【レビュー】さらばノイズ! iFi Audio iEMatchとiSilencer3.0の実力は?

iFi Audio iEMatch iSilencer3.0

 発表されてからずっと気になっていた iFi AudioのiEMatchとiSilencer3.0を購入したので、今回はそのレビューをしたいと思います。

 iEMatchは機器から発せられるヒスノイズ(ホワイトノイズ)を除去してくれるアダプターです。ヒスノイズというのは、感度の高いイヤホンをアンプなどに繋ぐと聴こえる「サー」という音ですね。静かな曲なんかを聴く時に結構気になるヤツです。

 愛用しているANDROMEDAはこのヒスノイズをかなり拾ってくれるので、アンプによっては聞くに耐えない音になります。以前それを何とかしようと、抵抗入りのプラグを買ってみたりしたんですが、ノイズは消えるものの音質の劣化が気になってしまいました。iEMatchはそんな問題を解決してくれる、まさに私が待ち望んでいた製品なのです。

 そしてもう1つはiSilencer3.0。これはアクティブノイズキャンセル技術でUSBのジッターとパケットエラーを低減させ、最適な信号伝送を可能にするもの。USBポートとケーブルの間に挟んで使うのが一般的ですが、空いているUSBポートに挿しても効果があるようです。(通常USBポートはすべて1つのバスパワーを共同で使っているため)

 ということで両機種とも効果のほどを見ていきましょう!

iFi Audio iEMatch レビュー

iFi Audio iEMatch
本体の他、キャリングポーチと耳栓、航空機用のアダプタが入っています。
iFi Audio iEMatch
本体はこんな感じ。
2箇所にスイッチがあります。
iFi Audio iEMatch
プラグ側にはシングル接続とバランス接続の切替スイッチ。
iEMatchは3.5mm4極バランスに対応しています。

iFi Audio iEMatch
こちらはイヤホン感度の切替スイッチ。
Highでもノイズが気になる場合はUltraにします。
 

SuperMiniで聴いてみた

iFi Audio iEMatch 
 HIFIMANのSuperMiniとANDROMEDAの組み合わせにiEMatchを使ってみました。SuperMiniの音はとても好みなんですが、ANDROMEDAで使うとヒスノイズがちょっと気になります。

 で、さっそく使ってみました。すると何ということでしょう!ノイズが完璧に消えているではありませんか。SuperMiniのノーマル側への接続であれば、iEMatchのHigh設定でほぼ無音になります。(ボリュームは5くらい下がった印象)

 また音質についてですが、同じ曲を聴き比べても気になるレベルでは劣化を感じとれませんでした。(もちろん接続の仕組み上、劣化は免れないと思いますけど…)それよりもノイズが無くなってクリアに聴こえるメリットが勝っていると思いますね。

 もう1つ、ANDROMEDAでは大きなノイズが出てしまう真空管アンプ TU-HP01も、感度をUltraにすれば超絶クリアサウンドになりました。Ultraでもボリュームは11時くらいで充分です。(DP-X1との接続)丁度良い位置ですね。これは個人的にリスニング革命レベルの出来事でした!ANDROMEDAでも真空管アンプが使えるなんて!

 ということでiEMatchは大正解の買い物でした!次はiSilencer3.0を見てみましょう。

iFi Audio iSilencer3.0

iFi Audio iSilencer3.0
こちらは付属品は無し
iFi Audio iSilencer3.0
どこからどう見ても

iFi Audio iSilencer3.0
ただの変換プラグ
 

見よ!これがポータブルオーディオだ!

さよならポータビリティ。
さよならポータビリティ。
 

 ということでまだレビュー投稿前ではありますが、JVC SU-AX01に全てを注ぎ込んでみました。モバイルバッテリーがくっついてるのは、SU-AX01をハイインテンシティモード(外部電源による高音質モード)に入れるためです。

 さあこの環境でiSilencer3.0有り無しを聴き比べてみます。読者諸兄の皆さまはどんな結果を想像されるでしょうか?結論から言いまして、音は「激変」しました。よく聴き比べたら〜とかそういうレベルじゃありません。めっちゃめちゃ良くなりました。

 iSilencer3.0が有るのと無いのとでは、音の質感がまるで違います。iSilencer3.0を使った場合、よりクリアに、立体的に、弾むようなサウンドに変わります。最適な信号伝送をするとこんな凄いことになるんですね。もうこれ無しではダメな身体になってしまいました…。DP-X1とデジタル接続するよりも、こちらの方が好みな音をしています。

 USBポートならどこでも挟めるようなので、これからも色々な場所で活躍してくれそうですね。これと似た製品はいくつかあるようなので、機会があれば聴き比べもしてみたいと思いました!

総評

 試聴どころか実物すら見ることなく突撃した製品でしたが、結果的には大満足な買い物となりました。特にiEMatchに関しては、高感度イヤホンを持っている方はほとんど必須アイテムではないでしょうか。オーディオはノイズとの戦いですからね。使う場面は多いと思いますし、使える製品の幅を増やしてくれるアイテムだと思います。

 iSilencer3.0はPCにDACを繋いで音楽を聴く方はもちろん、iOSデバイスとアンプを組み合わせて使っている方(例えばHA-2SEやXD-05)にもかなりオススメです。

「あ、HEAD Bankもオカルトに逝ってしまったか…南無。」と思った方もいるかもしれませんが、試してもらえば「マジかよ!」となること間違いありません。結果にコミットするダイエットばりに変わります!

 ということでiFi Audioの新しいアクセサリー2機種のレビューでした。どっちもほんとにオススメです!オーディオをより楽しませてくれるアイテムなので、機会があればぜひ一度手にとってみてくださいね〜!

P.S
SU-AX01のレビューはもう少し待ってください〜!

JVC  ポータブルヘッドホンアンプ ハイレゾ音源対応 SU-AX01
JVCケンウッド (2016-11-18)
売り上げランキング: 99,602

【新製品】HIFIMAN SuperMini【高駆動力、最高の解像度】 | イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホン

HiFiMAN SuperMini「フジヤエービック オンラインショップ」