イヤホン

Campfire Audio「Vega」に採用!液体金属&非結晶ダイヤモンドドライバーとは

vega2

 Orion、Jupiter、Novaが突然の終了をみせたことで話題のCampfire Audioが、新モデル3機種をリリースしました。

 今回発表になったのは「Vega」「Dorado」「LYRA Ⅱ」という3つのイヤホン。どれもハウジングにLiquid Alloy Metal=液体合金の金属が使われているのが特徴となっています。

 Campfire Audioが考える液体合金ハウジングのメリットは以下の通り。

  • チタンよりも優れた機械的強度
  • 傷やへこみに対する非凡な耐性
  • ユニークで見栄えの良い外観
  • 優れた耐腐食性、耐薬品性
  • 非毒性&アレルゲンフリー
  • 優れた制動と振動特性

 液体合金=リキッドメタルといえば、めっちゃくちゃ柔軟かつ硬いことでお馴染みの金属ですね。これがハウジングに使われているということは、傷やへこみには相当強いと思われます。液体合金をハウジングに使ったイヤホンはこれが初だそうなので、音響的にどうかは聴いてみないと分からないですね。

 3機種のうち「LYRA Ⅱ」は、LYRAに続き「ベリリウムPVDダイナミックドライバー」を採用しています。「Dorado」はLYRA Ⅱにさらに2つのBAドライバーを追加したハイブリッドモデル。

LYRA Ⅱ

LYRA Ⅱ


 Doradoは伝統的な「チューブとダンパー」によるチューニングシステムを捨て、3Dプリンターによるチャンバーを採用することで、圧縮することなく音響チューニングを可能にしているようです。(この技術はTAEC(Tuned Acoustic Expansion Chamber)と呼ぶらしい。)

Dorado

Dorado


 そうなると「Vega」はダイナミック+4BAかな?なんて思っていたら、全然違いました。

 なんとVegaは世界初の8.5mm non-crystalline Diamond Dynamic Driver=非結晶ダイヤモンド ダイナミックドライバー搭載となっています。つまりシングルのダイナミック型イヤホン。なるほど、だからLYRA(こと座)のα星の名前を持っているんですね。

 液体合金の次は非結晶ダイヤモンドダイナミックドライバーですか。もう何がなんだか分かりません。ということで、ちょっと調べてみました。

 VegaのドライバーについてCampfire Audioは以下のように解説しています。

「Vegaの8.5mmドライバーは厚さ9ミクロン、当社の革新的なADLC 非結晶ダイヤモンドカーボン材料でコーティングされています。」

 なるほど、わからん。でも何らかのコーティング技術が使われていることは分かりました。となると「革新的なADLC」って何?という疑問がわいてきます。たぶん、非結晶ダイヤモンドカーボン材料のことなんだろうけど…。そこでググってみると「ダイヤモンド ライク カーボン」というワードにたどり着きました。

「ダイヤモンド ライク カーボン」とは

ダイヤモンドライクカーボン(diamond‐like carbon)は、主として炭化水素、あるいは、炭素の同素体から成る非晶質(アモルファス)の硬質膜である。 硬質炭素膜とほぼ同義。 DLCと略す。(Wikipediaより)

 なるほどね〜。わからん。わからんけど、ちょっと分かりました。「革新的なADLC」とは「アモルファス ダイヤモンド ライク カーボン」の略称のようですね。オートダウンロードコンテンツでは無かったか。

 ということで話をまとめると、Vegaの非結晶ダイヤモンド ダイナミックドライバーとは「硬質炭素膜でコーティングされた9ミクロンの極薄ドライバー」のようです。

DLCコーティング自体は台所から宇宙まで様々な分野で注目・活用されている技術みたいですが、これ以上の説明は文系の私には限界…。興味のある方はググって調べてみてください。

 それにしてもCampfire Audioは実に挑戦的な技術を詰め込んできましたね。液体合金にADLCですか…。イヤホンへの応用は世界初となる技術が2つも詰め込まれたVega。果たしてどんな音がするのか、今からとても楽しみです!

Campfire Audio

Campfire Audio ORION CAM-4501
Campfire Audio ORION CAM-4501
posted with amazlet at 16.10.20
Campfire Audio
売り上げランキング: 341,690
Campfire Audio JUPITER CAM-4549
Campfire Audio JUPITER CAM-4549
posted with amazlet at 16.10.20
Campfire Audio
売り上げランキング: 21,684

関連記事

  1. 64audio U4-SE 実は64 AUDIO U4-SE買ってました!HIFIMAN S…
  2. 4187eZLCYLL 約40万円の怪物イヤホン SHURE KSE1500が抱える誤算…
  3. main_hpnhl11 増えるLightning対応イヤホン 今後の主流になるか?
  4. 1964ears_1964v8_pt01 注文は4月23日まで!1964 EARS 銘機2モデルが受注終了…
  5. AK70_02 AK Jr後継機 AK70 & AK T8iE MkII によせ…
  6. MD-26228_20160830131010_4d66b8fe46890437 急げ!64 audioのユニバーサルモデルがMassdropで激…
  7. mojo poly Chord Mojoを無線アンプ・DAP化するモジュール「Pol…
  8. ER4SR Etymotic Research ER4が一新!用途の異なる2…

DAP&アンプレビュー

FiiO X5 3rd 【開封】FiiO X5 3rdが到着!使い勝手をチェック! DAP2017 【2017年版】おすすめDAPエントリーモデル4選 aune B1s 【レビュー】Aune B1s 手軽なディスクリートアンプの定番に! Aune B1 LTD 【レビュー】Aune B1 LTD 艷やかで滑らかなハイグレードアンプ nano iDSD Black Label 【開封レビュー】iFI-Audio nano iDSD Black Labelを買いました iFi Audio iEMatch iSilencer3.0 【レビュー】さらばノイズ! iFi Audio iEMatchとiSilencer3.0の実力は? TU-HP01 【レビュー】冬にピッタリ!楽しい真空管ポタアン TU-HP01 OPUS#1 【レビュー】The Bit OPUS#1 最高の操作感! SU-AX01 【レビュー】SU-AX01で使える格安MMCXケーブル買いました 2016DAP 2016年版 おすすめハイレゾ入門DAP 3機種を紹介

イヤホンレビュー

20151117162508 【レビュー】DUNU TITAN 5 透明感が魅力のイヤホン final E2000 E3000 【レビュー】final E2000 E3000 エントリーの新時代 ATH-E40 【レビュー】audio-technica ATH-E40 の音質は? 64audio U4-SE 【実機レビュー】64audio U4-SE この低音は中毒性高し! FX1100 【レビュー】JVC FX1100とFX850をグランド分離で比較 massdrop HE-350 RE-00 【開封】massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が到着! vega2 【レビュー】Campfire Audio VEGA&LYRA IIを聴き比べ! 311+7oVtHXL 【レビュー】audio-technica ATH-BT08NCの音質は? Pai audio 【レビュー】Pai audio PAI-FLAT PAI-DR1 PAI-MR3 一挙紹介 moxpad MO-X9 【レビュー】moxpad MO-X9 問答無用のヘヴィサウンド

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン

















最新記事

  1. IMG_6083
  2. Award2017
  3. nano iDSD Black Label
  4. B&O Beoplay E8
PAGE TOP