【レビュー】JVC HA-FX1100をついに買いました

JVC HA-FX1100

 漢にはいつか戦わねばならない相手がいるように、イヤホン好きにはいつか買わねばならないイヤホンがあります。私にとってその1つがJVC HA-FX1100というイヤホンです。そして先日、ついにそのFX1100を買ってやりましたよ。やってやりました!漢をひとつあげ、財布が少し軽くなりました。

 FX1100はイヤホン好きの読者諸兄には、恐らく説明不要の機種だと思いますが一応補足を。FX1100はJVCが放つWOODシリーズイヤホンのスペシャルモデルで、ハウジングとドライバーに木が使われている正真正銘のウッドなイヤホンです。

 WOODシリーズのフラグシップモデルであるFX850をさらに、6N OFC編組ケーブルや音響用ハンダを使ってブラッシュアップしたのがFX1100になります。

HA-FX1100の音質は

 音質としては臨場感を持ったインパクトのある低域と、ウッドならではの美しい響きを持った中域が魅力的です。高域はやや控えめな表現ながら、ごまかした様な鳴り方はせず、聴きこめば細部まで表現されているのが分かります。

 FX850と比較すると高域がより丁寧に描写されており、中低域もグッと深みの増した円熟味のあるサウンドになっています。一部のロックなどはFX850の方がキレ良く感じることがありますが、トータル的なクオリティではFX1100に軍配があがるように思います。

 今回FX1100を買ったのには2つ理由がありまして、1つはMMCXでリファレンスとできるモデルであること、もう1つは機材や接続方法の違いを素直に伝えてくれるイヤホンであることです。

 FX1100は「木」という重量のあるドライバーを採用しているので、十分な実力を出すにはある程度の駆動力を必要とします。逆に考えれば駆動力によって音が大きく変わる可能性もあるわけです。そんなポテンシャルが今後のレビューに活かせるのではと期待しているのであります。(買う理由をこじつけるのが日々上手くなっていってます。)

バランス接続で聴いてみた

 純正ケーブルの音質も十分にチューニングされており素晴らしいのですが、今回はバランス接続を試すためにリケーブルをしてみました。試したのは、DP-X1 → NOBUNAGA LABS 雷切 → FX1100 という接続です。FX1100は装着方法が耳かけではないので、雷切をつける時はLRを逆にして装着しました。こうすれば特に問題なく耳かけで使うことができます。

JVC HA-FX1100
(FX1100への愛を表現)

 聴いてみて思ったのですが、やはりFX1100は駆動力によって大きく音が変わるイヤホンですね。バランスにするとよく分かります。低域には曖昧さが無くなり、中域は反応の良いメリハリある音になりました。高域には力強さが加わり透明感も出たように感じられます。

 純正ケーブルでは樽熟成したワインのような鳴り方でしたが、ケーブルを変えてバランス接続にすることで非常にフレッシュな音になりました。FX1100でロックは厳しいかと思っていましたが、これならばアリですね。純正と使い分けていきたいと思います。

ダイナミックの魅力が詰まった1台

 今回はさらっとバランス接続を試しただけでしたが、FX1100は「ナチュラルかつレンジの広い音」というダイナミックイヤホンが持つ魅力が詰まっていますね。音場も広々していて気持ちが良いです。

 欲を言えばシンバル音に金属感がもう少しあれば…と感じる部分もありますが、そういうサウンドは金属ハウジング系のイヤホンに任せておきましょう。今はただこのウォームで心地よいサウンドに浸りたいと思います。うーん、買ってよかった。FX1100のバランス接続は試す価値ありですよ!