ヘッドホンレビュー

【開封】HIFIMAN HE400i&Edition Xが到着しました!

HIFIMAN HE400i Edition X

 げに恐ろしいヘッドホンが到着してしまいました。オーディオファイルの間では超有名なメーカーHIFIMAN。そこからヘッドバンクに送り込まれてきた刺客は「HE400i」と「Edition X」であります。

 最初は「今AmazonでHE400iがめっちゃ安いし、これはレビューするしかない!」と思ってHE400iだけお願いしたんですよ。ところが「ご一緒にEdition Xもいかがですか?」なんて、バーガーショップのポテトみたいに言われてしまったものだから、つい出来心でお願いしてしまいました。

 今回は2機種がどんなヘッドホンなのか見ていきます。音質については聴き込んでから改めてレビューしますので、しばしお待ちください!

開封の儀 HIFIMAN HE400i

外箱はシックな黒色。シンプルでカッコ良いですね。

外側を外してみると中には革張り箱が。かなり高級感のある箱になっています。

本体を取り出してみました。側面には型番が印字されています。

付属品はシンプル。ケーブルと標準プラグ変換。

 HE400からHE400iになり、ヘッドホン側に刺すプラグが2.5mmプラグになったので、リケーブルが簡単になりました。【訂正】HE400iも発売当時は独自規格のプラグで、2.5mmプラグになったのは発売後の仕様変更でした。訂正いたします。別途、バランスケーブルもオプションで用意されています。

 HE400iは音の歪みが少なくレスポンスが速いことで知られる「平面磁界式ドライバー」を使用したヘッドホン。平面磁界式は音質面では優れるものの、駆動するには大きな電力が必要なのが一般的です。HE400iはそのあたりの問題をクリアしているので、ポータブル機でも充分な音量を取ることができるようです。

 実際に試してみると、ポータブルアンプでも充分に音量を取ることができました。このあたりの詳細はまたレビュー記事で書きたいと思います!

開封の儀 HIFIMAN Edition X

外箱と化粧箱はHE400iとほぼ一緒です。

さっそく取り出してみました。

別アングルからもう1枚。

Edition Xは3.5mmプラグと標準プラグ、2本のケーブルが付属しています。

 Edition XはHIFIMANのフラグシップ「HE1000」に次ぐハイエンドヘッドホン。もちろん平面磁界式です。低感度ゆえアンプを必要とするHE1000と比較すると、Edition Xは驚異的な高感度になっており、スマートフォンでも音量を取ることができます。

 HE400iと比較してもEdition Xの感度は優れていて、音量の取りやすさではEdition Xが上回っていました。(価格もだいぶ上回っていますが)

 ポータブルで鳴るハイエンドヘッドホンとしては、最上位クラスと言って良いのではないでしょうか。ちょっと聴いただけですが、このヘッドホンは凄いですね…。レビューはもうしばらくお待ち下さい。

 ということで、次回の実機レビューはHIFIMAN HE400iをお送りしたいと思います。今週中にはアップしたいと思っておりますので、どうぞお楽しみにしてください!!

関連記事

  1. N60NC 【レビュー】AKGの新シリーズ N60NCの音質をチェック
  2. Fire TV Stick NEW 【レビュー】Fire TV Stick NEWモデルはテレビ離れ…
  3. 20160118181721 【レビュー】ONKYO E700M&H500M 派手さに頼らない…
  4. ath-a2000Z 【レビュー】audio-technica ATH-A2000Zの…
  5. final F7200 F4100 F3100 【レビュー】final F7200 F4100 F3100を聴き…
  6. ER4SR 【レビュー】Etymotic Research ER4SRとER…
  7. Andromeda-Cover-1024x620 【レビュー】Campfire Audio ANDROMEDA 今…
  8. 20150815191504 【レビュー】J-phonic k2 m2はずっと聴いてたい音

DAP&アンプレビュー

HIFIMAN SuperMini 【レビュー】HIFIMAN SuperMini 小さいのに驚きの高音質! IMG_0684 PlayStation Vitaをヘッドホンアンプで高音質化してみた TU-HP01 【レビュー】冬にピッタリ!楽しい真空管ポタアン TU-HP01 iBasso Audio D14 【レビュー】iBasso Audio D14 1台で便利なポタアン XD-05 【レビュー】xDuoo XD-05 アンプの楽しさあふれる1台 HA-P5 【レビュー】TEAC HA-P5 日本人好みのサウンド isai beat LGV34 【レビュー】isai Beat LGV34「Quad DAC」の実力は? X3 2nd&TU-HP02 【レビュー】FiiO X3 2nd&TU-HP02は至極の組み合わせ Aune B1 LTD 【レビュー】Aune B1 LTD 艷やかで滑らかなハイグレードアンプ iFi Audio iEMatch iSilencer3.0 【レビュー】さらばノイズ! iFi Audio iEMatchとiSilencer3.0の実力は?

イヤホンレビュー

HIFIMAN RE2000 【レビュー】HIFIMAN RE2000 唯一無二のダイナミックイヤホン PW Audio 【レビュー】PW AUDIO No.5 JP ver.とThe Flashを聴き比べ! 20151117162508 【レビュー】DUNU TITAN 5 透明感が魅力のイヤホン CHORD&MAJOR Electronic Music-Major01'16 【レビュー】CHORD&MAJOR Electronic Music Major01’16 SIMGOT EN700 PRO 【レビュー】SIMGOT EN700 PRO カスタムユーザーはサブ機にいかが? vega2 【レビュー】Campfire Audio VEGA&LYRA IIを聴き比べ! DN-2002 【レビュー】DUNU DN-2002 渾身のフラグシップを試す acoustune HS1551 HS1501 【レビュー】acoustune HS1551 HS1501 圧巻のサウンドスケール! Pai audio 【レビュー】Pai audio PAI-FLAT PAI-DR1 PAI-MR3 一挙紹介 HIFIMAN RE2000 【レビュー】HIFIMAN RE2000とRE800を聴いてきました

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン

















最新記事

  1. TU-HP03
  2. IMG_6083
  3. Award2017
  4. nano iDSD Black Label
PAGE TOP