【開封】HIFIMAN HE400i&Edition Xが到着しました!

HIFIMAN HE400i Edition X

 げに恐ろしいヘッドホンが到着してしまいました。オーディオファイルの間では超有名なメーカーHIFIMAN。そこからヘッドバンクに送り込まれてきた刺客は「HE400i」と「Edition X」であります。

 最初は「今AmazonでHE400iがめっちゃ安いし、これはレビューするしかない!」と思ってHE400iだけお願いしたんですよ。ところが「ご一緒にEdition Xもいかがですか?」なんて、バーガーショップのポテトみたいに言われてしまったものだから、つい出来心でお願いしてしまいました。

 今回は2機種がどんなヘッドホンなのか見ていきます。音質については聴き込んでから改めてレビューしますので、しばしお待ちください!

開封の儀 HIFIMAN HE400i

外箱はシックな黒色。シンプルでカッコ良いですね。

外側を外してみると中には革張り箱が。かなり高級感のある箱になっています。

本体を取り出してみました。側面には型番が印字されています。

付属品はシンプル。ケーブルと標準プラグ変換。

 HE400からHE400iになり、ヘッドホン側に刺すプラグが2.5mmプラグになったので、リケーブルが簡単になりました。【訂正】HE400iも発売当時は独自規格のプラグで、2.5mmプラグになったのは発売後の仕様変更でした。訂正いたします。別途、バランスケーブルもオプションで用意されています。

 HE400iは音の歪みが少なくレスポンスが速いことで知られる「平面磁界式ドライバー」を使用したヘッドホン。平面磁界式は音質面では優れるものの、駆動するには大きな電力が必要なのが一般的です。HE400iはそのあたりの問題をクリアしているので、ポータブル機でも充分な音量を取ることができるようです。

 実際に試してみると、ポータブルアンプでも充分に音量を取ることができました。このあたりの詳細はまたレビュー記事で書きたいと思います!

開封の儀 HIFIMAN Edition X

外箱と化粧箱はHE400iとほぼ一緒です。

さっそく取り出してみました。

別アングルからもう1枚。

Edition Xは3.5mmプラグと標準プラグ、2本のケーブルが付属しています。

 Edition XはHIFIMANのフラグシップ「HE1000」に次ぐハイエンドヘッドホン。もちろん平面磁界式です。低感度ゆえアンプを必要とするHE1000と比較すると、Edition Xは驚異的な高感度になっており、スマートフォンでも音量を取ることができます。

 HE400iと比較してもEdition Xの感度は優れていて、音量の取りやすさではEdition Xが上回っていました。(価格もだいぶ上回っていますが)

 ポータブルで鳴るハイエンドヘッドホンとしては、最上位クラスと言って良いのではないでしょうか。ちょっと聴いただけですが、このヘッドホンは凄いですね…。レビューはもうしばらくお待ち下さい。

 ということで、次回の実機レビューはHIFIMAN HE400iをお送りしたいと思います。今週中にはアップしたいと思っておりますので、どうぞお楽しみにしてください!!