【レビュー】Oriolus Forsteni 低域と音場が光るハイブリッド機

Oriolus Forsteni

 2016年のポータブルオーディオはネコも杓子もハイブリッドイヤホンといった様相で、実に多くのメーカーが登場し、多くのモデルが発売されました。時代はまさにハイブリッド戦国時代といった感じですね。Oriolusもそんな動乱の時代にひと旗あげるべく、立ち上げられた新興ブランドの1つ。

 元々はiBassoの音決めに使われていたイヤホンを製品化したのが始まりだったようですが、今は完全に独立した運営となっているようで、iBassoとの製品的な結びつきはほとんど無いようです。(そういえばiBassoのIT03って国内販売どうなったんでしょう?)

 今回はそんなOriolusブランドの弟妹モデル「Forsteni」をレビューしたいと思います。高いクオリティーながら、価格はOriolus 2ndの半分以下という素敵なモデルです。さっそく見ていきましょう!

Oriolus Forsteni レビュー

Oriolus Forsteni
シンプルな外箱
Oriolus Forsteni
同梱品
ケースが麻袋みたいな質感でクール!
Oriolus Forsteni
ハウジングは複雑な形状
端子は埋め込み2ピン
Oriolus Forsteni
ノズルにも角度がついてます
Oriolus Forsteni
ケーブルはOriolus 2ndと同じく
PW Audio NO.5 JP ver.

 Oriolus Forsteniという名前、一体何なのか気になって調べたところ「セラムコウライウグイス」というコウライウグイスの一種だということが分かりました(Oriolusは鳥属の名称)。グレーの襟を持っている鳥らしいので、フェイスプレートが灰色なことから由来しているのかもしれません。

 ハウジングは上位モデルのOriolus 2ndと同じくプラスチックで軽くなっていますが、Forsteniの方がひと回り小さいので装着感は良く感じます。付け外しの際もペコペコしないのはGOOD。耳にフィットする形状をしているので長時間のリスニングも快適でした。

 ケーブルは上位モデルと同じPW Audio No.5 JP ver.(2pin)が付属します。このケーブルはクリアで情報量が多く、低域にパンチがあるのが特徴。取り回しもとても良いです。Campfire Audio方式の計算によるとNo.5 JP ver.は12,800円なので、Forsteni本体は実質3万円ということになりますね。こりゃお安い!(なお、どう計算しても支払う額は42,800円です。)

 Forsteniはグレーのフェイスプレートがついてデザイン性も高くなったと考えると、価格に見合った品質になっているなと感じました。

DNAは継承しつつ、より軽快なサウンド

 Forsteniは1D+2BAのハイブリッドイヤホン。上位モデルのOriolus 2ndは1+3BAとなっています。スペックで見るとその差はBA1個分となっていますが、聴いてみると結構な違いを感じました。

 ForsteniのサウンドにはOriolusらしい低域の厚みを感じながらも、全体としては爽やかな印象を受けました。Oriolus 2ndは地の底からうなるような低音、艶やかな中高域を持っているのですが、比較するとForsteniの低域はそこまで沈みこまず、中高域の派手さも抑えられています。

 このように書くと地味なイヤホンと思われてしまいそうですが、そうではありません。音空間の広さや定位のレベルは非常に高く、音と音の距離感の表現が絶妙です。ドラムスを中心に聴いてみると、キック・スネア・タム・シンバルの位置が見えるように感じられます。

 特にキックやタムの鳴らし方は良いですね。ダイナミックドライバーを目一杯使って、震わせるように力強く鳴ってくれます。解像感はそれほど高いと感じませんでしたが、音離れが良いので音数が多い曲でもごちゃっとせず聞かせてくれました。

 全体のバランスは低域がやや強め。しかし、支配的というほどでもないレベルですね。ボーカルは耳元より1歩離れ、広々と歌っているように感じます。分離感が高いのでボーカルが低域に負けている感じはしませんでした。

 高域は雑雑とせずキレイに鳴りますが、伸びや表現力はあと一歩というところでしょうか。このあたりは上位モデルに譲るところなのだと思います。Forsteniは中低域の魅力を中心としたバランスの機種ですね。

Forsteniで聴きたい音楽

 Forsteniは低域の表現力や空間の広さに優れたイヤホンなので、エレクトロミュージックなどの低域が楽しい楽曲との相性が良いと感じました。

 CAPSULEのCONTROL。この曲では低域のアタック表現力の高さ、空間の広さ、音離れの良さを感じることができます。ヤスタカさんの音作りはやっぱり凄い。

曲は45秒くらいからスタート

 みんな大好きThe xx。この曲のビートもForsteniはうまく表現できますね。ForsteniとThe xxの相性はかなりGOOD!というか曲が良すぎです。

Oriolus Forsteni

総評

 Oriolus Forsteniは質の高い中低域を中心に、ビートの効いた音楽を軽やかに聞かせてくれるイヤホンです。Oriolus 2ndはもっと暗く重い印象があったので、それからすると比較的ジャンルを選ばず聴けるモデルだと思います。

 Oriolus 2ndがオルタナ界の根暗帝王Nine Inch Nailsだとすれば、Forsteniにはマリリン・マンソンくらいのキャッチーさがあるといったところでしょうか。(ちなみにガチでマンソンの曲を聴くなら2ndの方がおすすめ。)

 両者には価格なりの差があり、より重厚で艶やかなサウンドを求めるのであれば2ndを買うべきだと思いますが、価格で考えるとForsteniも非常に魅力的なモデルであることは間違いありません。

 これはOriolus全体に言えることですが、このブランドを選ぶか否かはズバリ低域の質感(≠量感)でしょう。そこを重要視する人であれば、選ぶ価値のあるイヤホンだと思います。脳が揺れるようなヘビーでパワフルな低域と音空間の広さ、これは試す価値ありです!