと言えば、それはまた別の話です。AirPodsのハウジングは装着感が良く、着脱がとても楽で、左右の区別も分かりやすい形状をしています。

 これはほんとゲームをしたり動画を観たり、PCで作業をする時なんかにピッタリ。つまり音楽メインではなく「流し聴き」をする時ですね。そういう観点でみると、ボヤっとした音像は聴き疲れが少なく、(ハイとローが死んでる)人の声が聞き取りやすい音づくりも悪くない気がしました。

 特に息子を寝かしつけた後、夜な夜な暗い部屋でPrimeビデオを観たりゲームをしたりする私には有り難いイヤホンなのです。(ほんとSwitchで使えればなぁ…)

総評

 AirPodsは使う人によって評価が二分するイヤホンだと思いました。音質や遮音性を求めるのであれば、他の選択肢をおすすめしたいですね。ただ接続の容易さや安定性はさすがで、特にApple製品を使っている人は電話からエンタメまで便利に使うことができそうです。

 個人的にはゲームや動画を観ながらトイレに移動しやすくなったことに、とても感動しました。しかしそれだけのことに果たして2万円弱を支払う価値があるのか…それには若干の疑問が残ります…。でもまぁ、全体的には満足できる製品でした。GRANBEATは重いので、電話用のマイクイヤホンとしても活用の道がありそうです!

 個々人のリスニングスタイルにハマれば、これ以上無い快適なイヤホンだと思います!(音質クソって書いちゃったけど、それはあくまで2万円という価格からみたもので、個人的にEarPodsの音・デザイン・装着感は言うほど嫌いじゃなかったりします…)

AirPods MMEF2J/A
AirPods MMEF2J/A
posted with amazlet at 17.03.07
Apple Computer
売り上げランキング: 652
AirPods充電ケース専用カバー Pod Pocket (Cocoa Gray)
PodPockets
売り上げランキング: 5,577