イヤホン

約40万円の怪物イヤホン SHURE KSE1500が抱える誤算

4187eZLCYLL

今年最初に発売する高級イヤホンは、もしかしたら今年最も高価なイヤホンになるかもしれませんね。
話題のSHURE KSE1500がいよいよ発売になります。

予約価格はAmazonで388,800円(ポイント10%)。約40万円とは…いやはやとんでもないイヤホンですわ。
Twitterの反応も「価格が高すぎる」「欲しいけど買えない」といったものが多いようですが、中には購入を決意されてる方もいたりして驚かされます。

約40万円という価格は、ユニバーサルイヤホンの枠組みでは比べられる機種が存在せず、高額なカスタムIEMで有名なJH Audio Laylaカスタム(約35万円)よりも高いという有様です。

比較できる機種が無いということは、KSE1500を聴いてみてどんなに良い音であったとしても、相対的にその価値を測ることはできないということなんですよね。
当然ながらレビューなんかも難しい機種ということになります。いくら「音がいい!」と騒いだって「40万円なんだから当たり前でしょ?」と言われたらおしまいですからねー。

まぁここまで高価なイヤホンを買う人であれば他と比べてどうこうというよりも、単純にSHUREが好きであるとか、KSE1500の音に惚れ込んでいるというパターンですよね。比較なんてそもそも必要ないのだと思います。

ただKSE1500は開発に8年を費やしたとのことで、その間の市場の変化にはSHUREといえど少なからず誤算があったのではないでしょうか。

その誤算とは「カスタムIEM」の存在です。

8年前にはまだまだ小さかったカスタムIEMの市場も、ここ数年で飛躍的にその規模を拡大してきました。このことによって、「40万円出すならカスタム買うね」という人がかなり増えているような気がしています。

カスタムIEMの優位性が装着感だけならまだしも、Just earなら約34万円で音質のカスタムまで行っています。そうするといよいよKSE1500の優位性というものも危うくなるような気がするのです。

とはいえコンデンサー型の密閉イヤホンなんて他にはありません。ヘッドフォン祭で試聴した際に感じた「ローからハイまで全域に渡る高い解像感」は衝撃的であったこともまた事実です。

ともかくKSE1500という機種はユーザーに受け入れられるのか、そして今後のイヤホン市場にどのような影響を与えるのか。いろいろな意味で面白い機種であることは間違いないと思うのです。(もちろん40万円はちょっと買えないけどね)

とりあえずもう1度聴いてみたいなぁ。

関連記事

  1. lgv34_detail_03 カメラ強化はもう限界?スマホの進化は「高音質」へ
  2. IMG_0831 【すぎやまのラーメン聴こう 第3回】蒲田 らーめん潤
  3. SONOROUS Ⅲ final SONOROUS Ⅲ 美しきヘッドホンが我が家に
  4. 親父さん/家/自動車/カルピス
  5. AK70_02 AK Jr後継機 AK70 & AK T8iE MkII によせ…
  6. main_hpnhl11 増えるLightning対応イヤホン 今後の主流になるか?
  7. 2016award 2016年 おすすめのイヤホンはどれか?【第1回HEAD Ban…
  8. ATH-AD500X 【初心者向け】1万円で買えるオススメのヘッドホン&選び方

ピックアップ記事

  1. B&O Beoplay E8
  2. Fidue A85 VIRGO
  3. SIMGOT EN700 PRO
  4. Astrotec LYRA Classic
  5. OSTRY KC09
  6. HIFIMAN RE2000
  7. Unique Melody MACBETH II Classic
  8. acoustune HS1551 HS1501
  9. EN120
  10. NuForce HEM8(LTD)

おすすめ記事

Marshall Monitor Black 【寄稿レビュー】Marshall Monitor Black この音はまるでライブ! HIFIMAN SHANGRI-LA 【取材】594万円のヘッドホン HIFIMAN SHANGRI-LAの音 Mitchell and ​​Johnson GL2 【レビュー】Mitchell and ​​Johnson GL2 静電型がこの価格!? HIFIMAN HE1000 【レビュー】HIFIMAN HE1000はどれくらい鳴らしにくいのか HIFIMAN HE400S 【レビュー】HIFIMAN HE400S ポタで鳴らせる平面駆動型! HIFIMAN Edition S White 【レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort 【開封】YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 【開封】massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が到着!
PAGE TOP