ヘッドホンレビュー

【レビュー】HIFIMAN HE400S ポタで鳴らせる平面駆動型!

HIFIMAN HE400S

 ども。昨日は秋葉原でオフ会を開催しておりました。同じ趣味を持った方々に会えるのはとても嬉しく、このサイトをやっていて本当に良かったと思える瞬間です。次回はサイトで参加募集をしたいと思うので、興味があればぜひ参加してくださいね!

 さて、今回はオフ会でもそこそこ好評だったHIFIMANのヘッドホンHE400Sをレビューしたいと思います。前々からその存在は知っていたんですが「どうせHE400iの下位モデルでしょ…」と思って気にしていませんでした。

 ところがお借りして使ってみると、400iとはまた違った楽しみ方ができると判明。今回はそのあたりの魅力についてレビューしていきたいと思います!

HIFIMAN HE400S レビュー

HIFIMAN HE400S

外箱は上位モデルよりシンプル
だけどデカイ

HIFIMAN HE400S

内容物は本体とケーブル、変換プラグ

HIFIMAN HE400S

見た目は色の違う400iといった印象
20gほど軽いようです。

HIFIMAN HE400S

標準イヤーパッドはVelPadと呼ばれるパッド

HIFIMAN HE400S

付属ケーブル

 400Sの見た目は単にシルバーになった400iという感じで、サイズ的にもほぼ一緒です。重さは400Sの方が20gほど軽くなっていますが、装着するとほとんど変わらないように感じます。

 人間工学に基づいた装着感は400iと変わらず良好で、長い時間でも快適に使用できました。400SのイヤーパッドはVelPadという400iよりもグレードの落ちるパッドなのですが、タオル地のような柔らかな感触で個人的にはとても好みです。

 ケーブルは少し硬めで、こちらも400iより1グレードの下のランクのものになっています。400Sは確かに400iよりも1グレード下のヘッドホンと言えますが、実際に使ってみると不満が残るレベルの質感ではなく、価格から考えると充分に満足できるクオリティーになっていると感じました。

驚きの駆動しやすさ

 400Sは高い駆動力が必要と言われる「平面磁界ドライバー」を搭載しています。それにも関わらず驚異的な駆動のしやすさで、DAPや普通のポタアンで充分な音量を得ることができるのです。ここが400iとの1番の違いですね。DP-X1でもハイゲインのボリューム140くらいで充分大きな音がでます。

 400iはポータブル機で聴いていると「やっぱり据え置きアンプで聴きたいなぁ」と、つい思ってしまうのですが、400Sはポタアンでも12時くらいの音量で充分な駆動力を得られているように感じました。

HIFIMAN HE400S

MegaMiniとTU-HP02でも12時で充分な駆動力を得られる

明瞭なボーカルと明るいサウンド

 400Sはとても明るく楽しいサウンドをしています。平面磁界ドライバーらしく音のキレが良く、定位や奥行きの表現も同価格帯のダイナミックヘッドホンより1段上のレベルです。

 傾向としては特にミッドレンジの充実感が強く、ボーカルやギターがしっかり前に出てくるチューニングになっています。解像感が高いというよりは、ウォームで艶っぽい鳴り方。開放型だけあってスネアの音抜けなどはバッチリです。

 低域は400iと比べると重さはやや控えめで、軽やかに空気感を伝えるような鳴り方をします。腹に来る感じではないですね。不足感はなく、必要充分なレベルだと思いました。高域の伸びや解像感はさすがに上位モデルに譲りますが、刺さりは無く上手く鳴らせていると思います。

バランスで聴いてみる

 今回はお知り合いの方にSU-AX01で使えるバランスケーブルを作成して頂いたので、それを使って聴いてみます。

HIFIMAN HE400S

SU-AX01でバランス接続

 バランスにすると音の端々に凛とした透明感が加わり、低域に締まりが出ました。ボーカルはさらに前に出て迫力が増し、高域も多少華やいだ感じがします。全体に解像感が向上したような印象がありますね。これはなかなか良い…。

JPOPや邦楽ロックにピッタリ!

 ボーカル主体に適度な解像感と分析的すぎない分離感は、まさにJPOPや邦楽ロックなど歌モノとの相性が抜群です。宇多田ヒカルみたいな録音の良い楽曲ではその臨場感を伝えてくれますし、インディーな音源では音をバラバラにせず聞かせてくれます。録音のことをあまり考えさせず、素直に楽しく聞かせてくれるヘッドホンです。

総評

 HE400Sは平面磁界ドライバー搭載でありながら、ポータブル機器でも楽しめるレアなヤツ。4万円を切る価格でDAPでも楽しめる平面駆動ヘッドホンってなかなか無いですよね?

 ポータブル機器でJPOPやアニソン、ロックあたりを好んで聴く人であれば、価格と性能のバランスを考えても素直におすすめできる製品です。3〜4万円で自宅用のヘッドホンを考えている人にはぜひ候補に入れてほしいですね。

 そしてこれを買ってしまったが最後、行く行くはEdition Xという輝かしいゴールに向かって走っていってください。(私も追いかけます…。)ポタで鳴らせる貴重な平面駆動ヘッドホン。要チェックです!

HiFiMan HE-400S「フジヤエービック オンラインショップ」

関連記事

  1. Logitec LDV-PMH8U2R DP-X1ユーザー必見!PC無しでリッピングできるCDドライブ「…
  2. TU-HP01 【レビュー】冬にピッタリ!楽しい真空管ポタアン TU-HP01
  3. Polk Audio Buckle 【レビュー】Polk Audio Buckle 低音にうならされ…
  4. JVC HA-FX1100 【レビュー】JVC HA-FX1100をついに買いました
  5. Stadia ほぼ間違いなくGoogleのStadiaは失敗するね
  6. Carot One SUPER TITTA 【寄稿レビュー】Carot One SUPER TITTAのトリ…
  7. 20160106203415 【レビュー】JVC CLASS-S WOOD HA-SW01の音…
  8. rock zircon 【レビュー】ROCK Zirconの低音にやられた!

ピックアップ記事

  1. VASA BLÅ
  2. img_2484
  3. magaosi k3
  4. XELENTO REMOTE
  5. QE80
  6. SIMGOT EN700BASS
  7. erib-5a
  8. 20151214180748
  9. 20151127161457
  10. rock zircon

おすすめ記事

20151124122118 【レビュー】audio-technica ATH-WS1100 重低音と解像感のあいだ LYRA 【レビュー】Campfire Audio LYRA 1週間使った感想 IMG_1480 【レビュー】ADV.SOUND M4 歌モノ聴くならこれ! Edition X V2 【レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました iBasso Audio D14 【レビュー】iBasso Audio D14 1台で便利なポタアン
PAGE TOP