音楽

【CD発売情報】良盤たくさん!邦楽アルバム新譜5選

61xa2LDk9KL._SL1000_

 先週はCD発売記事を書いていなかったんですが、油断したら良盤がたくさん発売されておりました。やっぱり毎週チェックしないとダメですね!ということで、発売済みで申し訳ないですが最近の気になる新譜を紹介したいと思います!

THE MUSMUS『THE MUSMUS TALE I』


 UPLIFT SPICEが改名し、THE MUSMUSとなってから最初のアルバム。1stシングルの『バイナリ』が結構好きだったんですが収録されていないようですね。ハードな演奏に女性ボーカルが乗っかるという、最近わりと多いスタイルの音楽ですが結構好きです。メロディーがよく練られていて中毒性のある曲が多い気がしますね。

くるり『琥珀色の街、上海蟹の朝』


 説明不要の邦楽バンド、くるり。同世代のNUMBER GIRLやSUPERCARは解散してしまって、気づいたら残っているのはくるりだけ。残っていると言ってもメンバーチェンジが多すぎて、もはやモーニング娘。状態になってるわけですが、それでも続いているというのはウレシイことです。

 新譜の内容も気になりますが、それよりも気になるのが初回特典に付くボーナスCD。なんと大名盤『TEAM ROCK』と『THE WORLD IS MINE』の再現ライブが収録されたCDが付属するんだそうですよ。これは本編よりも欲しい人多いんじゃ…。欲しい人は早めにゲットしましょう!

the HIATUS『Hands Of Gravity』


 元ELLEGARDENの細美武士によるバンドthe HIATUS。もう「元エルレ」みたいな肩書きは必要ないくらいのバンドになりましたね。音楽の方向性はエルレとだいぶ違いますが、相変わらずグッドメロディーは健在です。

 一聴するとピアノエモのようですが、変拍子を使ったり音楽的にはかなり高度なことをやってますね。こりゃLIVEで聴いたら盛り上がっちゃうなぁ。

UNISON SQUARE GARDEN『Dr.Izzy』


 なぜかベースの人がネットでやたら人気のUNISON SQUARE GARDENも新譜が出ました。何と言ってもアニメ「血界戦線」のEDに使われた『シュガーソングとビターステップ』は頭に残るメロディーをしてますよね。この1曲だけでもアルバムが欲しいと思わせるセンスを感じます。

 声たけーなぁ。アウトロでイントロに戻ってくる感じが好きです。

空気公団『ダブル』


 最後は空気公団の新譜。2017年にキャリア20周年を迎えるんだそうですよ。もうそんなになるんですか…凄いですねぇ。「新作の度に方向性を迷ってる若造バンドとは歴史が違うのだよ歴史が。」という感じで、今回の新譜も貫禄を感じます。

 空気公団の音楽は「1音1音が丁寧に作られている」という感じで、思わず聴き入ってしまいますね。ということで、気になる新譜紹介でした。気になったものがありましたら、ぜひ手にとってみてください!イチオシはやっぱり空気公団ですかね〜!No MUSIC、No LIFE!!

関連記事

  1. 41ZwLvXFtJL 感じるのは「どうしようもないトキメキ。」Homecomings …
  2. 713v-KW7S+L._SL1000_ 【CD発売情報】先週&今週の気になる新譜は?
  3. 81z9xYPCU9L._SX425_ 【CD発売情報】今週の気になる新譜は?
  4. shojoskip ジャパン シューゲイザー 第二世代「少女スキップ」を知ってほしい…
  5. 61O7mtUK41L 異常なほど音楽がカッコいいゲーム3選
  6. 51GEPNDDZkL._SL1112_ 久しぶりにやります!最近のおすすめ音楽紹介
  7. 17Reflect 17歳とベルリンの壁 2nd『Reflect』が最高すぎる…
  8. A1R3obt9dwL._SL1500_ 春に聴きたいシューゲイザーおすすめ曲3選

ピックアップ記事

  1. ATH-E70
  2. Pai audio
  3. TFZ SERIES1
  4. HIFIMAN RE-600
  5. oriolus
  6. obravo
  7. 20151109161055
  8. EN120
  9. FX1100
  10. ATH-E40

おすすめ記事

HIFIMAN SuperMini 【レビュー】HIFIMAN SuperMini 小さいのに驚きの高音質! AZLA ポタフェス 2017 夏 in 秋葉原に行ってきました! RP-HD7 知ってた?パナソニックのハイレゾロゴが普通じゃない件 AROMA Nebula N10 【レビュー】AROMA Nebula N10 イヤホンでこそ使いたいポタアン HIFIMAN SHANGRI-LA 【取材】594万円のヘッドホン HIFIMAN SHANGRI-LAの音
PAGE TOP