イヤホンレビュー

【レビュー】DUNU DN-2002 渾身のフラグシップを試す

DN-2002

 最近は目ぼしいイヤホンの発売があまりないです。17日発売のオーテク ATH-CKR100がちょっと待ち遠しいくらい…。こういう時期はレビューネタが枯渇するので大変だったりします。この機種書いてほしい!というのがありましたら、ぜひリクエストしてくださいね!

 そんなわけで?今回はDUNUの新型イヤホンDN-2002をレビューしたいと思います。

 読者諸兄はDUNUにどんなイメージを持っていますか?私は「FiiOがDAP界の良心ならば、イヤホン界の良心はDUNUだ!」という感じです。特にハイブリッドイヤホンDN-2000がイヤホン界に与えた衝撃は大きいですよね。約3万円という価格ながら「圧倒的なコスパ」という評価をほしいままにしたのは凄いことだと思いました。

 今回のDN-2002はそんな銘機DN-2000を含む「DNシリーズ」の新しいフラグシップモデルです。設計開発に多大な時間を費やし、DUNUが築きあげてきたハイブリッド技術の頂点に達するモデルとされる本機。その実力を見てみましょう!

DUNU DN-2002 レビュー

外観をチェック!

DN-2002
パッケージはシンプルな黒箱。

DN-2002
フラグシップだけあって付属品はかなり豪華。カスタムIEMのようなケースにイヤーチップはスピンフィットとコンプライが両方入っています。

DN-2002
ハウジングのデザインは少し変わっています。円に棒をくっつけたような形ですね。この形によって、ストレートと耳かけ、好きな装着方法を選ぶことができます。

DN-2002
ケーブルはMMCXを採用。ただし本体側に出っ張りが設けられているため、汎用のケーブルは使えない可能性が高いです。実質、専用リケーブルのような状態ですが、しっかりハマって回転しないため安心感がありました。

魅力はリアリティを持った中低域

 DN-2002はダイナミックドライバー×2、BAドライバー×2というちょっと変則的な構成になっていますが、音に不自然な感じはありません。ダイナミックドライバーも非常に制動が効いていて、ルーズな感じがなくキレの良いサウンドになっています。

 音のバランスは中低域にフォーカスされていますね。低域は上流の駆動力によって如実に量感が変わるので、アンプをつなげて聴くとかなり低音過多な印象を受けました。このあたりは変則的なドライバー構成が裏目に出たというか、DN-2002は上流をあまりパワフルにしない方が良さそうです。個人的にはiPhone直で聴くのが最もバランス良く感じました。(なので今回のレビューはiPhoneで聴いた感想に。)

 音場はハウジングやドライバー配置が影響しているんでしょうか、左右方向に広く開放的な音をしています。定位や分離も非常に正確で、音が生まれては消えていく場所がありありと分かりました。

 音数が多い曲でも渋滞せず鳴らすあたり、フラグシップに相応しい性能の高さを感じますね。このレベルの性能は本来であれば「オーバー10万円のイヤホン」に求めるレベルのものなので、それを半値でやってのけたDUNUにはさすがの良心を見ました。

 個々の音の再現性についても良いものを持っています。特に中低域に音が収まるような楽器音は素晴らしく、特に弦楽器やピアノ、ドラムなどがエキサイティングな鳴り方をしてくれました。キックドラムついてはしっかりと「ノック感」を感じられ、脳に心地よい衝撃が伝わってきます。ボーカルはやや近い距離感で変な味付けは無く、とても聴きやすいですね。

 高域は全体的に主張が弱めでマイルドな味付けになっています。ロックではシンバル系の音が少し引っ込んだ印象を受けました。刺さり感が皆無なのでそれはそれで聴きやすいのですが、DUNUらしく透明感のある伸びがもう少し欲しかった…というのが本音です。刺さりが苦手な方にはとても合う音だと思います。

DN-2002

DN-2002で音楽を聴くなら?

 ずらずらと音の特徴を書きましたが、DN-2002は高い分離感と広い音場を中心に、リアルな中低域を楽しむタイプのイヤホンだと思います。相性としてはクラシックがとても素晴らしく、オーケストラの迫力と弦楽器の繊細な表現を楽しむことができました。低域は量感がありつつもキレが良いのでジャズも楽しめますね。

総評

 DUNUの送り出した新しいフラグシップDN-2002は、その名に恥じない高い実力を持ったイヤホンでした。ただ今までのDNシリーズの持ち味であった「透明感ある中高域」とは少し性格の違った仕上がりになっているとも思います。その点では評価の分かれる機種ではないでしょうか。

 個人的には「スマホでしっかり使えるハイエンド機」としての魅力を推したいです。ハイエンドDAPで試聴して低域が強く感じた方は、スマホで聴いてみるのも面白いと思いますよ!できればさらに高域を強化した「DN-2002J」なんてモデルが出てくれたらなぁ〜と思いました!DUNUさん、お願いします!

関連記事

  1. DITA 【レビュー】高級ダイナミック DITA Answer Truth…
  2. Oriolus 2nd Gen. 【レビュー】Oriolus 2nd Gen. 抜群のライブ感
  3. TU-HP01 【レビュー】冬にピッタリ!楽しい真空管ポタアン TU-HP01
  4. Campfire Audio ANDROMEDA 【開封】Campfire Audio ANDROMEDAを買いま…
  5. PS500e 【Grado PS500eで聴こう!】第2回「JPOP編」
  6. 81Xxbb6WeiL._SL1500_ 【レビュー】PHILIPS Fidelio M2Lは不遇のヘッド…
  7. VASA BLÅ 【レビュー】Sudio VASA BLÅ デザインも音質もエレガ…
  8. IMG_1480 【レビュー】ADV.SOUND M4 歌モノ聴くならこれ!

DAP&アンプレビュー

HIFIMAN SuperMini 【レビュー】HIFIMAN SuperMini 小さいのに驚きの高音質! IMG_0684 PlayStation Vitaをヘッドホンアンプで高音質化してみた DAP2017 【2017年版】おすすめDAPエントリーモデル4選 20151231145818 【レビュー】ONKYO DP-X1 期待の国産DAPを試す isai beat LGV34 【レビュー】isai Beat LGV34「Quad DAC」の実力は? 20150921002833 【レビュー】ALO audio Continental Dual Mono この音は一生の宝物 FiiO X5 3rd 【開封】FiiO X5 3rdが到着!使い勝手をチェック! Nintendo Switch Nintendo Switch イヤホン音質をアップするおすすめアンプ ONKYO GRANBEAT 【レビュー】ONKYO GRANBEATを2週間使って分かったこと SU-AX01 【レビュー】SU-AX01で使える格安MMCXケーブル買いました

イヤホンレビュー

Astrotec AX-35 【レビュー】Astrotec AX-35 自然な音が魅力のハイブリッド機 LYRA 【レビュー】Campfire Audio LYRAをIE800と比較! AQUA 【レビュー】ELECOM AQUA 激戦区に新イヤホン OSTRY KC09 【レビュー】OSTRY KC09 ハイコスパと呼ぶにふさわしい名機 XELENTO REMOTE 【レビュー】XELENTO REMOTE まさにエクセレントな1台 OSTRY KC08T 【レビュー】OSTRY KC08T オープンエアー型の秀作 DITA 【レビュー】高級ダイナミック DITA Answer Truth 31MNSHyAqHL 【レビュー】ソニー MDR-EX750NA ノイズキャンセリングに驚き oriolus 【レビュー】話題の4ドライバイヤホンOriolusの音質は? 20150903204715 【レビュー】Aurisonics BRAVOシリーズ 4機種を聴き比べ!

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン

















最新記事

  1. Carot One SUPER TITTA
  2. 71eld7XhZNL._SL1488_
  3. OSTRY KC09
  4. HIFIMAN RE2000
PAGE TOP