ヘッドホンレビュー

【実機レビュー】HIFIMAN Edition X いつか必ず欲しい音

1458045252_thumb.jpeg

 今回レビューするHIFIMAN Edition Xは、今までレビューしてきた中で1番高価なヘッドホンです。恐らくヘッドホンに関しては、これより高価な機種をレビューする機会は無いかもしれません。というのも、高価なヘッドホンの多くは「ポータブルでは鳴らない」からです。

 多くのハイエンドヘッドホンは、高価なDACやアンプ、電源、ケーブルといったものを当然のように要求していきます。能率が低いものも多く、そういった機種ではスマホやポータブルDAPで音量を取ることすら困難です。確かに高価な機材を揃えて聴くハイエンドヘッドホンの音は、何にも代え難い素晴らしいものがあります。

 しかしそういった機材で自慢気に「高い機材を揃えて聴いたら良い音でした」という記事を書いても、私自身あまり魅力を感じないというのが正直なところです。だってそんなにお金をかけた機材で音が悪いことの方が驚きですからね。だからそんな記事は面白くないなぁと思うのです。なのであまり高価な機材には手を出さないつもり。庶民派でいきます。

 その点でいうと、今回のHIFIMAN Edition Xは「スマホでも鳴る」という、ハイエンドヘッドホンとしてはとても稀有な存在です。何より「ポタアンで十分鳴るよ」と言われてしまったら、試してみたくなるのが人情ではないでしょうか。そんなわけで今回、Edition Xをレビューする決心をしたわけです。

 まぁ結局何が言いたいかと言うと「これからEdition Xを絶賛するけど、高いから褒めてるわけじゃないし、そういうレビューを続けるつもりはないから怒らないでね」という予防線を貼りたかったのでした。

1458045293_thumb.jpeg

HIFIMAN Edition X レビュー

 Edition Xは音質もさることながら、装着感も特筆すべき良さを持っています。本体は重厚に見えまずが、着けてみると思ったよりも軽く感じました。イヤーパッドは触れる部分が起毛になっていて、つけると優しく包み込んでくれます。イヤーパッド内の空間はとても広く作られているので、耳が大きい人でも安心してつけることができるでしょう。これで耳が入らない人は「自分はエルフ族なのだ」と認識して、ヘッドホンは諦めるしかありません。

 音質についてはどこから話せばよいやら…。それほどまでに素晴らしい音をしていると思います。特に気に入った点「音場」ですね。こもり感が無く、広いダイナミックレンジを持つ開放型の良さが、最大限に引き出されています。Edition Xの持つ音場は広大で、その広さが与える印象をひと言で表現するならば「孤独」と言ったところでしょうか。狭い部屋でしかめっ面して聴いていた私ですが、気づけば砂漠にいるような気持ちになりました。静寂と不安の間を泳ぐようなサウンドです。

 ハウジングと耳の間には適度な距離が保たれていて、脳内で音が響く感覚は最小限に抑えられています。平面駆動ドライバーから出される音は正確無比で、どこまでも生生しく、限りなくドライです。再現性はとても高く、静かな部屋ならば音量をかなり絞っても音楽として破綻なく聞こえます。俯瞰してみると全くもってフラットな音のように感じますが、ローとハイの主張はやや抑え気味で中域にフォーカスしています。これはHE400iも似ているので、HIFIMANのサウンドコンセプトなのでしょうね。

 Edition Xで聴きたい曲を考えてみました。EDMみたいなものを除けば、苦手な音楽は無いように思います。孤独を感じるほどの音場なので「World’s end girlfriend − 100年の窒息」なんて最高ですね。曲中のかなり細かな音まで聴かせてくれるので、さらに孤独感が高まりました。

総評

 とにかく恐ろしいヘッドホンでした。ポータブルで鳴らせるヘッドホンとしては、何かに到達してしまった感があります。正確に言えば「私の中の何か」ですが。はっきり言ってEdition Xは高いです。「この音質なら値段としては〜」みたいなありがちな賛辞を送るつもりはありません。ただそれでも抗いがたい魅力があるのは間違いないと思います。

 私としては「ついにゴール見つけちゃったかな」という気持ちですね。これからも高級なヘッドホンはどんどん出てくるでしょうけど、これを超えて欲しいと思えるものに出会えるのか…自信は無いです…。それほどまで質感・装着感・音質の3拍子で満足させられてしまったヘッドホンでした。

 店頭の試聴では周りがうるさいこともあり、サクッと良さが分かりづらいヘッドホンかもしれません。それでも一聴の価値がある1品だと思います。文句なくおすすめ!私の中では「いつかは欲しい夢のヘッドホンランキング」で1位になりました!いや、それにしても高いよ…。たまにセールで20万円を切ってることがあるみたいなので、そこら辺が狙い目ですかね。

関連記事

  1. PW Audio 【レビュー】PW AUDIO No.5 JP ver.とThe …
  2. 71+7vQpi4EL._SL1500_ 2016年版 おすすめハイレゾ入門DAP 3機種を紹介
  3. chord and major 【実機レビュー】Chord&Major 4製品を一挙に…
  4. 20151109161055 【実機レビュー】JAPAEAR JE-HYPER−Z サブ機にぜ…
  5. DN-2002 【実機レビュー】DUNU DN-2002 渾身のフラグシップを試…
  6. HIFIMAN RE-600 【実機レビュー】HIFIMAN RE-600 ボーカルと音場表現…
  7. 20151124122118 【実機レビュー】audio-technica ATH-WS110…
  8. 20160118181721 【実機レビュー】ONKYO E700M&H500M 派手さに頼ら…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着ヘッドホンレビュー

HIFIMAN Edition S White 【実機レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【実機レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【試聴レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! moshi avanti 【実機レビュー】moshi avanti 洗練されたデザインとサウンド IMG_1595 【実機レビュー】HIFIMAN Edition S 必聴のHiFiサウンド zoro2 wireless 【実機レビュー】noontec ZORO Ⅱ wireless の音質は? HA-MX100-Z 【実機レビュー】HA-MX100-Zに感じたVICTOR STUDIOの本気 SONOROUSⅢ 【実機レビュー】final SONOROUS III 使って分かった魅力

最新イヤホンレビュー

astrotec AM850 【実機レビュー】Astrotec AM850 メタルとウッドの良いトコ取り! magaosi k3 【実機レビュー】magaosi k3 中華ハイブリッドに新星の予感 RHA CL1 CL750 DACAMP L1 【実機レビュー】RHA CL1 CL750 DACAMP L1 オーディオファン必聴の快作 chord and major 【実機レビュー】Chord&Major 4製品を一挙に聴き比べ! vega2 【試聴レビュー】Campfire Audio VEGA&LYRA IIを聴き比べ! 64audio U4-SE 【実機レビュー】64audio U4-SE この低音は中毒性高し! massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! final F7200 F4100 F3100 【実機レビュー】final F7200 F4100 F3100を聴き比べ! img_2484 JVC新製品 HA-FW01 02 03&SU-AX01聴いてきました PW Audio 【レビュー】PW AUDIO No.5 JP ver.とThe Flashを聴き比べ!

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン















最新記事

  1. astrotec AM850
  2. audioquest DragonFly red
  3. 告知
  4. IMG_3986
PAGE TOP