【レビュー】Campfire Audio LYRAをIE800と比較!

LYRA

ども!すぎやまです。
最近、カルビとか食えなくなってきて、衰えを感じてきてます。(小豚増しは可能)
今回は、高級ダイナミック型イヤホン期待の新星「LYRA」を試聴してきたので、レビューしたいと思います!

LYRAは、ゼンハイザーのフラグシップ「IE800」をターゲットに作られたらしいので、比較しながらレビューしたいと思います。同じダイナミックドライバーで同じセラミック筐体ですからね。意識してないはずがありません。

Campfire Audio LYRAレビュー

本体の質感と装着感

セラミックの屈強なボディーにブランドロゴが刻まれているシンプルなデザイン。質感はとても良いですし、何よりカッコイイですね。落としたくらいじゃ絶対に壊れないだろうなという安心感があります。(内部のドライバは壊れる可能性ありますが)

ケーブルは細く、ねじりが効いていて扱いやすかったです。ALOの高品質ケーブルらしいので、他のイヤホンにもつけて試してみたくなりました。
装着感は可もなく不可もなくといった印象。重すぎず軽すぎずといったところですね。しかし、ケーブルが煩わしくないので、普段から耳かけに慣れている人であれば、気になることは無さそうです。とはいえ、装着感でいえば、IE800の「つけてることを感じさせない装着感」の圧勝ですかね。
 

音質

「LYRA」の音質は事前情報から、RHA的な「カシャーン」とした高音イヤホンかと思っておりました。しかし、聴いてみてビックリ。低域にフォーカスしたイヤホンなんですね。かなり深いところの低域まで聞こえてきます。しかも、聴いたことがないレベルで低域の「量とタイトさ」を共存させた音がします。低音の量と質はIE800より上と言ってよいですね。LYRAに比べるとIE800の低域はややボワついた印象です。
 
音場については上下方向がやや狭いですが、狭いだけパワーがあります。さらに特徴的なのは楽器の音がとても明瞭だということです。この点はIE800を上回りますね。アコースティックな音のリアルさも良いですし、ベースを聴くのにもとても良いです。ベーシストが耳コピするのにこれ以上のイヤホンは無いかもしれません。
高音については筐体素材が同じということもあり、両者似た響きを出しますが、アタック感はLYRAの方がありますね。IE800は若干マイルドだと感じました。
 
とはいえLYRA、良い部分ばかりだけでなく悪い部分(個性)もあります。まずはボーカルが他の音に埋もれ気味という点です。これはIE800と聴き比べるとすぐに分かりますね。ボーカルで言えばIE800の方が間違いなく聴きやすいです。

さらに音場が狭いという点もやや気になりますね。LYRAの後にIE800を聴くと、音場が広がってスッキリした感覚を受けます。この点は好みなのですが、両者の違いがはっきりとする部分だと思います。音場が広いのにボーカルが聴きやすいIE800の調整というのは、本当に見事だと思い知らされます。
 

買うならどっちか?

聴き比べたところ、この2機種に優劣は無いように思います。ただ「聴く音楽」によってどっちが好ましいかはハッキリ決まると思います。
楽器音が明瞭な「LYRA」はバンドサウンドやインスト音楽を多く聴く人にお勧めしたいです。ギター、ベース、ドラム、ボーカルとそれぞれしっかり楽しむことができます。ボーカルも楽器の1パートだと考えられる人にピッタリだと思います。
 
一方で、歌モノやPOPSならIE800でしょうね。ボーカルをメインで聴きたい人や「全ての楽器はボーカルを引き立てるためのものだ!」という考えの人は、IE800が良いと思います。アニソンや声優ファンの人はこっちでしょうね。
私の感覚で言うと「東京事変はLYRAで聴きたいが、宇多田ヒカルならIE800で聴きたい」そんなイメージです。IE800の方が音場が広いので、オーケストラを聴くのもIE800が良いかもしれません。
 

しっかりキャラのあるLYRAはお見事

LYRAはクセが強いぶん独特の魅力があり、IE800と使い分けることもできると思います。まさに後から発売されたイヤホンとしては、正しい音作りだと感じました。 単にリケーブルできるIE800じゃ、面白くないですからね。
LYRAは高級ダイナミック型イヤホンの中で「バンドサウンド番長」としてポジションを作れるんじゃないかな?と思います。う〜ん、両方欲しい!

Campfire Audio LYRA (レイラ)
Campfire Audio
売り上げランキング: 33,248