オシャレで便利!DIGNIS HAKOを買ってみました!

dignis hako

 今回はDIGNIS(ディグニス)のイヤホンケース HAKO(箱)を買ってみたので、そのご紹介をしたいと思います。

 こんなマニアックなサイトを見ている読者諸兄であれば、イヤホンの5個や10個、いや10個や20個は持っていますよね?でも恐らく普段はお気に入りの3〜4個を中心に使っているのではないでしょうか。

 私もまさにそんな感じでして、いつもカバンにイヤホンケースをごちゃっと放り込んで持ち運んでいる次第です…。まぁイヤホンだけなら良かったんですが、本格的に不便になってしまったのはSU-AX01を買ってからでした。

 SU-AX01はキャリングポーチが付属していないんですよ(10万円以上するのに…。)これまでは仕方ないので、ヘッドホンについてた布袋に入れて運んでおりました。でも10万円超えるアンプに「この扱いはいかがなものか…」と思っていたんですよね。

 そんな悩める私の目に現れたのがDIGNISのHAKO。見た瞬間に「これだ!」と思って注文したワケです。ということで、さっそくHAKOの中身を見てみましょう!

DIGNIS HAKO レビュー

img_3964

DIGNIS HAKO

DIGNIS HAKO

DIGNIS HAKO

 HAKOは小さなランドセルみたいな見た目をしています。作りはしっかりしているので安心して使えそうです。

DIGNIS HAKO
開けるとこんな状態。
イヤホンは最大6個まで収納可能。
1個あたりのスペースはかなりゆとりがあります。
DIGNIS HAKO
仕切りは取り外し可能。
マジックテープですが、しっかりホールドされます。
DIGNIS HAKO
私の収納例。

 HAKOはイヤホンを6個まで収納可能ですが、標準的なイヤホンであれば1つのスペースに2個くらい入りそうな余裕があります。中は柔らかめの素材になっているので、イヤホンを傷つけずに運べそうです、

 私の場合は下段にSU-AX01を入れ、余った仕切りで2段目にイヤピを入れる場所を作りました。機材の環境が変わっても柔軟に対応できるので、長く使えそうなケースですね。今度からはこれを持ち運ぶだけになるので、カバンの中がちょっとすっきりしそうです。

 毎日イヤホンを5〜6個持ち運ぶ人はあまりいないかもしれませんが、オフ会やイベントの時、もしくは旅行や出張の時などに重宝すると思います。アンプやDAPを複数持ち運ぶ人にも、とてもおすすめのケースになっていると思いますよ。

 とまぁ、これだけでは内容が薄いので本日買ったものもちょっとチラっと報告しておきます。

ORB Clear Force 2pin 2.5mm

ORB Clear force 2pin Balanced

 U4SE用に2pinバランスケーブルが欲しいなと思っていろいろ試聴してみたところ、ORBのClear Forceが良かったので購入しました。変化としては音がグッと前に出て力強さが加わる感じですね。U4SEの持つ低域の良さを引き上げてくれるケーブルです。ただ装着感は…耳にかけたケーブルが暴れるので要対策といったところ。

AudioQuest DragonFly Red

DragonFly Red

 欲しい欲しいと思っていたDragonFly Redも、中古で2万円を切っていたので購入してしまいました。Headfoniaでも2016年のベストポータブルDAC/AMPに選ばれていましたね。小型なのに音はほんと素晴らしい…。

もちろん使い方はこうなります。

DragonFly Red

 iFi AudioのiSilencer3.0を挟んでiPhoneからデジタルアウト。予想通り良い感じです。これだけで半端なDAPじゃ敵わない音してますね。こちらの詳細は後日レビューしたいと思います!お楽しみに!

ということでDIGNIS HAKOレビュー+αでした!さらばお正月休み!

【新製品】DIGNIS HAKO Navy earphone case [size:Large] | イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホン

ORB Clear force Custom IEM 2pin 2.5φ Balanced 【CF-CUSTOM-IEM2PIN-BAL】【AK2.5mm4極バランス / カスタムIEM 2pin】 | イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホン