【レビュー】Fischer Audio Coda おそロシアなヘッドホン!

Fischer Audio Coda

今回はFischer Audioというメーカーの「Coda」を試聴してきました!
Fischer Audioって聞き慣れないメーカーですよね?
調べたところ、2006年にロシアで設立された会社とのこと。
イヤホンとヘッドホンを中心に作っているようですね。

http://fischeraudio.jp/

 
「全ての製品において妥協を許さないモノづくり」とのことですが、はてさてどんなモノでしょうか?

Fischer Audio「Coda」レビュー

本体の質感

とにかくヘッドホン全体から感じる怪しい雰囲気。特にヘッドバンドのペラペラな金属感からは、得体のしれない不安を感じます。ケーブルは着脱可能な布スリーブになっていますが、両出しなので少しわずらわしいです。

見た目と違い、本体の重さがやたら軽いのが気になります。ハウジングには木材を使っているそうなのですが、パッと見では分からないですね。残念ながら値段に相応しい質感とは言えないですが、他に無いデザインであることは間違いありません。

装着感

本体の軽さから感じていましたが、とても軽いつけ心地です。ヘッドバンドの華奢な感じが気になりますが、悪い装着感ではないですね。ただ、2.5万円のヘッドホンかと言われると・・・。というところです。

音質

ボーカルが近く、音場が狭い印象です。高音はややシャリっていると思います。低音は独特な音が出ますね。量は少ないのですが「ドン」ではなく「ブン」という音がします。なので「ドンシャリ」ではなく「ブンシャリ」なヘッドホンと言えるかもしれません。
 

総評

いやー、さすがおそロシア。平凡なヘッドホンなんて作るはずがありません。デザインも音も、とても特徴的な機種でした。ただこの機種に2.5万円の価値があるかというと・・・、
おやっ?誰か部屋に来たようですね。ではまた。