イヤホンレビュー

【実機レビュー】acoustune HS1004 新たな名機の誕生

Acoustune HS1004

 今回はHS1005のレビューに引き続いて、acoutune HS1004のレビューをお届けしたいと思います。HS1005は2.5mm4極プラグになっており、DP-X1と相性抜群だと紹介しました。HS1004はと言うと、これがまた素晴らしいチューニングになっていて、イヤホン好きならぜひ手にとって欲しい1台に仕上がっておりました。さっそく紹介したいと思います!

acoustune HS1004 レビュー

パッケージ&外観チェック

acoustune HS1004

今作から外箱めっちゃかっこ良くなってます。

同梱物は本体の2段フランジ&SpinFitイヤーピース、耳かけフック、ケース。 ケースは今までのモデルのものよりひと回り大きくなっていました。

同梱物は本体の他、2段フランジ&SpinFitイヤーピース、耳かけフック、ケース。
ケースは今までのモデルのものよりひと回り大きくなっていました。

 HS1004からはパッケージデザインも大きく見直され、より高級感が増した印象を受けました。外箱なんて一回開けたらほとんど用は無いんですが(むしろ邪魔)、やっぱり最初に開ける瞬間の期待感って大切ですよね。ブラックになった本体に合わせた黒いパッケージは、なかなかかっこ良いと思います。

質感と装着感

 本体の素材はHS1005と同じく、100%アルミCNC切削ハウジングになっており軽量で丈夫です。ハウジング同士がぶつかると「カチッ」という小気味良い音がします。

 装着感もとても良好で、長時間の使用も問題ありませんでした。HS1004はストレート装着した際にハウジングのロゴ(音符マーク)が正位置にくるようになっています。なので耳かけをするとロゴが逆さまになってしまいますが、恐らく誰も見ていないので問題ありません。

 ケーブルは布巻で扱いやすく、運用面でストレスになる部分は無いと言って良いと思います。

高解像とダイナミックらしさを持ち合わせた音

 以前レビューをしたHS1003やHS1005は”まるでBAのような”という表現が似合う、とてもタイトでクールな鳴り方をするイヤホンでした。HS1004はそこを出発点に中低域を重視したチューニングになっており、先の機種と比較するとダイナミックらしい空気感を感じる音像になっています。

 とはいえ決してウォーム寄りに振り切っているわけではなく、解像感との間で絶妙なバランスが築かれていると感じました。この「高い解像感は残しつつも量感のある中低域」というのが本機の魅力の1つだと思います。この見事さは、イヤホンが好きで色々な製品を聴いたことがある人ほど分かる部分ではないでしょうか。

 サウンドバランスに目を向けると、HS1003が中高域寄りのチューンだったこともあり、HS1004は非常にバランスのとれた音のように感じます。高域はacoustuneの特長とも言える、付帯音の少ない硬質な鳴り方。中域はスネアの弾け方がとても良く、ボーカルにも生き生きとした感じが加わりました。低域は主張を強めながらもルーズにはなっていません。全体としてはメリハリが効いていて、ポップスやロック向けのチューンだと思います。

 個人的にHS1004の良さは中域の充実ぶりだと思うのですが、聴く人によっては高域が良いという方や低域が良いという方もいるかもしれません。それくらいそれぞれの音に特長があるように感じられました。

acoustune HS1004

最大の魅力は音場にあり

 そんなわけで音のバランスがとても良いHS1004ですが、その最大の魅力は「広い音場」にあると思っています。これはHS1004に限ったものではなく、acoustuneのイヤホン全てに通じる魅力なのですが、とにかく音場感と定位に優れているんですね。

 特に左右方向の音場の広さは目を見張るものがあり、何気なく音楽を聴いていると「横で何か音がした!?」と勘違いして、思わずその方向を見てしまうほど。この性能には本当に価格帯を超えたものを感じました。

総評

 acoustuneは設立からそう長くはないベンチャー企業で、これまで良い意味で尖ったイヤホンを出されてきました。しかし、ここへきていよいよ傑作が誕生したように思います。HS1004で聴く音楽は音が空間に散りばめられたような清々しさがあり、やや熱のこもった中低域もとても心地よいです。久しぶりに時間を忘れて音楽に浸ることができました。

 ロックやポップスを中心に幅広いジャンルに対応できるので、耳の肥えた方はもちろん、高価なイヤホンの最初の1台としても最適だと思います。昨今の派手な見た目の高級イヤホンからするとやや地味な印象の本機ですが、きっと使うほどに良さを感じ、愛着がわいてくることでしょう。文句なくおすすめです!

Acoustune HS1004 Black
Acoustune HS1004 Black
posted with amazlet at 16.07.07
Acoustune
売り上げランキング: 224,114

関連記事

  1. Fidelio NC1 【試聴レビュー】PHILIPS Fidelio NC1を聴いてき…
  2. Pai audio 【実機レビュー】Pai audio PAI-FLAT PAI-D…
  3. IMG_1595 【実機レビュー】HIFIMAN Edition S 必聴のHiF…
  4. 31MNSHyAqHL 【試聴レビュー】ソニー MDR-EX750NA ノイズキャンセリ…
  5. LYRA 【実機レビュー】Campfire Audio LYRA 1週間使…
  6. TFZ SERIES 1S TFZ SERIES 1S「My Love ver」が到着しまし…
  7. 20151117162508 【実機レビュー】DUNU TITAN 5 透明感が魅力のイヤホン…
  8. XD-05 【実機レビュー】xDuoo XD-05 アンプの楽しさあふれる1…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着ヘッドホンレビュー

HIFIMAN Edition S White 【実機レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【実機レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【試聴レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! moshi avanti 【実機レビュー】moshi avanti 洗練されたデザインとサウンド IMG_1595 【実機レビュー】HIFIMAN Edition S 必聴のHiFiサウンド zoro2 wireless 【実機レビュー】noontec ZORO Ⅱ wireless の音質は? HA-MX100-Z 【実機レビュー】HA-MX100-Zに感じたVICTOR STUDIOの本気 SONOROUSⅢ 【実機レビュー】final SONOROUS III 使って分かった魅力

最新イヤホンレビュー

astrotec AM850 【実機レビュー】Astrotec AM850 メタルとウッドの良いトコ取り! magaosi k3 【実機レビュー】magaosi k3 中華ハイブリッドに新星の予感 RHA CL1 CL750 DACAMP L1 【実機レビュー】RHA CL1 CL750 DACAMP L1 オーディオファン必聴の快作 chord and major 【実機レビュー】Chord&Major 4製品を一挙に聴き比べ! vega2 【試聴レビュー】Campfire Audio VEGA&LYRA IIを聴き比べ! 64audio U4-SE 【実機レビュー】64audio U4-SE この低音は中毒性高し! massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! final F7200 F4100 F3100 【実機レビュー】final F7200 F4100 F3100を聴き比べ! img_2484 JVC新製品 HA-FW01 02 03&SU-AX01聴いてきました PW Audio 【レビュー】PW AUDIO No.5 JP ver.とThe Flashを聴き比べ!

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン















最新記事

  1. astrotec AM850
  2. audioquest DragonFly red
  3. 告知
  4. IMG_3986
PAGE TOP