【開封】Etymotic Research ER4SRが届きました

Etymotic Research ER4SR

 購入宣言をしていたEtymotic Researchの新作イヤホン「ER4SR」がいよいよ我が家に到着しました!購入は正規代理店のサウンドハウスさんから。

 今回は写真を中心にER4SRのハード面の特長を見ていきたいと思います。音質については後日、改めて記事にしますね。ということでさっそく、いってみましょう!

Etymotic Research ER4SR レビュー

Etymotic Research ER4SR
外箱も少しかっこ良くなりました。
Etymotic Research ER4SR
開けたらでっかいケースがどーん。
Etymotic Research ER4SR
相変わらず本体は小さいですね。
Etymotic Research ER4SR
同梱物はこんな感じ。
Etymotic Research ER4SR
箱類をどかしてもう1枚。
標準プラグやクリップ、耳垢ガードも付属しています。
Etymotic Research ER4SR
プラグはL字。
ケーブルの分岐にロゴが入っていてカッコいい。
Etymotic Research ER4SR
本体の裏側にはシリアルナンバーが印字されています。
Etymotic Research ER4SR
イヤーピースを外してみました。
ロゴが素敵。
Etymotic Research ER4SR
ケーブルを外して限界まで拡大。

 読者諸兄が1番気になっているのが「リケーブル」だと思うのですが、残念ながら汎用のMMCXケーブルはつかえませんでした。見て頂いて分かる通り、本体側のメス端子が少し引っ込んでいるせいで、オス端子が届かないというのが原因です。

 解決策としてはプラグ周りが非常に細いケーブルを使うか、危険ですがプラグ自体を削れば入ると思います。(くれぐれも自己責任で!)
 プラグ周りが細いMMCXケーブルといえば、Fidueのケーブルが少し端子部分が飛び出す設計になっていたと思うので、もしかするとハマるかも。これについては後日、検証したいと思います。汎用ケーブルが使えないのは残念…。

※追記
onsoさんのMMCXリケーブルが使えました!一部の汎用ケーブルは使用できそうです。(装着感と装着時の見た目は保証できません…)

 音については第一印象を少しだけ。スタジオ リファレンスというだけあって、クセが無く聴きやすい音をしています。マルチBAのようにガチャガチャすることがなく、自然に聞こえるのはシングルBAならではの良さを感じました。音量も取りやすくなっていて、iPhoneでMAXにせずとも鳴ります。

 解像感の高さは相変わらずのものを感じますが、高域に特化しているわけではなく、全域に渡ってモニターしやすい音づくりになっていると思います。低域も心配されるほどの不足感は無く、押し出しが強いわけではないですが存在として感じることができます。普段D型を愛用する私としては、使い分けとして丁度良いですね。

 音については改めてER-4Sとの比較を交えながらレビューしたいと思いますので、今回はこれくらいで。これから使い込んでみたいと思います!

ETYMOTIC RESEARCH / ER4SR|サウンドハウス