イヤホンレビュー

【レビュー】final E2000 E3000 エントリーの新時代

final E2000 E3000

 イヤホンに詳しい人なら、少し前まで「イヤホンは1万円クラスから音がグッと良くなる」「どうせ買うなら1万円くらいのものを」というのが、初心者にアドバイスする際の定石だったように思います。

 それが最近ではCo-DonguriやTubomi、SORAといったモデルが次々と登場し、5,000円クラスでも本当に良い製品を買えるようになりました。オーディオも進歩してますねぇ。

 今回紹介するイヤホンも、そんな5,000円クラスに新たな挑戦状を叩きつけるモデル。発売前から価格と音質のギャップが話題になっていたfinalの新型ダイナミックイヤホン E2000&E3000です。

 これがまた非常に完成度が高く、面白い製品に仕上がっていたので、さっそく見ていきたいと思います!

final E2000 E3000 レビュー

final E2000 E3000

パッケージの写真が素敵

final E2000

E2000の中身はこんな感じ
Eタイプイヤピとフック、ポーチが付属

final E2000

本体は非常にコンパクト

final E2000

イヤーフックを付けるとこんな感じ

final E3000

E3000も同梱物は同じ

final E3000

E2000よりもラグジュアリーな見た目

 E2000が4,480円前後、E3000が5,480円前後と、(マニアからすると)かなりお安い価格設定になっています。

 しかし低価格モデルだからといって手を抜かれている印象は無く、パッケージ含めとても丁寧に作られていると感じました。

 イヤーピースも上位モデルと同じEタイプが、5サイズちゃんと入っていますし(これだけで840円!)、さらに使い勝手が良いと評判のイヤーフックまで同梱されています。(こっちは980円!)

 もうfinalのイヤピとイヤーフックが欲しい人は、ちょっと出してE2000を買ったほうが絶対お得だなという内容ですね。かなりのお得感を感じました。

 肝心の本体の方ですが、こちらも質感高い仕上がりになっています。E2000はアルミ筐体、E3000はステンレス筐体と、どちらも高い剛性の素材を使用。プラスチックではないので、安っぽさはありません。

 ハウジング素材に違いはありますが、2モデルの本体サイズはピッタリ同じ。ドライバーユニットの口径も6.4mmと全く同じなので、音の違いはハウジングの素材とチューニングに寄るところが大きいと思います。

 ケーブルはしなやかで絡まりにくく、クセの付きにくい仕様。本体が小さいのでケーブルの質感が他より目立つイヤホンですが、この価格帯では珍しいほど扱いやすいケーブルです。

 全体的にシンプルながら丁寧な作りになっていて、気負わず長く使えるデザインになっていると思いました。この価格帯で保証が2年というのも、作りの良さへの自信のあらわれでしょうか。

キャラの大きく異る音質

 ハウジング素材が違うとはいえ、似たイヤホンが2モデル同時に発売されるとなると「どう違うの?」という部分が、最も気になるところだと思います。

 結論から申しまして、厳密に聴き比べるまでもなく、E2000とE3000の音はかなり違いました。Fシリーズ聴き比べの時も感じましたが、この辺の上手さはさすがfinalさんです。

 端的に表現すると、E2000は「カリッ」とした歯切れの良い音が印象的で、全体に音が近く、まるでBAイヤホンのような鳴り方をしてくれます。一方、E3000の方は「フワッ」と包み込むような余韻があり、音の立体感や奥行き表現に優れ、まさにダイナミック型といった感じを受けました。

 パッと聴いて好印象なのはE2000の方だと思います。シャープで残響音が少ないため、高解像なサウンドに驚かされました。音数の多い打ち込み系の音楽や、現代的なロックやポップスを元気にノリ良く聞かせてくれます。

 元気一杯のE2000と比較すると、少し落ち着いた音をしているのがE3000ですね。E2000ほど音が近くないので解像感はやや劣るように感じますが、そのぶん音場表現がうまく、音の方向性や定位も明確に聴こえます。リラックスして音楽に浸りたい時、あるいは長時間のリスニングに向いているのはE3000だと思いました。

final E2000 E3000

共通点は「フラット」

 両モデルの「違い」を書きましたが、もちろん似通った部分も存在します。

 両モデルとも音作りの方向性は違いますが、それぞれに自然でフラットな聞こえ方をします。人によっては「E2000の方がフラット、E3000は低音寄り」という方もいるでしょうし、逆に「E3000の方がナチュラルで、E2000はちょっと暴れてる」と思う方もいるでしょう。

 個人的にはE2000の方がシャキッとメリハリがありボーカルが近めなので、最近の音楽に慣れている若い方に人気がある感じがします。E3000は演奏重視といった感じで、古いロックやジャズ、クラシックを聴く方に良さそうですね。

 私はおっさん寄りのおっさんなので、どちらか1つ選ぶなら心地よい系のE3000の方がわずかに好きです。

総評

 エントリーモデルには優秀な機種がいくつもありますが、このEシリーズは「音質・装着感・価格」と3拍子そろっており、男女問わずオススメできる製品になっていました。エントリーに新時代を築く機種だと思います。

 1番難しいのは「E2000とE3000どっちを買うべきか?」という質問ですね。これは自分の好みのサウンド傾向や普段聴く音楽から選ぶのが良さそうです。

 逆にE2000とE3000、どっちが好みかというので自分の好みを判別できるかもしれません。E2000が好きな方はBAイヤホン道に進み、E3000が好きな方はダイナミックイヤホン道に進むと幸せかも?

 いずれにせよEシリーズの2モデル、侮れないクオリティーです。イヤホン好きの方は必聴ですが、友人に贈って沼に落とすのにも最適な1台だと思います!文句なくオススメです!

関連記事

  1. DN-2002 【レビュー】DUNU DN-2002 渾身のフラグシップを試す
  2. 20160106203415 【レビュー】JVC CLASS-S WOOD HA-SW01の音…
  3. Fidelio NC1 【レビュー】PHILIPS Fidelio NC1を聴いてきたよ…
  4. massdrop HE-350 RE-00 【開封】massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE…
  5. OSTRY KC09 【レビュー】OSTRY KC09 ハイコスパと呼ぶにふさわしい名…
  6. Fidue MMCX 2.5mm 【開封】Fidue MMCX 2.5mmプラグ バランス接続ケー…
  7. XD-05 【レビュー】xDuoo XD-05 アンプの楽しさあふれる1台
  8. LYRA 【レビュー】Campfire Audio LYRAをIE800と…

ピックアップ記事

  1. B&O Beoplay E8
  2. Fidue A85 VIRGO
  3. SIMGOT EN700 PRO
  4. Astrotec LYRA Classic
  5. OSTRY KC09
  6. HIFIMAN RE2000
  7. Unique Melody MACBETH II Classic
  8. acoustune HS1551 HS1501
  9. EN120
  10. NuForce HEM8(LTD)

おすすめ記事

Marshall Monitor Black 【寄稿レビュー】Marshall Monitor Black この音はまるでライブ! HIFIMAN SHANGRI-LA 【取材】594万円のヘッドホン HIFIMAN SHANGRI-LAの音 Mitchell and ​​Johnson GL2 【レビュー】Mitchell and ​​Johnson GL2 静電型がこの価格!? HIFIMAN HE1000 【レビュー】HIFIMAN HE1000はどれくらい鳴らしにくいのか HIFIMAN HE400S 【レビュー】HIFIMAN HE400S ポタで鳴らせる平面駆動型! HIFIMAN Edition S White 【レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort 【開封】YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 【開封】massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が到着!
PAGE TOP