【レビュー】oBravo eamt-1a 超ド級イヤースピーカー

obravo

 今までHEAD Bankがレビューしてきた製品の中で、最も高価なのはHIFIMANのEdition X(約22万円)でした。今回レビューする「oBravo eamt-1a」はこの記録を大きく超え、恐らく50万円をゆうに超える価格で販売予定となっています。(販売は要お問い合わせ)とんでもない価格ですね…。知る限り、これより高価なイヤホンは現行品では無いと思います。

 oBravoを知らない方のために、簡単に特徴を紹介しておきます。oBravoのイヤホンには「eamt」と「erib」2つのシリーズがあります。eribシリーズはツイーターに平面駆動ドライバー、ウーハーにダイナミックドライバーが使用されています。そして今回レビューするeamtシリーズには平面駆動の代わりにハイルドライバーと呼ばれるエアーモーショントランスファー(AMT)が入っています。

eamt_feature01

 ハイルドライバーは従来型の振動板をピストン運動させるモデルに替わり、アコーディオンのように空気を圧縮・膨張して音を出します。 その結果能率がよく、立ち上がりの早い、ナチュラルで深い音質を再現可能なんだそうです。

 oBravoのイヤホンの驚くべきところは、同社のヘッドホンと構造が同じになっている点ですね。oBravoのヘッドホンは「身につけるスピーカー」と言われるように、据え置きのスピーカーをそのまま小さくしたような構造になっています。イヤホンはそれをさらに小型化したものとなっており、同社はこれを「イヤースピーカー」と名乗っています。そう。イヤホンだけどスピーカーなんです。

 少々前置きが長くなりましたがさっそくそんなoBravoのイヤースピーカーの最上位モデルeamt-1aを見ていきましょう。

oBravo eamt-1a レビュー

eamt1a
小さなアタッシュケースような見た目のケース。
eamt1a
中身はこんな感じ。
最終的な付属品は未確定ですが
イヤーチップはコンプライやシリコンチップが付属します。
eamt1a
eamt-1aのaはアルミのa。
従ってハウジングはアルミになっています。
その他はウッドのハウジングモデルも用意。
ケーブルコネクタはMMCXに近いですが独自設計になっています。 2.5mmバランスケーブルも用意される予定。
ケーブルコネクタはMMCXに近いですが独自設計になっています。
2.5mmバランスケーブルも用意される予定。
eamt1a
木とアルミでできた筐体には美しさと暖かみを感じます。

究極のナチュラルサウンド

 50万円超のイヤホンと言われると、超高解像でどんな小さな音も逃さないような鳴り方を想像するかもしれません。事実、今の高級 “イヤホン”メーカーのハイエンド機はそんな鳴らし方をするものが多いです。

 しかしながらoBravoのイヤースピーカーは、それとはかなり異なった方向性のサウンドです。暖かく自然で、どこか懐かしい音。楽器と楽器、音と音をバラバラにするのではなく、音が音楽として一体となり耳に飛び込んできます。イヤホンは「鳴る」と言いますが、eamt-1aのサウンドはまさに「演奏する」という言葉がピッタリだと感じました。まるで楽器のようです。

 このイヤースピーカーを聴いていると、耳元でコンサートが行われているような錯覚を覚えます。サウンドステージは広々としていて、ボーカルは人間味を感じるウォームな表現。本当に「すぐそこで演奏がされているじゃないかな?」と耳を疑ってしまうような自然さです。

 eamt-1aのサウンドを「低域は〜中域は〜高域は〜」というオーディオ特有の文脈でレビューするのはちょっと違和感があります。本機の魅力は音の一体感なので、それぞれを切り離して語ってしまうと何か決定的に間違ったレビューをしているような気持ちになるのです。本当に良い意味で「変わった音」ですね。これと似たイヤホンというのは他に絶対無いと思います。

今回はTU-HP02と組み合わせて。 アンプ無しでも鳴りますが、アンプがあるとなお良いです。
今回はTU-HP02と組み合わせ。
アンプ無しでも鳴りますが、アンプがあるとなお良いです。

最上位機種ならではの幅広い表現力

 oBravoはこれまでミドルクラスとエントリークラスのイヤホン2機種をレビューしてきました。それらはどちらもアナログでオールドスタイルな音源との相性が良かったのですが、最上位のeamt-1aともなると最新の電子音楽でも平気で聴かせてくれます。

 超高級イヤホンできゃりーぱみゅぱみゅはどうかと思うところもありますが、あえて聴いてみるとなかなか面白いです。もちろんエッジの効いた高解像な聴こえ方はしないのですが、臨場感があって意外にノリノリです。きゃりーの声も粗が見えず可愛らしく聞こえました。

 ただ本機が本領を発揮するのはやはりクラシック音源ですね。もう美しさの次元が違います。このイヤホンに出会ったことで、逆にクラシックの本当の魅力を教えられた気さえしました。特に圧巻なのはオーケストラで、ホールに響く音の空気感がそのまま伝わってくるようです。これを機に本格的にクラシックを勉強したくなってしまいました。まさかイヤホンに音楽を教えてもらう日が来るとは…。

総評

 正直な話、eamt-1aの第一印象は「高くて買えねーよ!」でした。ただそれは「イヤホン」という枠組み内での話で、しっかり使って「これは小さな高級スピーカーなのだ」と分かると、決して法外な価格ではないと思いました。(だからと言って買えませんよ。)

 音の方向性ということで考えると、Campfire AudioのANDROMEDAが「音の再現性」を追求したイヤホンならば、oBravo eamt-1aは「演奏の再現性」を追求したイヤホン(スピーカー)だと言うことができるのではないでしょうか。

 もちろん気軽に「おすすめです!買いましょう!」なんて言える機種ではありませんが、スピーカー愛好家やクラシック好きの方は一度は聴いておくべき製品でしょう。oBravoのイヤースピーカーは6万円程度のものからラインナップがあります。気になった方はぜひ1度試してみてほしいです。最初は「ん?」と顔をしかめるかもしれませんが、10分も聴けばその魅力に圧倒されるはずです!

製品ラインナップなどはこちら。
【ハイエンドヘッドフォン・イヤホン】oBravo<オーブラボー>日本公式サイト

ラインナップが多いので、最初にどれを聴こうか迷ったらオススメはerib-2aです!