コラム

iBasso Audio DX80のDACチップ「CS4398」に注目

DX80

 知っていた人からすると「ようやくか…」知らなかった人は「おお!」と思うであろうDAP、iBasso Audio DX80が発売になるようです。

iBasso、約5万円のDSD 5.6MHz対応DAP「DX80」。MEMSクロック搭載 – Phile-web

 DX80のDACチップには「CS4398」が使われているんですが、このチップいろんなDAPに搭載されているのはご存知ですか?代表的なものをいくつか紹介したいと思います。

AK240

 AK先代のフラグシップモデルもCS4398なんですね。ただしこちらはL/Rに独立して1機ずつ搭載されています。

QP-1R

 アンプ部がフルディスクリートでお馴染みのQP-1Rも、DACチップにはCS4398を使っています。

X3 2nd

【国内正規品】FiiO X3 2nd gen.
FiiO Electronics Technology
売り上げランキング: 66,652

 おお!私の使ってるX3 2ndもCS4398だったのか!

DACチップって本当に音を決めるの?

 こうして3機種を見比べてみると、同じDACチップとはいえ音はバラバラですよね。よくDACチップは「音質を決める重要なファクター」なんて言われますが本当なんでしょうか…。まぁ、それが本当ならCayin N5とAK380は似た音質にならないといけないわけで、やはり製品全体をみないと音というのは分からないものなんだと思います。

 もちろんDACチップによってDSD再生などのデジタル処理的なスペックが決定するので、DAP性能そのものへの寄与が大きいのは確かなんですけどね。DACチップだけで音質を判断するのはなかなか難しいのだと改めて思いました。

 DX80は5万円を切る価格で「アナログ・光・同軸出力」を装備し、なおかつUSB DAC機能もあるということで、かなり便利に使えそうな1台ですね。流行りのバランス接続はありませんが、単体でもアンプと組み合わせても使えるDAPとして人気が出そうな予感。発売されたらチェックしたいと思います!

関連記事

  1. DP-X1 僕がONKYO DP-X1を買った理由
  2. IMG_3986 2017年 1月現在 私が使っている機材を一挙に紹介
  3. AK70_02 AK Jr後継機 AK70 & AK T8iE MkII によせ…
  4. 23344 シューゲイザーを聴くのにおすすめのイヤホンはこれだ!
  5. 20151203184712 AK320は25万円!この機種は「買い」なのか?
  6. SONOROUS Ⅲ final SONOROUS Ⅲ 美しきヘッドホンが我が家に
  7. earphone whitenoise イヤホンのホワイトノイズ対策をしてみました
  8. 51oP1GFgrPL._SX349_BO1,204,203,200_ オーディオが趣味足り得ないと言われることへの自省的反論

ピックアップ記事

  1. obravo
  2. magaosi k3
  3. 20151010180330
  4. Oriolus Forsteni
  5. 311+7oVtHXL
  6. IMG_4862rgrht
  7. massdrop HE-350 RE-00
  8. Unique Melody MACBETH II Classic
  9. Campfire Audio ANDROMEDA
  10. img_2484

おすすめ記事

audioquest DragonFly red 【レビュー】AudioQuest DragonFly REDの使い勝手と音質は? moxpad MO-X9 【レビュー】moxpad MO-X9 問答無用のヘヴィサウンド 20150516185150 【イベントレポ】春のヘッドフォン祭2015 初日の感想 MD-26228_20160830131010_4d66b8fe46890437 急げ!64 audioのユニバーサルモデルがMassdropで激安販売中! vega2 Campfire Audio「Vega」に採用!液体金属&非結晶ダイヤモンドドライバーとは
PAGE TOP