【レビュー】moshi avanti 洗練されたデザインとサウンド

moshi avanti

 今回は久々のヘッドホンレビュー!紹介するのはアメリカのmoshiというブランドのポータブルヘッドホンです。

 moshiは洗練されたデザインと高品質な素材で、オーディオ製品やApple製品のアクセサリーを製造しているメーカー。イヤホンでは「Vortex」という機種を知っている方も多いと思います。

 今回はそんなmoshiが初めてリリースしたポータブルヘッドホン「avanti」をレビューします。

moshi avanti レビュー

moshi avanti
外箱はApple製品を思わせる白。
箱から高級感があります。
moshi avanti
灰色のケースを開けると本体が。
ポータブルなのでしっかり折りたためます。
moshi avanti
本体とケーブル。
ケーブル着脱可能なのはウレシイですね。
moshi avanti
LとRは内側に記載。
イヤーパッドはオンイヤーになっています。
本体側のケーブルは海外製品でよく見るプラグ。 ワンボタンリモコンがついています。
本体側のケーブルは海外製品でよく見るプラグ。
ワンボタンリモコンがついています。
moshi avanti
DP-X1と比較したサイズ感はこんな感じ。
コンパクトで使いやすいサイズです。

質感と装着感

 avantiは約26,000円くらいのヘッドホンなんですが、写真を見て頂いて分かる通り、とてもデザイン性が高いです。一言でいえばオシャレですね。質感も高く、高級感をしっかりと感じます。

 個人的に驚いたのがハウジングを回転させた時。「カチッカチッカチッ」とまるでダイヤルを回しているようなメカっぽい音と感触があるんです。思わず超合金メカで遊んでいた頃の童心を思い出しました。

 もう1つ驚いたのが装着感です。こうしたハイセンスなヘッドホンは見た目が良くても装着感はイマイチなこともありますよね。その点、avantiはとてもしっくりくる装着感になっていました。

 装着感のポイントはイヤーパッドの材質も向き。フワッとクッション性の高いイヤーパッドは耳に優しく、オンイヤーながらも圧迫感は少なく感じます。

 さらに圧迫感を和らげてくれているのがパッドの向きで、ヘッドバンドに対して垂直水平ではなく、耳の傾斜に合わせてハの字に傾けられています。これによってオンイヤー特有の耳の痛さがかなり軽減されていました。

 この装着感は人間工学を応用して設計されているそうで、さすが海外企業ですね。デザインと機能性が見事にマッチしています。メーカーとして初のヘッドホンとは思えない完成度だと感じました。

moshi avanti

味付けの少ないシンプルなハイファイサウンド

 肝心の音の方ですが、こちらもデザインに通じる「シンプルかつハイファイ」なサウンドに仕上がっています。誰が聴いても眉をひそめるようなことはないであろう、クリアで歯切れの良い音です。

 特に中音域の粒立ちがよく、リムショットやタムのアタック感が耳に心地よく響きます。低域はタイトで量感はやや控えめ、高域は凛とした質感ながら繊細な鳴り方をします。ゼンハイザーのHD25と比較すると「低域を抑えた上品なサウンド」と言えそうです。

 音場はオンイヤーということを考慮すると十分な広さを感じました。こもり感は少なく解像感もHD25と遜色ないレベルにあると思います。全体にすっきりしたサウンドなのでボーカルも聞き取りやすいですね。

見た目同様、洗練された音楽に

 avantiは中域を中心に洗練されたサウンドデザインのヘッドホンなので、マッチする音楽も洗練されたポップサウンドが良さそうです。日本で洗練された音楽といえば…シティ・ポップスですかね。

 avantiで聴くと中高域の抜けの良さとボーカルのチャーミングが感じを楽しめました。音数が多くてもしっかりと表現できています。

総評

 ポータブルヘッドホンは2〜3万円に良い機種がほんと多いですが、avantiも負けず劣らずの良機種です。デザイン、装着感、音質とバランスのとれた1台になっています。見た目どおりのキレイなサウンドなので、デザインに惚れた方は手に取ってみる価値はあると思いますよ。

 またプレゼントとしても喜ばれそうなヘッドホンですね。オーディオ機器に1ミクロンも興味の無いウチの嫁さんも「なにそれ?かっこいいね!」と言ったのには驚きました。やっぱりデザインって大事なんだとつくづく実感させられたヘッドホンでした。

Moshi Vortex Premium カナル型イヤホン
Moshi (2013-02-18)
売り上げランキング: 46,514