【レビュー】JVC FX1100とFX850をグランド分離で比較

FX1100

ども。すぎやまです。
最近、ダイナミック型にハマってるので、ダイナミックのイヤホンを物色しております。
いやーいいですよね。ダイナミック。
音の歪みが少なく、低音から高音まで自然に出るのが魅力です。
まぁ少々筐体は大きくなっちゃいますけど、複数BA機に比べれば小さいものも多いですね。

今回はそんなダイナミックイヤホンの中から、購入候補であるJVC FX1100とFX850を聴き比べしてきました。

「FX1100&FX850」聴き比べレビュー 

今回はポタアンのHA-2とonsoの4極3.5mmのグランド分離ケーブルを使って聴き比べをしました。
標準のケーブルで比較すると、FX1100はFX850と比べてボーカルが近く、やや低音が強く感じるような調整になっていると感じました。
調べてみると、この2機種の違いは「ケーブルと音響用ハンダ」とのことです。
ということは「リケーブルしたらほとんど同じ音になるのでは?」と期待して聴き比べをしてみました。

FX1100をグランド分離で聴く

まずFX1100をグランド分離で聴いてみると、グッと音の広がりが良くなりました。純正ケーブルはパワーのある男らしい音でしたが、リケーブルすると荒々しさが少し抑えられて、みずみずしくバランスの良い音になりました。
ダイナミックらしく、再生周波数帯域が広いですね。深い低音から高音までしっかりと聞こえてきます。特にFXシリーズは木の響きを感じるイヤホンになっていて、ドラムのリムショットやスネアの音は本当に素晴らしいと思います。

正直、FX1100はケーブルにこだわったモデルとのことで、リケーブルしたらかえって音が悪くなるかもと思っていました。しかし、今回の組み合わせでは良い方向に変化したと思います。FX1100の持つ「響きの良さ」をより引き出すことができました。
 

FX850をグランド分離で聴く

FX850とFX1100の価格差はおおよそ12,000円あります。リケーブルでほぼ同じ音質になってくれるならウレシイな!と思っていたんですが、人生甘くないですね。
リケーブルした状態で何度もFX1100と聴き比べをしてみたんですが、FX850は高音の粗さが気になりました。この粗さというのは単に個性の違いというのではなく、FX1100の高音よりもはっきりと「質が低い」と言えます。

シンバルやハイハットの音に響きが足りず、固く痛い音を出していました。ダイナミックの「悪い部分が出た典型」のような音ですね。
もちろん、今回の視聴環境での結果なので、もっと優秀なケーブルに変えればまた違った結果になるかもしれません。(そんなケーブルはFX850が買えるくらいの値段だと思いますけど)
 

総評

聴き比べをする前の「リケーブルするなら、FX850でもいいんじゃね?」という淡い期待は、見事に打ち砕かれました。完全に「買うならFX1100」という結論が出てしまいましたね。
FX1100の調整とポテンシャルはお見事。さすがのJVCです。
「迷ったら高い方を買え」というオーディオのことわざは、ここでも生きる結果となりました。
嗚呼、無念。 
ということで、 購入費用を捻出できるかどうかの戦いが今始まる!