【イベントレポ】春のヘッドフォン祭2016に行ってきました!

春のヘッドフォン祭2016

 今回もしっかり行って参りました!春のヘッドフォン祭2016!いやー、まさにお祭りという言葉がぴったりとくる賑やかな展示会になっていましたね。さっそく聴いてきたものを写真を中心に紹介したいと思います。トップ画像は、ウルトラゾーンでお馴染みのとっきーさん。今日も可愛かった…。

AROMA

IMG_1384

IMG_1385

 AROMAの新作イヤホン Witch Girl S&Witch Girl Pro。両機種ともカスタムIEMのような滑らかなハウジングで、装着感は良好でした。5BAのSはとても聴きやすく、2DD+4BAのProは低域の表現が少し変わっていて面白かったです。発売になったらどちらももっと聴いてみたいですね。

Obravo

Obravo

 Obravoには未発売の謎イヤホン。後ろがもっこりしております。お値段は聞かない方がいいくらい高いですが、音は絶対聴いた方がいいくらい素敵。明日行く人はぜひ。

HIFIMAN

HIFIMAN Super Mini
HIFIMAN Edition S

 HIFIMANの小さいDAP、Super Miniとポータブルヘッドホン Edition S。Super Miniの音は試せませんでしたが、かなり小さく薄いのでサブに欲しくなりました。このサイズでグランド分離できるのも◎。Edition Sはリケーブル版を聴かせてもらいましたが、かなりイケてる音質!価格も3万円以内を予定しているそうなので、これは期待できますね。

FOSTEX

FOSTEX TE100

 FOSTEXではカスタムIEM FitEar Airのユニバーサル版、TE100を試聴。Airの音はうろ覚えですが近いものを感じつつ、低域はやや制動の効いた表現になっていたように思います。音質はさすがのクオリティー。オンリーワンな魅力あふれるイヤホンでした。

KENNERTON

KENNERTON

 おそロシアなFischer Audioのプレミアムブランド KENNERTON。4つのイヤホンが展示されていましたが、どれもそれぞれに特徴があって面白いサウンドになっていました。パッケージがまたカッコいいですね。発売が楽しみ!

Campfire Audio

Campfire Audio ANDROMEDA

 Campfire Audioの新製品で気に入ったのはANDROMEDA。Jupiterよりもさらに細部を極め、バランスが良くなったサウンドはもはや死角無しといった感じですね。見た目にも美しいグリーンのカラーはホントに素敵でした。

Audio Design

Audio Design

 Audio Designには謎のバランスアンプが。DACは普通ポータブルアンプには使わないESS9018S、オペアンプには最新のOPA-1622を使用しているという超豪華な仕様。入力は2.5mm 4極と角形光、出力は2.5mm 4極というバランス to バランスなアンプになっています。用意されていたSE215で試聴したんですが「これがSE215?」と疑いたくなるサウンド。残念ながらちょっとお高いらしいですが、発売が楽しみなアンプです。

けいおん!

けいおん!AK100Ⅱ
IMG_1443

 台の上で回転している「けいおん!AK100Ⅱ」をビタ押しで撮影しました。平沢憂ちゃん推しなので残念ながらこれは買いませんが、塗装の質感は高く、ファンも納得の出来栄えになっていると思いました。平沢憂ちゃん推しなので買いませんけどね。

EAR NiNE

EAR NiNE

 最後に、今回のイチオシがこちらのEAR NiNE。「自社開発BA」というソニー以来めっきり聞かなくなった武器を持って参入してきた風雲児です。1BAと2BAというシンプルな2つのイヤホンが展示されていましたが、これが驚くほど良い音。今後間違いなく注目されると思うので、要チェックです!

 ということで、春のヘッドフォン祭2016のレポートをお送りしました。最後は音を聴く時間がなかったけど写真だけ撮影した目玉製品の画像を貼っておきます!

SENNHEISER HE1

SENNHEISER HE1

SENNHEISER HE1

ULTRASONE Tribute7

ULTRASONE Tribute7

AK300

AK300

AK300

 それではまた次回のイベントを楽しみに待ちましょう!
 最後までご覧いただきありがとうございました!