イヤホンレビュー

【実機レビュー】oBravo erib-5a 暖かく懐かしいサウンド

erib-5a

 (書いたらちょっと長くなったので前置きなしで…。)今回はoBravoさんのエントリーモデルerib-5aをレビューしたいと思います。この機種を知らない方もいると思うので、まずは簡単な紹介から始めますね。

 erib-5aはStaxなどで採用されているプラナーマグネティック(平面磁気型)ドライバーをツイーターに、ダイナミックドライバーを低域に用いたハイブリッドイヤホンです。今のところ他では見かけない独特な組み合わせのドライバー構成になっています。

 以前、上位モデルであるerib-2aをレビューしたことがありましたが、既存の価値観とは全く違ったサウンドに驚きました。はたしてエントリーモデルはどんな仕上がりになっているのでしょうか?

oBravo erib-5a レビュー

エントリーでも妥協の無い作り

 木とアルミで構成されたハウジングはデザイン的にとても美しいです。オレンジ色もなかなかオシャレですね。ケーブルは上位モデルと同じ仕様。布地で扱いやすく、独自コネクタですがリケーブルも可能になっています。(バランスケーブルもオプションで用意。)総じて一般的なエントリーモデルとは違った妥協の無い作りですね。

 イヤーチップはコンプライがオススメとのことなので、今回はコンプライを使ってみることにしました。ハウジングがコンパクトなので装着感に違和感はありません。見た目はちょっとアレな感じになってしまいますが、耳掛け装着もやろうと思えばできます。遮音性はあまり高くなく、音漏れも背面のベントから少しありますね。音を出してしまえばタッチノイズはほとんど気にならないといった感じです。

erib-5a

密度100%のウォームなサウンド

 音に関してですが、oBravoのサウンドは毎度表現に悩む音をしています。既存のハイエンドイヤホンが目指す「とにかく音を分離させて、解像感を高めて、音場を広げて…」といったアプローチと全く異なる音ですね。ハイレゾ時代に逆光するような、良い意味でローファイなサウンドをしています。

 暖かく、どこか懐かしいサウンド…これこそがoBravoの魅力なのだと思います。そして、その魅力はエントリーモデルであるerib-5aでもしっかりと表現されていました。公式HPでも”「音」ではなく「音楽」を聴かせるためのチューニングに、全力を注いでおります。”と言っているように、erib-5aの音は肩肘を張ったところが少しもありません。落ち着いていて、朗らかで、明るいサウンドになっています。

 高解像なイヤホンに慣れた状態で聴くと最初は「ん?音がこもってる?」と思ってしまうのですが、しばらくして音が耳に馴染んでくると、何とも言えない心地よさに包まれます。独特のギュッとした濃くて近い音、音がバラバラになるのではなく音楽として自然に耳に入ってくるような感覚があります。音のエッジはどこまでもまろやかで、音量を上げても痛い音がしません。

 音が自然に一体となっているので、erib-5aにはレビューでよく使う「低域は〜中域は〜高域は〜」という表現はあまり相応しくないように思います。それでも敢えてその手法で表現するならば、低域はタイト過ぎず甘すぎずリッチな響き、中域は最も支配的な音域で中毒性があり、高域はやや控えめな印象と言ったところでしょうか。特にボーカルが近いので、女性ボーカルは艷やかに聴こえます。

 erib-5aで聴くなら、ガチャガチャした音楽よりはシンプルですっきりした曲がピッタリだと思います。Jazzっぽい曲でボーカルなんか入った曲ならなおさら良いですね。

こんな感じの曲がぴったりでした。

総評

 やっぱりoBravoのサウンドはいつ聴いても面白いですね。埋もれた音を何とか引っ張りだそうと必死なハイエンドイヤホンに対して、oBravoは「埋もれた音は、埋もれて聞こえるようになってるんだよ」と言っているように思えます。決してどちらが正しいというわけではなく、どちらにも価値がある哲学ではないでしょうか。

 erib-5aはエントリーモデルながら、oBravoの魅力をしっかりと伝えてくれるイヤホンになっています。これが上位モデルになると、ウォームでありながら音のリアルさや臨場感がさらに高まるので「なんじゃこりゃー」となること間違いなしです。

 最後に試聴のポイントですが、ぜひ出力の高いプレーヤーかアンプを繋いで試してみてください。痛い音は出さないので、音量はいつもより少し大きめにすると「うわ!」っと思ってもらえると思います。

 現状似た機種や比較できる機種が無いので、レビューとしては分かりづらい内容だったかもしれません。ヘッドホン祭にも出展されるようなので、行く人はぜひ試聴をしてみてください!4月いっぱいは約1万円安く買えるキャンペーンをしているので、気になった人はそちらも要チェックです!

購入はこちら
プラナーマグネティック・ハイブリッド・イヤホン【erib-5a】  – リエイゾン・オーディオ

上位モデルのレビューはこちら
【実機レビュー】oBravo erib-2a なんじゃこりゃ!と叫ぶイヤホン

関連記事

  1. IMG_1338 【レビュー番外編】Qtuo 吸盤式ワイヤレススピーカーを試す
  2. 1458045252_thumb.jpeg 【実機レビュー】HIFIMAN Edition X いつか必ず欲…
  3. ath-a2000Z 【実機レビュー】audio-technica ATH-A2000…
  4. 20151127161457 【試聴レビュー】Campfire Audio JUPITERをA…
  5. oriolus 【試聴レビュー】話題の4ドライバイヤホンOriolusの音質は?…
  6. OPUS#1 【実機レビュー】The Bit OPUS#1 最高の操作感!
  7. Klipsch Reference On-Ear 【試聴レビュー】Klipsch Reference On-Ear…
  8. MEE audio Pinnacle 【試聴レビュー】MEE audio Pinnacle P1 これ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着ヘッドホンレビュー

HIFIMAN Edition S White 【実機レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【実機レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【試聴レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! moshi avanti 【実機レビュー】moshi avanti 洗練されたデザインとサウンド IMG_1595 【実機レビュー】HIFIMAN Edition S 必聴のHiFiサウンド zoro2 wireless 【実機レビュー】noontec ZORO Ⅱ wireless の音質は? HA-MX100-Z 【実機レビュー】HA-MX100-Zに感じたVICTOR STUDIOの本気 SONOROUSⅢ 【実機レビュー】final SONOROUS III 使って分かった魅力

最新イヤホンレビュー

astrotec AM850 【実機レビュー】Astrotec AM850 メタルとウッドの良いトコ取り! magaosi k3 【実機レビュー】magaosi k3 中華ハイブリッドに新星の予感 RHA CL1 CL750 DACAMP L1 【実機レビュー】RHA CL1 CL750 DACAMP L1 オーディオファン必聴の快作 chord and major 【実機レビュー】Chord&Major 4製品を一挙に聴き比べ! vega2 【試聴レビュー】Campfire Audio VEGA&LYRA IIを聴き比べ! 64audio U4-SE 【実機レビュー】64audio U4-SE この低音は中毒性高し! massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! final F7200 F4100 F3100 【実機レビュー】final F7200 F4100 F3100を聴き比べ! img_2484 JVC新製品 HA-FW01 02 03&SU-AX01聴いてきました PW Audio 【レビュー】PW AUDIO No.5 JP ver.とThe Flashを聴き比べ!

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン















最新記事

  1. astrotec AM850
  2. audioquest DragonFly red
  3. 告知
  4. IMG_3986
PAGE TOP