ヘッドホンレビュー

【レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました

Edition X V2

 「この世にヘッドホンは数多くあれど、これほど心惹かれる機種は少ないのではないか。」初めて聴いた時から、HIFIMANのEdition Xというヘッドホンにはそれくらい特別な魅力を感じてしまっています。

 今回はそのEdition XがV2にアップグレードしたということで、初代との違いを確認しつつ聴き比べをしてみました。聴いてみて驚いたのですが、結論から言いまして音の方はは結構というか、かなり違います。では、さっそく見ていきましょう!

HIFIMAN Edition X V2 レビュー

 まず最初にざっと初代とV2の違いを確認!

  • ヘッドバンドの調整可動域が拡大
     →V2はより広いレンジでヘッドバンドが調整できるように

  • ヘッドバンドとハウジングを繋ぐアーム部分が金属化
     →初代はプラスチックだったパーツが金属になり、耐久性が向上

  • イヤーパッドの素材と厚みが変更
     →V2の方がより厚くリッチ

  • ケーブル素材の変更
     →見た目のかなり異なるケーブルが付属

以上をふまえて、本体を見てみましょう。

HIFIMAN Edition X V2

左がV2で右が初代
ハウジングのカラーがブルーっぽい色からダークカラーになっています。
写真では分からないですがアーム部分も金属に。

HIFIMAN Edition X V2

左がV2で右が初代。
見えてるヘッドバンドの穴の数がV2は7個ですが初代は5個。

HIFIMAN Edition X V2

左がV2で右が初代
イヤーパッドも素材が変更されています。

HIFIMAN Edition X V2

ケーブルは全く変わっています。
左がV2で右が初代。
標準プラグのケーブルも同じ素材で付属。

HIFIMAN Edition X V2

新ケーブル
半透明になっていて中の線材が見えるようになっています。

 

 ということで早速、V2を聴いてみます。まず装着感の違いから。本体の重量は変わっていないようですがイヤーパッドが厚いものに変更になったため、初代と比べて少し側圧が高まり、ズレにくくなった印象を受けました。それ以外は特に変わったという感じは無いですね。とても快適な装着感です。

 試聴はDP-X1で行いました。Edition Xを知らない方にはDAP直で聴いたと言うと「え?そんなゴツいヘッドホンなら、アンプいるでしょ?」と思うかもしれません。でもいいんです!いらないんです!Edition XはDAP直でもしっかり鳴るんです!(いや、良質なアンプがあればより良いですけど)

 鳴らそうと思えばiPhoneでも鳴っちゃう平面駆動ヘッドホン、それがEdition Xの最も面白いところだと思います。V2になってもその良さは変わっておらず、iPhoneのボリューム7割くらいでしっかりと音量が取れていました。これはほんと凄い。

 それで肝心の音質。初代と比べるとV2は低域を抑え、よりフラットな高級志向のサウンドになっていました。聴き比べると、初代の方が低域がやんちゃで元気のある音に聞こえます。初代はウォーム寄りだったサウンドが、V2では少しクール寄りになったと表現できるかもしれません。

 ただEdition Xの良さは、広大な音空間に散りばめられたように聴こえる点と、平面駆動らしく付帯音の少ない立ち上がりの良い音を聴かせてくれる点だと思います。そう考えるとV2は初代よりもさらに精細な表現になり、Edition Xが目指すサウンドをより推し進めたように感じられました。

HIFIMAN Edition X V2

総評

 HIFIMANの懐刀 Edition X V2は本体の耐久性を向上させつつ、サウンドはリファレンス志向に変化していました。パッと聴いた感じでは初代の方がインパクトのある音をしていますが、聴き込むほどに良さを感じたのはV2でした。

 ただ音の変化はケーブルの変化によるものが大きいようで、初代とV2でケーブルを入れ替えてみたところ、V2でも初代に近いサウンドに変化しました。ほんとケーブルって奥が深いですね…。

 今回Edition Xを改めて聴きましたが、やはりとても良いヘッドホンです(高いですけど)。巨大なアンプを必要とせずともこれほどの音を聴かせてくれる機種はそうないと思います。DAPやポタアンでも充分に鳴ってくれるので、ポータブルメインの方もホームリスニングの究極の1台として、本機を手にとってみてはいかがでしょうか?文句なくオススメの1台です!

初代Edition Xレビューはこちら
【実機レビュー】HIFIMAN Edition X いつか必ず欲しい音

【新製品】HIFIMAN Edition X V2 | イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホン

HiFiMan Edition X V2「フジヤエービック オンラインショップ」

関連記事

  1. HIFIMAN SHANGRI-LA 【取材】594万円のヘッドホン HIFIMAN SHANGRI-…
  2. Carot One SUPER TITTA 【寄稿レビュー】Carot One SUPER TITTAのトリ…
  3. img_2484 【レポート】JVC HA-FW01 02 03&SU-AX01聴…
  4. XELENTO REMOTE 【レビュー】XELENTO REMOTE まさにエクセレントな1…
  5. Apple AirPods 【レビュー】Apple AirPodsの音質や使い勝手は?
  6. vega2 【レビュー】Campfire Audio VEGA&LYRA I…
  7. TMA-2 Modular Young Guru Preset 【レビュー】AIAIAI TMA-2 Modular Young…
  8. TU-HP03 【レビュー】エレキット TU-HP03 ポタアンの楽しさ凝縮!

DAP&アンプレビュー

AROMA Nebula N10 【レビュー】AROMA Nebula N10 イヤホンでこそ使いたいポタアン HA-P5 【レビュー】TEAC HA-P5 日本人好みのサウンド Logitec LDV-PMH8U2R DP-X1ユーザー必見!PC無しでリッピングできるCDドライブ「Logitec LDV-PMH8U2R」 Companion One 【レビュー】Celsus Sound Companion Oneの音質は? 20150722145722 【レビュー】HA-2のグランド分離の実力は?リケーブルで体験 DP-CMX1 【レビュー】ONKYO GRANBEAT DP-CMX1を試してきました! isai beat LGV34 【レビュー】isai Beat LGV34「Quad DAC」の実力は? ONKYO GRANBEAT 【レビュー】ONKYO GRANBEATを2週間使って分かったこと aune M1s 【レビュー】aune M1s 無駄を削ぎ落としたピュアな音楽プレイヤー 20151231145818 【レビュー】ONKYO DP-X1 期待の国産DAPを試す

イヤホンレビュー

20160116182047.jpg 【レビュー】カスタムIEMフラグシップおすすめ3機種 AQUA 【レビュー】ELECOM AQUA 激戦区に新イヤホン 311+7oVtHXL 【レビュー】audio-technica ATH-BT08NCの音質は? DN-2002 【レビュー】DUNU DN-2002 渾身のフラグシップを試す 64audio U4-SE 【実機レビュー】64audio U4-SE この低音は中毒性高し! ME05 【レビュー】Master&Dynamic ME05 BRASS の音質は? img_2484 【レポート】JVC HA-FW01 02 03&SU-AX01聴いてきました DITA 【レビュー】高級ダイナミック DITA Answer Truth 20150815191504 【レビュー】J-phonic k2 m2はずっと聴いてたい音 IMG_4862rgrht 【レビュー】DUNU DK-3001 ハイエンドサウンドを手の届く価格で!

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン

















最新記事

  1. TU-HP03
  2. IMG_6083
  3. Award2017
  4. nano iDSD Black Label
PAGE TOP