僕がONKYO DP-X1を買った理由

DP-X1

 今さらで恐縮ですがONKYO DP-X1を買いました。買っちゃいました。いやー実のところ買うまで色々と迷ったんですよ。アンプにしようかなーと思ってハイパワーアンプの記事を書いたりもしてました…。とはいえアンプに関してはHA-2とTU-HP02をかなり気に入ってるんですよね。なので今回はDAPにしてみました。(mojoは次の機会に買おうかな?)

 DAPでDP-X1と最後まで迷ったのはPAW5000。軽量でサクサク動く良いDAPですよね。ただ小さいDAPはFiiO X3 2ndを持っているので、今回はDP-X1に決めました。サイズや使い勝手の違いから、X3 2ndと上手く使い分けできそうな気がしています。

 とまぁ比較検討した機種はそんな感じでして、以降はDP-X1に惹かれた点について書いてみます。

DP-X1を選んだ3つの理由

  • 2.5mmバランス接続が可能。特にACGモードが◎
  • Android OSなので、各種音楽サービスが使える
  • ついに音源がリリースされた「MQA」を聴ける

 2.5mmバランス接続については「そろそろ必要だなぁ」と思っていたので、今回は必須の条件でした。以前レビューで使用した時は、ACGモードの音質がとても良かったので積極的に使ってみたいと思います。それに加え愛用しているApple MusicやGoogle Play Musicが使える点も大きいですね。Androidは遊びがいもありそうです。

 さらには先日、新しいロスレス技術「MQA」もついにサービスインになりました。DP-X1は今のところ唯一のMQA対応機として楽しめるのもお買い得な点だと思います。MQAはまだまだ音源が少ないようですが、良さそうなものを探して試してみたいですね。

 個人的にAndroid機を所有するのは初なので、色々と便利なアプリを探してみたいと思います。DP-X1を使ってる方は、おすすめのアプリなどありましたらぜひ教えてください〜!私も探してみて良いのがあったら記事で紹介なぁと思っています!さぁ、今日はイジり倒すぞ〜!

DP-X1レビューはこちらから
【実機レビュー】ONKYO DP-X1 期待の国産DAPを試す