イヤホンレビュー

【実機レビュー】audio-technica ATH-E70 傑作イヤモニ!

ATH-E70

 今回は前回のATH-E40に続いて、audio-technicaのイヤーモニター新製品ATH-E70をレビューします。個人的には試聴した時から「これは!」と思う音質を感じており、しっかり使わせてもらった今もその評価は変わっていません。久しぶりに傑作と呼べるイヤーモニターではないでしょうか。

audio-technica ATH-E70 レビュー

外観などをチェック!

ATH-E70

 外箱はE40と変わらずですね。このデザインとても好きです。中の黒い箱の紙質はちょっと高級なものになっていました。

ATH-E70

 付属品はケースと標準変換プラグ、シリコンイヤチップに加えて、E40には無かったコンプライも同梱されています。詳しくは後術しますが、このコンプライがなかなか面白かったです。

ATH-E70

 外観はE40と同じくスケルトンな作りに。E40は外窓が丸でしたがE70は四角に近い楕円になっています。メカメカしさがあって、ちょっと目をひく素敵なデザインですね。装着感はE40と似ていますが、ハウジングサイズが少し小さいおかげなのかE70の方が装着しやすく感じました。

ATH-E70

 ケーブルはE40とは別モノですね。透明な皮膜に覆われたしなやかなケーブル。E40のケーブルもなかなか扱いやすいケーブルでしたが、E70のケーブルはさらに良かったです。苦労せず写真の形にできたと言えば、扱いやすさを分かって頂けるのではないでしょうか。タッチノイズの少なく、とても優れたケーブルだと思いました。

高い分離性能、優れた音の描写力

 ATH-E70には、モニタリング用に最適化された低中高3基のBAドライバーが搭載されています。これによって音離れがとても良く、1つ1つの音を正確にモニターできるようになっていると感じました。単に音の分解能が高いだけでなく、個々の音の描写がとても正確です。BAドライバーの良さを最大限に引き出し、ルーズな部分がほとんどないカッチリした音に仕上がっていますね。

 ミッドが中心だったE40と比較すると、E70は高域に主張の強さを感じます。ローはE40と似てボワつかず、量感は無いながらも存在ははっきりとモニターできるようになっています。ボーカルはE40と比較するとやや遠くに感じられますが、これは音場は広がったことによる影響でしょうか。距離としては適正なものだと思います。高域はいわゆるモニターサウンドらしい硬さを持っていますね。シンバルなどはやや刺さる感じがしますが、本物のシンバル音は刺さるなんてものではないので、そういう意味では正確な描写になっていると思います。

 E40と比較するとE70はレスポンスの速さ・スピード感はそのままに分解能と音場が改善され、音の描写力もかなり高められた印象を受けました。音全体のバランスもいわゆるモニターらしい本格的なサウンドになっていますね。グレードの違いをはっきりと感じることができました。

 リスニング用途で使ってみて面白かったのがコンプライとの組み合わせ。モニターサウンドが好きな方はシリコンイヤーチップで使うのが良いと思うのですが、リスニング用途で考えるとシリコンイヤーチップの音はやや疲れるサウンドだと思います。そこでコンプライを使うとグッとリスニングよりのサウンドになりました。

 コンプライで聴くとキツさを感じる高域が抑えられ、低域の量感がグッと増します。クールなモニターサウンドが暖かみのあるサウンドに変貌するわけですね。音の細部は少しルーズになった印象を受けますが、とても聴きやすく楽しい音になりました。

 コンプライを装着した状態なら、スピード感ある音を活かして邦楽ロックを聴いたり、高い分解能を活かして中田ヤスタカ系の電子音楽を聴いたりするのが楽しかったです。気分によって使い分けするのが良いと思いました。

ATH-E70

総評

 ATH-E70は非常に高い性能をもったイヤーモニターです。音の分離感や定位が良いだけでなく、鮮度や明度といった音自体が持つ雰囲気までも描き切る描写力の高さには、舌を巻くものがあります。まさに音楽制作にうってつけのイヤモニですね。決して安価な製品ではありませんが、価格なりの実力ははっきりと持っているように感じました。

 またコンプライを使って聴くサウンドはとても面白く、質の良いダイナミックイヤホン聴いているような感覚になります。シリコンと使い分けて、モニターとリスニングを切り替えられると思うと、これ1台でかなり使えるイヤホンですね。オーディオマニアな方にも十分オススメできるイヤホンだと思います。ウォームなサウンドが好きな方は、店頭の試聴ではぜひコンプライを試してみてほしいですね。評価が180度変わるかもしれませんよ!5万円クラスの中ではかなりおすすめです!

関連記事

  1. 81Xxbb6WeiL._SL1500_ 【試聴レビュー】PHILIPS Fidelio M2Lは不遇のヘ…
  2. 20160106203415 【実機レビュー】JVC CLASS-S WOOD HA-SW01…
  3. AQUA 【試聴レビュー】ELECOM AQUA 激戦区に新イヤホン
  4. zoro2 wireless 【実機レビュー】noontec ZORO Ⅱ wireless …
  5. Fidelio NC1 【試聴レビュー】PHILIPS Fidelio NC1を聴いてき…
  6. iFi Audio iEMatch iSilencer3.0 ノイズよさらば! iFi Audio iEMatchとiSile…
  7. massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が…
  8. HE400i 【実機レビュー】HIFIMAN HE400i 買わない理由がない…

新着ヘッドホンレビュー

HIFIMAN HE400S 【実機レビュー】HIFIMAN HE400S ポタで鳴らせる平面駆動型! HIFIMAN Edition S White 【実機レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【実機レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【試聴レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! moshi avanti 【実機レビュー】moshi avanti 洗練されたデザインとサウンド IMG_1595 【実機レビュー】HIFIMAN Edition S 必聴のHiFiサウンド zoro2 wireless 【実機レビュー】noontec ZORO Ⅱ wireless の音質は? HA-MX100-Z 【実機レビュー】HA-MX100-Zに感じたVICTOR STUDIOの本気

最新イヤホンレビュー

OSTRY KC08T 【実機レビュー】OSTRY KC08T オープンエアー型の秀作 moxpad MO-X9 【実機レビュー】moxpad MO-X9 問答無用のヘヴィサウンド Astrotec AX-35 【実機レビュー】Astrotec AX-35 自然な音が魅力のハイブリッド機 Oriolus Forsteni 【実機レビュー】Oriolus Forsteni 低域と音場が光るハイブリッド機 astrotec AM850 【実機レビュー】Astrotec AM850 メタルとウッドの良いトコ取り! magaosi k3 【実機レビュー】magaosi k3 中華ハイブリッドに新星の予感 RHA CL1 CL750 DACAMP L1 【実機レビュー】RHA CL1 CL750 DACAMP L1 オーディオファン必聴の快作 chord and major 【実機レビュー】Chord&Major 4製品を一挙に聴き比べ! vega2 【試聴レビュー】Campfire Audio VEGA&LYRA IIを聴き比べ! 64audio U4-SE 【実機レビュー】64audio U4-SE この低音は中毒性高し!

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン















最新記事

  1. OSTRY KC08T
  2. XELENTO REMOTE
  3. イヤホン イヤーピース イヤーチップ 比較
  4. moxpad MO-X9
PAGE TOP