レビュー

【レビュー】Cayin i5 超パワフルなサウンドに驚き

Cayin i5

 先日はSONYから新型ウォークマンが発売されたこともあり、読者諸兄もDAPへの関心が高いのではないでしょうか?最近はイヤホンよりも「DAPを買わねば」というつぶやきを多く見るような気がします。

 今回レビューするのはCayinの新型DAP i5。こちらは最近流行のAndroidをベースとしており、小型ながら多機能・高性能なDAPになっています。では、さっそく使い勝手などを見ていきましょう。

Cayin i5 レビュー

Cayin i5

外箱。読めない…。

Cayin i5

中身はシンプル。
前面保護フィルム×3
背面保護フィルム×1
USB Type-Cケーブル
micro USB→USB Type-C変換プラグ

Cayin i5

上部にはフォンアウトとラインアウト

Cayin i5

右側には再生関連のボタンとmicro SDスロット

左側面には電源ボタン

Cayin i5

底面にはUSB Type-Cのジャック。
向きを気にせず使えるのは良いですね。

 手に持ってみるとズシッとした重量感、メタリックな仕上がりで質感は高い方だと思います。ボリュームノブも重みがあり、使いやすさと高級感がありますね。

 独立したラインアウトも使い勝手◎。アンプとも設定切り替えの手間なく組み合わせることができます。

 UIは独自設計となっていますが、シンプルで分かりやすいものになっていました。
Cayin i5

 「サードパーティアプリ」という項目を選択すればApple MusicやSpotifyを使うこともできます。ただ読み込みなどのレスポンスはDP-X1が少し速いですね。こちらの機能はメインというより、オマケ程度で考えておくのが良いかもしれません。
Cayin i5

 本体の起動には45秒程度、シャットダウンには15秒ほどかかります。もう少し速くなるとうれしいですが、DP-X1も同じくらいかかるので、このあたりがAndroid機の限界なんでしょうか。オンオフして使うよりはスマホと一緒にこまめに充電して使うのが良いと思いました。

非常にパワフルな出力

 i5を使ってみて驚いたのが高い出力パワーです。FX1100であればローゲインの音量「35」くらいで大音量なのですが、i5は音量を「100」まで上げることができます。100にしたらイヤホン壊れちゃいそう…。さらにハイゲインにしたらと思うと、i5のパワーは相当高いと思われます。

 この高いパワーはヘッドホン駆動で活きてきますね。スマホでは若干鳴らしにくいHD25も、ローゲインの音量50手前で楽々鳴らしてくれます。イヤホンだけでなくヘッドホンも頻繁に使う方はとても良いDAPではないでしょうか。

濃く力強いサウンド

 i5をDP-X1と比較して聴いてみると、音のキャラクターが大きく違うことに気づきました。i5の方がローに厚みがあり濃厚でエネルギッシュ、迫ってくるような力強さがあります。一方、DP-X1は音場が広く、音がキレイに配置されているような鳴り方をします。

 DP-X1はあまり機材を選ばない印象ですが、i5はダイナミックのイヤホンやヘッドホンとの相性の良さを感じました。やはり振動板をしっかりと駆動できるパワーを持っているのが良いのだと思います。FX1100と組み合わせると、身体の芯へと響く深みのある低音が出ますね。

 最近はこの価格帯(約7万円)のDAPでもバランス接続できるものも多く、Cayin i5にはそれが無いので不満に思う方もいるかもしれません。ただ使ってみて感じたのは「これだけしっかりした出力があればアンバランスでも充分だな」ということでした。

 もちろんバランスが付いてるに越したことはありませんが、大きなマイナスポイントとは感じなかったということです。それよりも余裕のある駆動力や、無音時のノイズの少なさなどに感心してしまいました。何よりアナログ感のある温かみを持ったチューニングには、同社のN6に通じる良さを感じます。

cayin i5

総評

 Cayin i5はパワフルでウォームなDAPですね。DP-X1のキャラとはほとんど正反対に近いため、両方買って使い分けるのも充分アリだと思います。UIや挙動もこれといった問題は無く(一部文字化けはありましたが)、安心して使うことができました。

 パワフルな低音域やウォームな音の傾向を好む方には、他機種には無い魅力を持ったDAPに仕上がっていると思いました。さらにはDropboxやDLNAも使うことができるので、そうしたネットワークプレーヤー的に使いたい方にもオススメです。特にヘッドホンを駆動したい方にはこの価格帯ではベストに近い選択肢ではないでしょうか。試してみる価値ありの1台だと思います!うーん、ヘッドホン用に欲しい…。

Cayin カイン N6デジタルオーディオプレーヤー
Cayin
売り上げランキング: 942,729

関連記事

  1. DN-2002 【レビュー】DUNU DN-2002 渾身のフラグシップを試す
  2. B&O Beoplay E8 [PR]【レビュー】B&O Beoplay E8 高機…
  3. Marshall Monitor Black 【寄稿レビュー】Marshall Monitor Black こ…
  4. FX1100 【レビュー】JVC FX1100とFX850をグランド分離で比較…
  5. FidelioX2 【レビュー】PHILIPS Fidelio X2 なかなか良いぞ…
  6. final F7200 F4100 F3100 【レビュー】final F7200 F4100 F3100を聴き…
  7. Fidue MMCX 2.5mm 【開封】Fidue MMCX 2.5mmプラグ バランス接続ケー…
  8. MDR-ZX770BN 【レビュー】SONY MDR-ZX770BNを聴いてきたよ!

ピックアップ記事

  1. B&O Beoplay E8
  2. Fidue A85 VIRGO
  3. SIMGOT EN700 PRO
  4. Astrotec LYRA Classic
  5. OSTRY KC09
  6. HIFIMAN RE2000
  7. Unique Melody MACBETH II Classic
  8. acoustune HS1551 HS1501
  9. EN120
  10. NuForce HEM8(LTD)

おすすめ記事

Marshall Monitor Black 【寄稿レビュー】Marshall Monitor Black この音はまるでライブ! HIFIMAN SHANGRI-LA 【取材】594万円のヘッドホン HIFIMAN SHANGRI-LAの音 Mitchell and ​​Johnson GL2 【レビュー】Mitchell and ​​Johnson GL2 静電型がこの価格!? HIFIMAN HE1000 【レビュー】HIFIMAN HE1000はどれくらい鳴らしにくいのか HIFIMAN HE400S 【レビュー】HIFIMAN HE400S ポタで鳴らせる平面駆動型! HIFIMAN Edition S White 【レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort 【開封】YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 【開封】massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が到着!
PAGE TOP