レビュー

【レビュー】ONKYO GRANBEAT DP-CMX1を試してきました!

DP-CMX1

 ついに発表となったオンキヨーのスマホGRANBEAT DP-CMX1。本日より試聴ができるという情報を見たので、さっそくレビューするため行ってきました。

 場所は茅場町にある「CAFE SALVADOR BUSINESS SALON」というカフェ。行ってみるとDP-CMX1が各席にズラリと配置されていて、ゆっくり試聴できるようになっていました。3台展示の重機が2つと、席には9台設置されていたので計15台ほどですね。

 まさか席に座ってゆっくり使えるとは思ってなかったので、これはうれしい誤算でした。あらかじめ定額音楽サービスの「AWA」がインストールされているので、カードの入れ替えはできませんが好みの曲で音質をチェックできます。

 「AWAは圧縮音源だしなぁ」という方も、純正音楽アプリには上白石萌音やらglobeやらメジャーなハイレゾ楽曲が入っているので、それほど困ることはないと思います。

 ということで簡単ですがDP-CMX1の試聴レビューをしたいと思います!

レビュー ONKYO GRANBEAT DP-CMX1

DP-CMX1

 まずソフト面から。DP-CMX1がDP-X1(A)と大きく違うのは、ホーム画面です。当たり前ですがDP-CMX1はスマホなので、電話アプリやカメラアプリがインストールされています。アイコンデザインはミニマルでなかなかカッコ良いですね。電話アプリの右隣、再生マークみたいなアイコンが純正MUSICアプリです。

 純正MUSICアプリはDP-X1のものとほとんど変更ないように見えました。1番の違いはボリュームが0〜60ステップになったことでしょうか。DP-X1では0〜160でした。これは好き嫌いあるところだと思いますが、個人的には160も必要なかったので問題は感じませんでした。

 DP-CMX1はローゲイン設定が2段階(LOW1,LOW2)あるので、0〜60ステップでもボリューム調整で困ることは無いように思います。この設定はイヤホン使いの人にはうれしい部分ですね。

 それ以外にUI的な部分で大きく変わったなぁと思ったところはありませんでした。ほんとDP-X1がそのままスマホになった感じだと思います。

DP-CMX1

 続いてハード面。個人的に1番気になっていたのは「サイズ感」なのですが、うーむ。やっぱりデカイ。デカイというか分厚いですね。重さは想像していたより軽かったのでそこは良かったんですけど、この厚さだとやっぱりポケットには入れづらいかもしれません。それでもDP-X1よりは0.8mmほど薄くなってはいるようです。

 重さ比較:DP-CMX1 234g DP-X1 203g iPhone6 129g

 厚み比較:DP-CMX1 11.9mm DP-X1 12.7mm iPhone6 6.9mm
 
 本体デザインも例によって角ばったものになっているので、お世辞にもグリップが良いとは言いづらいものがあります。手の大きさにもよりますが、片手で操作するのはちょっと厳しいかもしれません。

音はDP-X1に迫るクオリティー

 肝心の音はどうやねん!という点ですが、これはなかなか頑張っていると感じました。スマホということでDAPよりも限られたスペースの中で、オーディオ回路を完全独立基盤にするなど、ノイズ対策・高音質化への努力が行われているようです。

 サウンドはDP-X1に勝るとも劣らないといった感じで、広い空間の中でキレイ鳴るというDP-X1の特徴をしっかりと継承しています。パワフルではなく繊細な鳴り方ですね。スマホだからと言ってノイジーさは無く、しっかりクリアに楽しむことができました。(試聴機はSIMは刺さっていなかったので、確認できたのはWi-Fi由来のノイズの有無です。)

 バランス・アンバランスでの比較もしてみました。アンバランスに比べてバランスが圧倒的に良いという特徴もDP-X1そっくりですね。もう少しアンバランスも頑張ってほしかったですけど、これを買う人はバランス目当てでしょうから…あまり関係ないかもしれません。

 バランスにすると音がグッと引き締まり、アンバランスで感じる緩さや曖昧さが無くなります。音がシャキっとしてクリアさが一層増したように感じました。balanceモードとACGモードの差も体感できるレベルで実装されていて、好みによって使い分けることができます。これがこのDAP(スマホ)の楽しいところだと思います。

 総じて、単体DAPとして充分なクオリティーを持っていると感じました。DP-X1と比較して、ダメだなぁと感じる部分も特に無かったですね。(使い込むと出て来るかもしれませんが…試聴レベルではという話です。)

総評

 DP-CMX1はほんとDP-X1がそのままスマホになったような製品。DAPとスマホを一緒にしたいと思っていた方は、いよいよ本命と言える機種が出てきたように思います。

 裏を返せば、スマホとDAPを一緒にしたいと思っていない方には、魅力に欠ける製品と言えます。そういう人はこれを無理に買うくらいなら、DP-X1Aを買った方が幸せになれるでしょう。音響的に有利なのは専用DAPですからね。

 それでも「スマホとDAPを一緒にしたい」という茨の道を行く覚悟がある人、DP-CMX1を買うかどうかは、ずばり「このサイズを許せるか」にかかっていると思います。特に頻繁に電話する人は、このサイズと重さはよく検討した方が良いかもしれません。

 ただDP-CMX1はaptX HDに対応しているようなので、電話やイージーにリスニングする際はワイヤレス機器を使えば何とかなりそうな気もします。(ただDP-X1のBluetooth感度は最悪だったので期待したらダメかも)

 で、最後。「私は買うのか」という問題ですよね。はい、分かってます。結論から言いまして、今のところ買ってみようかと。これのために格安SIMに移行したというのもありますし、例え多少デカくても1台で済むのは便利な気がしています。(ほんとかな?)

 ということで、DP-CMX1試聴レビューでした!発売日に買うかはちょっと怪しいですが3月中には購入したいと思っておりますので、人柱報告をお楽しみに!

 やばい、書いちゃったけど、ほんとに買うのかな…?

 動作のスムーズさなどは動画を撮ってきたので、後ほどTwitterで公開したいと思います。@headbankもチェックしてみてください!

ONKYO デジタルオーディオプレーヤー DPX1A(B) ハイレゾ対応
オンキヨー (2016-10-28)
売り上げランキング: 5,508

関連記事

  1. earphone whitenoise イヤホンのホワイトノイズ対策をしてみました
  2. QE50 1万円くらいで本当の本当におすすめイヤホン
  3. ath-a2000Z 【レビュー】audio-technica ATH-A2000Zの…
  4. XD-05 【レビュー】xDuoo XD-05 アンプの楽しさあふれる1台
  5. ATH-E70 【レビュー】audio-technica ATH-E70 傑作イ…
  6. IMG_1480 【レビュー】ADV.SOUND M4 歌モノ聴くならこれ!
  7. NuForce HEM8(LTD) 【寄稿レビュー】NuForce HEM8(LTD) 特徴ないのが…
  8. Oriolus 2nd Gen. 【レビュー】Oriolus 2nd Gen. 抜群のライブ感

ピックアップ記事

  1. Oriolus 2nd Gen.
  2. 64audio U4-SE
  3. SIMGOT EN700BASS
  4. 20150910155350
  5. HIFIMAN RE2000
  6. acoustune HS1005
  7. NuForce HEM8(LTD)
  8. ME05
  9. EN120
  10. AQUA

おすすめ記事

61vzEfSF8uL._SL1000_ Boom Boom Satellites 最後にして最高に美しい1曲 potafes2016_nagoya 明日はポタフェス名古屋!聴きどころをチェック! ATH-E40 【レビュー】audio-technica ATH-E40 の音質は? 20150903204715 【レビュー】Aurisonics BRAVOシリーズ 4機種を聴き比べ! meeks 秋の夜長に聴きたい「エモい」シューゲイザー3曲
PAGE TOP