【取材】594万円のヘッドホン HIFIMAN SHANGRI-LAの音

HIFIMAN SHANGRI-LA

 やぁ、どうも。親愛なる読者諸兄は、もし600万円が手元に転がり込んできたらどうしますか?

 こんな辺境の地のそのまた最果てみたいなサイトを読んでいる貴方ならきっと、高級DAPを全て揃えた上でカスタムIEMを20個くらい注文してくれると信じています。貯金なんてしませんよね?

 そういう「欲しいもの全買いタイプ」の散財も魅力的ですが、ここはドカンと1発、ヘッドホンシステムを買うというのはどうでしょう?今回はそんな夢みたいなお話です。

 HIFIMANが発表し話題となった究極のヘッドホンシステム SHANGRI-LA。ついに日本でも受注が開始されたのですが、そのお値段はなんと594万円(税込)という狂気に満ちた価格。普段2〜3万円のイヤホンを買うか否か、イジイジ迷っている私には縁遠い世界の話です。

 今回はそんなSHANGRI-LAをじっくり聴かせて頂ける機会を頂いたので、一体どんな音なのか、その実態についてご紹介できればと思います。

HIFIMAN SHANGRI-LA

HIFIMAN SHANGRI-LA
SHANGRI-LAは真空管アンプと静電型ヘッドホンを組み合わせたシステム
HIFIMAN SHANGRI-LA
カスタムメイドよる4つの300B真空管が使われています
真空管ってなぜロマンを感じるんでしょう
真空管ってなぜロマンを感じるんでしょう
HIFIMAN SHANGRI-LA
ヘッドホンは静電タイプのみ使用可能
HIFIMAN SHANGRI-LA
アンプ背面
2種類のアナログ入力があるのみ
HIFIMAN SHANGRI-LA
バランス入力とAUX IN
HIFIMAN SHANGRI-LA
こちらがヘッドホン
HIFIMAN SHANGRI-LA
プラグはSTAXなどの静電型ヘッドホンと同じに見えます
HIFIMAN SHANGRI-LA
静電型なので、いつもの平面振動板ではないですね
HIFIMAN SHANGRI-LA
形状はHE1000などを踏襲しています
HIFIMAN SHANGRI-LA
ウッドを用いた美しいデザイン

 SHANGRI-LAは、アナログ真空管アンプと静電型ヘッドホンで構成された製品。互いが互いのために専用設計された、まさに究極のサウンドを実現するためのシステムですね。

 アンプの方は16kgほど重量があり、バッテリーは搭載されていませんので、残念ながらポータブルすることはできません。(たぶんね、たぶん)

 またアンプにはアナログのバランス入力とAUXがあるのみで、DACやスピーカーOUTなどは搭載されていないのも特徴的です。純粋にヘッドホンを鳴らすため開発されたアンプ。なんという贅沢でしょうか。

 SHANGRI-LA最大の特徴はカスタムメイドの300B真空管と、それを活かしたアンプ設計にあります。300B真空管が採用に至った理由は「最高の透明感を生み出すため」とのことですが、そのためにさらにもうひと工夫されています。

 その工夫とは、真空管とヘッドホンの間にコンデンサーや変圧器を一切使っていないこと。つまり、真空管が直接ヘッドホンを駆動する場所として機能しているんですね。SHANGRI-LAは300B真空管の音を直接聴くことができるシステムなんです!

 ということで、さっそくその300B真空管の音というのを体験してみました!

その全てがケタ違い

 SHANGRI-LAでじっくり色々な音源を聴かせて頂いたのですが、もうどこから何を話せば良いのか…。ただただ驚くしかありませんでした。

 可能な限り分かりやすく言うと「耳元がライブ状態」ですね。小人さんたちが集まってきて、私の耳元でライブを開催しているようです。私の耳はコンサートホールになりました。

 真空管だからウォーム?マイルド?いいえ、音の1つ1つ、その全てが圧倒的に鮮烈です。まるで泳いでるマグロにまたがって、そのまま背中にかぶりついたような鮮度の高さ。生です。生演奏。

 あらゆる音が聴こえるのに、何ひとつゴチャゴチャとした感じがありません。全てが一体となり、輝きを放っています。鮮やかで眩しいサウンドです。

 そこで1つのことに気づきました。「そうか。だからSHANGRI-LAなんだ。」

 シャングリラとは、小説に登場する理想郷(ユートピア)の名前。SHANGRI-LAの輝かしいサウンドは、まさに理想郷といっても過言ではありません。

 美しさに息を呑み、心奪われる、全てが眩しい音の理想郷。

 あらゆる音はあるべき場所に配置され、理想郷の「秩序」の下にあるようにすら感じられます。

 全てが非現実、夢世界のようでありながら、どこか懐かしさもある不思議な感覚。この懐かしさは真空管のおかげでしょうか。

 オケと完全に分離したボーカルは、まるで浮かび上がるように聴こえます。こんな聞こえ方は味わったことがありませんでした。これがより一層のライブ感を生み出しているように感じられます。

 中でも特に素晴らしかったのがシンバル系の鳴り方。驚くほど鮮やかで、鳴る度に花火が打ち上がるようです。ここはシンデレラ城か。

 大小さまざまな花火が見えるのは、音のダイナミクス表現に優れているからですね。小さい音は小さく、大きな音は大きく聴こえます。当たり前のことですが、これがなかなか難しい。

 優れたダイナミクスによって、音はとても生き生き伸びやかに聞こえます。生命力に溢れた有機的なサウンド。音場は広大でありながら、Edition Xのような独特の孤独感はありません。理想郷に孤独は必要ないのです。

 たぶん、読者諸兄は私が何を言ってるか分からないと思います。頭がおかしくなったか、新手の勧誘に捕まったんだろうと思ったかもしれません。

 まぁそれくらいSHANGRI-LAのサウンドは強烈で衝撃的でした。繊細で力強く、輝かしい音。理想郷に流れる音。

HIFIMAN SHANGRI-LA

1つの到達点

 今までの経験上「まるで演奏してるみたいだ」と思ったヘッドホンやイヤホンはいくつかありました。しかし、「これはライブじゃん」と思わされたのは、このSHANGRI-LAが初めてでしたね。

 個人的にはステレオヘッドホンで表現できる世界の限界、ある種の到達点を感じさせてもらいました。これは単にSHANGRI-LAの価格が高いから言っている話ではなく、本当に音を聴いてそう思いました。

 Wikiによれば「シャングリラに住む人々は普通の人々よりはるかに長生きし、老いる速さは非常に遅い。」のだそうです。なるほど、私もSHANGRI-LAと向き合っている間は自然と目をつぶり、時間を忘れて音楽に没頭してしまいました。これを聴いている間だけは、私も理想郷の住人になれたのかもしれません。

 SHANGRI-LAはヘッドホンリスニングと人類の知覚の限界に迫った製品と言えます。まぁここまで来たら、高いとか安いとか、買うとか買わないとか、そういう話をするだけ野暮というものでしょう。この極まったサウンドは、機会があればぜひ聴いてみるべきだと思いました!よし、まずは宝クジ売り場に行こうっと!

私がいつか欲しいヘッドホンはこれ!