レビュー

【レビュー】ONKYO GRANBEATを2週間使って分かったこと

ONKYO GRANBEAT

 今回は発表から注目の高かったONKYOのDAP兼スマホ GRANBEAT DP-CMX1をレビューします。たっぷり2週間ほど使い倒しました。

 本機の呼称はDP-CMX1という型番で定着するかと思いきや、GRANBEATの方が定番になりましたね。なのでこの記事でもGRANBEATと記載したいと思います。ではさっそくみて行きましょう!

ONKYO GRANBEAT レビュー

ONKYO GRANBEAT

パッケージと内容物。

ONKYO GRANBEAT

右側にはホールドスイッチと電源、再生、曲送りボタン

ONKYO GRANBEAT

左にはボリューム、背面にはカメラがあります。

ONKYO GRANBEAT

上部には3.5mmアンバランスと2.5mmバランスジャック。

ONKYO GRANBEAT

底面にはmicro USBとスピーカー。

ONKYO GRANBEAT

SIMとSDスロットは左下にあります。
SIMはデュアル対応

ONKYO GRANBEAT

micro SDスロットはSIMスロットと独立しています。

 ハード的な見どころはこんな感じですね。サイズ以外でDP-X1と違うのは「SIMスロット」「ホールドボタン」「スピーカー」「カメラ」「クイックチャージ(フル充電まで90分)」といったところでしょうか。後はバランス接続が自動認識になったので、2.5mmジャックにイヤホンを刺すと自動的にバランス接続になります。

 逆に言えば、それ以外の面はDP-X1とほとんど変わらないです。Musicアプリはバージョンが1.5になっており、歌詞表示機能がついていますが、操作面ではほとんど違いを感じませんでした。

スマホとして使ってみた

 以前記事にもしましたが、私は昨年末SIMフリーに移行していたので、今回はGRANBEATにSIMを入れてがっつりスマホとして使ってみました。AndroidからAndroidへの移行は初めてでしたが、移行ツールを使えば楽ちんですね。

 ただ細かいアプリの設定などは全く移行されないようで、gmail以外のメールアカウントは再設定しないと使えず色々と面倒でした。iPhoneの移行性能はとても高いのだなぁと実感した次第です。

 設定が終わって使い始めたGRANBEATは、ほんとちょっとゴツいスマートフォンですね。通話品質もiPhone6と遜色なく、それまで使っていた安物Androidと比較すると動作はとても快適。ハードなゲームをする方にはちょっと物足りない性能かもしれませんが、TwitterとYouTube、ウェブブラウジングくらいしか使わない私には必要充分でした。

 バッテリー持ちは良くも悪くもない感じ。私でも1日使うと半分くらいになるので、ゲームなどでハードに使う人は充電が必要かもしれません。

 性能面でDP-X1との違いを特に感じたのがApple Musicの処理。GRANBEATはダウンロードにもたつく瞬間がなく、スムーズで快適です。表示スピードも速いですね。また、外でいつでも音楽ストリーミングを使えるのはiPhoneを解約して以来のことだったので、改めて便利だなと気づかされました。

 聴きたい時に聴きたい音楽を聴けるだけでなく、すきま時間にラジオや動画、新しい音源を高音質で聴けるのは有り難いですね。そういう意味でGRANBEATは、まさに今の時代のニーズに合ったDAPなのだなと感じました。

DP-X1と聴き比べてみる

 かねてから私は、DAPにあまり音の個性を求めないタイプの人間です。音の味付けはアンプやイヤホン、ケーブルやイヤピでやりたいので、DAPはできるだけ素直な音を出してほしいと思っています。

 その点、DP-X1は音に深みがありながらも変にクセの無いところが気に入っていました。GRANBEATにおいても、そこは大きく変わってはいないのですが、よくよく聴き比べてみるとやはり違いを感じます。

 具体的にはGRANBEATの方が1音1音に抑揚があり、音像に立体感があります。音色もやや明るく感じられました。とはいえ決して派手にジャカジャカ鳴るわけではなく、品よくまとまったサウンドという感じがします。味気ないと言われることもあるDP-X1と比べると、リスニング寄りの楽しさや心地よさを持っている印象を受けました。

 全体としてはSONYのWM1Zような重厚に響き渡る音とは対照的で、クリアかつスッキリとした味わいの音をしています。凛として控えめな余韻の美しさにはONKYOのDAPならではの良さを感じました。ピアノの音に透明感を求める人には、マッチする製品だと思います。音の色付けは、やり過ぎず、やらな過ぎずといった具合でバランスの取れたモデルですね。このバランスはお見事。

DAPなのか スマホなのか

 GRANBEATを使っていて感じたのは「これはどういう人にオススメすればいい製品だろう」という難しさでした。それは結局GRANBEATが「高音質スマホ」なのか「SIMスロット付きDAP」なのか、どっちとも言えないモデルだからだと思います。もちろん、スマホとDAPを1台にまとめたい人にはこれしかない製品なんですけどね。

 個人的にGRANBEATの魅力は「どこでも・いつでも・なんでも」高音質で楽しめる部分だと感じたので、やっぱりこれは音楽に特化したDAPというよりは、スマホなんだろうなと思います。そうなるとライバルは薄型の高音質スマホですかね。今のところ音質ならばスマホの中では圧倒的なので、やはり「スマホを高音質で楽しみたい人にオススメ」というのが正解な気がします。

 スマホとして見た場合に改善してもらいたい点を挙げると、ホールドをオンにするとスクリーン含め完全に操作できなくなってしまう点、ホーム画面でボリュームを回すと容易にサイレントモードが解除されてしまう点、動画を見た際にスピーカーの音が若干遅れている点があります。

 動画についてはファームで改善されると思うので、ぜひホールドはサイドの再生・曲送りボタンのみに適応できるようにしてもらいたいです。ボリュームについても着信音の音量は変更できない設定を選べると良いと思いました。

ONKYO GRANBEAT

今回は主にPinnacle P1をバランス化して使用しました。

総評

 最後は少し不満点を書いてしまいましたが、GRANBEATはスマホとDAPを高次元で融合した他にない魅力の製品だと思います。私のように音楽ストリーミングを愛する人間には、今のところ唯一無二、最高の機材であることは間違いありません。その愛ゆえに、細かいところが気になってしまったと受け取ってください。

 GRANBEATの音、特にバランス接続の音質はスマホとは比較できないクオリティーに仕上がっており、アウトドアで充分に楽しむことができました。またOTG出力を使ってDSDネイティブ再生やリアルタイムDSD変換、アップサンプリングもできるので、アンプと繋ぐ楽しさも持ち合わせています。

 スマホとして使うにはやや重いので、貧弱な私はTwitterなどを見ていると腕が疲れてしまうのですが、これを機に腕立て伏せをして身体を鍛え、GRANBEATを使いこなせる人間になりたいと思いました。そこまでしてもDAPとスマホを1台にできるという魅力はかけがえないものだと感じます。

 バランスイヤホンで、ゲームや動画、通話をしてみたい方には至極の1台でしょう!ただポケットに入れるには大きいのでキャリングケースはあったほうが良いかもしれません!あと、2.5mmプラグはポキッと折らないように要注意です!

関連記事

  1. 20150924144213 【レビュー】beyerdynamic DT1770 PROの音質…
  2. 20150722145722 【レビュー】HA-2のグランド分離の実力は?リケーブルで体験
  3. JVC SU-AX01 【レビュー】JVC SU-AX01 オーディオの面白さ凝縮した1…
  4. SU-AX01 【レビュー】SU-AX01で使える格安MMCXケーブル買いました…
  5. 20151117162508 【レビュー】DUNU TITAN 5 透明感が魅力のイヤホン
  6. Jaben GoVibe Vulcan+ 【寄稿】愛機紹介 Jaben GoVibe Vulcan+ 改造…
  7. SP540 【レビュー】KOSS SP540 低音と装着感が魅力!
  8. IMG_3986 2017年 1月現在 私が使っている機材を一挙に紹介

ピックアップ記事

  1. B&O Beoplay E8
  2. Fidue A85 VIRGO
  3. SIMGOT EN700 PRO
  4. Astrotec LYRA Classic
  5. OSTRY KC09
  6. HIFIMAN RE2000
  7. Unique Melody MACBETH II Classic
  8. acoustune HS1551 HS1501
  9. EN120
  10. NuForce HEM8(LTD)

おすすめ記事

Marshall Monitor Black 【寄稿レビュー】Marshall Monitor Black この音はまるでライブ! HIFIMAN SHANGRI-LA 【取材】594万円のヘッドホン HIFIMAN SHANGRI-LAの音 Mitchell and ​​Johnson GL2 【レビュー】Mitchell and ​​Johnson GL2 静電型がこの価格!? HIFIMAN HE1000 【レビュー】HIFIMAN HE1000はどれくらい鳴らしにくいのか HIFIMAN HE400S 【レビュー】HIFIMAN HE400S ポタで鳴らせる平面駆動型! HIFIMAN Edition S White 【レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort 【開封】YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 【開封】massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が到着!
PAGE TOP