レビュー

【開封】FiiO X5 3rdが到着!使い勝手をチェック!

FiiO X5 3rd

 どうも。最近は趣味の飯テロを控えまして、少しダイエットに勤しんでいるすぎやまです。

 お金も節約できてダイエットもできるなんて、脱飯テロの素晴らしさを実感しております。(嗚呼、ラーメン食べたい…)

 今回は先日いよいよ発売となったFiiOの新DAP X5 3rdのハンズオンをお届けしたいと思います!

 最近のDAPは機能がとても豊富で、それらを紹介するだけでどうしても長文になってしまうんですよね。なので先に外観や付属品などから紹介し、UIや性能、音質については記事を分けたいと思います!

 ということで今回はFiiO X5 3rdの外観や使い勝手をチェックしていきしょう!

FiiO X5 3rd ハンズオン

FiiO X5 3rd

パッケージはこんな感じ
今回は赤をお借りしました

FiiO X5 3rd

同梱品
2種類のケースとケーブル
カード取り出し用のピンなどが入ってます

FiiO X5 3rd

本体正面
見た目はスマホライク

FiiO X5 3rd

本体底面
3.5mmアンバランス出力
2.5mmバランス出力
microUSBポート
ラインアウト・同軸出力

FiiO X5 3rd

本体左側
再生関連のボタンとボリュームダイヤル

FiiO X5 3rd

本体右側
電源ボタンとmicroSDスロット×2

FiiO X5 3rd

スマホのSIMカードスロットのような仕様

FiiO X5 3rd

電源ボタンはオン時に光る仕様

FiiO X5 3rd

続いて付属ケース
赤いレザーケースが付属
黒を買うと黒いケースが付属します

FiiO X5 3rd

底面から本体を挿入します

FiiO X5 3rd

ボリューム周りはオープン

FiiO X5 3rd

電源ボタンの光は通るようになっています

FiiO X5 3rd

もう1つのクリアケース

FiiO X5 3rd

底面には3.5mm出力以外の部分にカバーがあります

FiiO X5 3rd

レザーケースと違い、再生停止ボタンも保護されています

FiiO X5 3rd

電源ボタン周り

 ということで、外観をざっくり紹介してみました。

 さすが「DAP界最後の良心」と言われるFiiOだけあって、最初から同色のレザーケースが付属しているというのは、とてもウレシイですね。

 レザーがあまり好きでないという方には、底面の保護性能が高いクリアケースも付属しているのでそちらを使うのが良さそうです。こちらはソフトな感触で、本体にピッタリしたものとなっているので、よりスリムに持ち歩くことができます。

 画面の保護フィルムはあらかじめ貼り付けてありますので、別途購入する必要はありません。このあたりの配慮も几帳面な日本人にはウレシイ仕様ではないでしょうか。至れり尽くせりですね。

 X5 3rdはX5 2ndから大きな変化を遂げたモデルとなっています。同社のフラグシップX7と同様、Android5.1をベースにしたOSとなっており、DACチップはAKM AK4490ENを2基搭載。これにより標準で2.5mmのバランス出力も備えています。

 FiiO製品らしく独立したアナログライン出力と同軸出力を備えるとともに、今後のファームではUSBオーディオ出力にも対応するようです。アナログアンプ、デジタルアンプともに組み合わせ自由なDAPですね。

 バッテリーサイズは3400mAhで、DP-X1の1630mAhの2倍以上となっています。さらにQualcomm® Quick Charge 3.0に対応しているので、最速90分で0から満充電できるようです。この点はかなり大きい!

 Wi-Fiは2.4GHz対応で、BluetoothはaptXに対応。できれば高速な5GHz対応だと嬉しかったですが、5万円を切る価格の本機にそこまでを求めるのは酷だと分かっています。カードスロットもデュアルですし、ほんと隙のないモデルです。

FiiO X5 3rd

ざっくりハンズオン

 UIや音質などの話はじっくり使ってからにするとして、パッと使ってみての印象を簡単に書きます。

 まずX7と比較すると画面が広く明るくなったので、とてもキレイで見やすいと感じました。最新ファームではPure MusicモードとAndroidモードの切り替えに再起動が不要になったので、気軽に切り替えられます。

 何より抜群なのがサイズ感。DP-X1をちょうど一回り小さくしたような本体サイズは「DP-X1がもう少し小さかったらなぁ」という不満を見事に解消してくれています。それでいてバッテリーサイズも大きいので期待大です。

 ボリュームダイヤルの質感や動作も小気味よく、Apple Musicなどの外部アプリも問題なく使えました。今のところ、本当に不満の無いDAPです。

 後は音質や再生まわりの動作ですかね。Pinnacle P1でもわりと楽々鳴らしてくれるので、パワーは充分といった感じです。まぁその辺りは使い込んでからレビューしたいと思います。では今回はこのあたりで!レビューをお楽しみに〜!(今のところ、めっちゃ欲しいです…)

FiiO ハイレゾ・ミュージックプレイヤー X7
FiiO
売り上げランキング: 595,548

関連記事

  1. Edition X V2 【レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較…
  2. HE400i 【レビュー】HIFIMAN HE400i 買わない理由がない音
  3. CHORD&MAJOR Electronic Music-Major01'16 【レビュー】CHORD&MAJOR Electroni…
  4. TFZ SERIES 1S 【開封】TFZ SERIES 1S「My Love ver」が到…
  5. dignis hako オシャレで便利!DIGNIS HAKOを買ってみました!
  6. Fidue MMCX 2.5mm 【開封】Fidue MMCX 2.5mmプラグ バランス接続ケー…
  7. moshi avanti 【レビュー】moshi avanti 洗練されたデザインとサウン…
  8. ath-a2000Z 【レビュー】audio-technica ATH-A2000Zの…

DAP&アンプレビュー

X3 2nd&TU-HP02 【レビュー】FiiO X3 2nd&TU-HP02は至極の組み合わせ JVC SU-AX01 【レビュー】JVC SU-AX01 オーディオの面白さ凝縮した1台 FiiO X5 3rd 【レビュー】FiiO X5 3rd ミドルクラスの新本命はこれ! iBasso Audio D14 【レビュー】iBasso Audio D14 1台で便利なポタアン IMG_0684 PlayStation Vitaをヘッドホンアンプで高音質化してみた HIDIZS AP-60 【レビュー】Hidizs AP-60 完成度の高さに驚き! 20151231145818 【レビュー】ONKYO DP-X1 期待の国産DAPを試す FiiO X7 AM0 AM1 AM2 AM3 AM5 【レビュー】FiiO X7&AM1〜AM5まで聴き比べてみました HA-P5 【レビュー】TEAC HA-P5 日本人好みのサウンド isai beat LGV34 【レビュー】isai Beat LGV34「Quad DAC」の実力は?

イヤホンレビュー

Acoustune HS1004 【レビュー】acoustune HS1004 新たな名機の誕生 final F7200 F4100 F3100 【レビュー】final F7200 F4100 F3100を聴き比べ! 64audio U4-SE 【実機レビュー】64audio U4-SE この低音は中毒性高し! XELENTO REMOTE 【レビュー】XELENTO REMOTE まさにエクセレントな1台 20150910155350 【レビュー】RHA T20の音質を知らないのは不幸だと思う HA-FW02 【開封】XHA-9000とHA-FW02の購入報告と謝罪 20151122172659 【レビュー】acoustune Resonate HS1003 この音でダイナミック!? Oriolus 2nd Gen. 【レビュー】Oriolus 2nd Gen. 抜群のライブ感 61o-ZgjRJoL._SL1500_ 【レビュー】Master&Dynamic ME05 BRASS の音質は? LYRA 【レビュー】Campfire Audio LYRAをIE800と比較!

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン

















最新記事

  1. HIFIMAN SHANGRI-LA
  2. CUP NOODLES
  3. FiiO X5 3rd
  4. final E2000 E3000
PAGE TOP