【レビュー】audio-technica ATH-ESW950 の音質は?

ATH-ESW950

 本当はヘッドホンの日にATH-ESW950のレビューを掲載しようと思っていたのですが、まさか某サイトと被ってしまったので直前でA2000Zに変更したりしてました。そんなことってあるんですね。ということで今回は満を持してのレビューになります。人気のEARSUITシリーズに登場した新しいモデルのレビューです。

ATH-ESW950 レビュー

質感と装着感

 シカモア材で作られたハウジングはとても美しく高級感があります。装飾体で書かれたLeftとRightの表記も上品で好感が持てました。持ってみると見た目の雰囲気よりもずっと軽量で、ポータブル機として持ち運びやすくなっています。反面、プラスチック素材も使われているのでそれが気になる人もいるかもしれません。イヤーパッドやヘッドバンドの作りはしっかりしていて安心感があります。価格から考えると充分に高い品質ではないでしょうか。

 装着感はオンイヤータイプの宿命か、最高とは言えません。とはいえ、一般的な通勤や通学時間であれば特に問題なさそうです。私のようにHD25で鍛え上げられた人間からするとむしろ快適なレベルですね。メガネとの相性はあまり良くないかもしれないので、購入前にはチェックしておいたほうが良さそうです。

 ケーブルは交換可能でA2DCという独自規格になっています。見た目はちょっと長くしたMMCXという感じですね。MMCXほど脱着がキツくなくカチっとハマるので、汎用性意外の面では不満のないものになっています。
ATH-ESW950

弦楽器の響きが美しいフラットな音質

 音質についてはEARSUITシリーズらしく美しい高域とフラットな音作り。シカモア材による低域の響きはリッチで、タイト過ぎず膨らまず、良いバランスが保たれています。ウッドハウジングのため、かなりウォーム寄りの音になるかと思ったんですが暖色一辺倒な音にはなっていません。そういった意味でもフラットな音作りになっていると思います。(もちろんES10と比較すれば暖かな音ですが)

 高域はキツくなることなく伸びを感じます。余韻も派手すぎずフワっとしていて華やかさがありますね。刺激的な音ではないのでロックにはちょっと物足りないかもしれませんが、ポップスには丁度良いバランスだと思います。歌を邪魔せずに華を添えるサウンドに仕上がっています。

 ESW950の良さはアコースティックな弦楽器の表現にあると思います。ギターやバイオリンの弦が弾ける美しさは格別なので、そういった曲が好きな人にはたまらないヘッドホンになりそうです。ボーカルはA2000Zにも共通するオーテクさんらしい距離感。近づきすぎず半歩下がったような印象で、演奏の中へしっかり溶け込んでいる感じがします。

オシャレなサウンドにぴったり

 ESW950にはゆったりしたアコースティックなサウンドがピッタリですね。高域に華やかさがあるのでそれを活かしたちょっとオシャレなサウンドがよく合うと思います。個人的にはACIDMANのAcoustic音源なんて最高じゃないでしょうか。

総評

 デザインを見てもサウンドチューンを見ても、ESW950には奇をてらった部分は全くありません。オーディオマニアな人からすると面白みがないと言われてしまうのかもしれませんが、こうしたまっすぐなヘッドホンをしっかり作って下さるメーカーさんは貴重だと思います(Made in Japanですし。)

 ESW950のような機種を聴くと「フラット」の意味を考えさせられますね。この機種は恐らく低域寄りだと言う人もいれば高域寄りだと言う人もいそうな気がします。たぶんそれはその人が普段意識している音域なのではないでしょうか。(私の場合は低域に意識が行きました)

 楽器にも使用されるシカモア材を使ったESW950は、きっと使い込むほどに味の出るヘッドホンだと思います。私も耳が慣れるほどにサウンドバランスの素晴らしさを何度も発見したヘッドホンでした。ケーブルやイヤーパッドの交換もできるので万年筆のように身体に馴染むまで使ってみたいですね。おすすめです!

Second line&Acoustic collection
Second line&Acoustic collection
posted with amazlet at 16.02.27
ACIDMAN
EMIミュージックジャパン (2011-09-28)
売り上げランキング: 22,479