名曲『君をのせて』world’s end girlfriendアレンジがカッコ良すぎる

51tBEH6gUZL

バルス!
あ、急にすいません。この間のロードショーでツイートしなかったのでつい。
みなさんは先日のラピュタでバルスって言いましたか?

ネットの内輪で盛り上がっていたところに「さぁ、ラピュタを見てバルスしよう!」みたい感じで言われると急激に冷めるのってなぜなんでしょうね?
ニコニコ動画のノリがテレビで取り上げられた時の寒さに似てる気がします。

そう感じたのは私だけではないようで、結果的に今回のバルスは前回よりも盛り下がってしまったとのこと。ネット好きって基本的には天邪鬼ってことなんでしょうか。

そんな具合でSNSがきっかけとなり、地上波放送でも人気の衰えない天空の城ラピュタ。個人的にジブリ作品は『もののけ姫』が1番好きなのでラピュタは2番目なのですが、音楽に関して言うとラピュタがぶっちぎりで1番好きです。

特に名曲「君をのせて」の素晴らしさは言うに及ばないでしょう。壮大なメロディー展開や詞の世界観、どれをとってもラピュタという壮大な物語を締めくくるのに相応しい1曲だと思います。

実はこの曲、かのworld’s end girlfriendがキラキラジブリというオムニバスCDでアレンジをしているんですね。そのアレンジのライブ映像が公開されたので、ぜひ観てほしいです。

いやー、この展開力。やられますね。しかも曲の後半ではまさかのナウシカが…。
原曲に対するリスペクトと大胆なアレンジが共存しているのが素晴らしいです。
気になった人はぜひCD音源も聴いてみてください!

あー、私も冒険に出かけたいなぁ。
とりあえず食パンに目玉焼きを乗せて食べることにします。

これがホントの「黄身をのせて」

オチもついたところで、今日はこのへんで。