【レビュー】moxpad MO-X9 問答無用のヘヴィサウンド

moxpad MO-X9

 突然ですが息子が保育園に落ちました…。◯ァック・ジャパン!!!!!生きろ、私。

 こんな日に聴きたいのは「People=Shit」なミュージック。音場?解像感?そんなもの要らん!欲しいのはひたすら脳を揺らすような重低音だ!

 ということで今回は、今の私にピッタリなイヤホンmoxpad MO-X9を紹介したいと思います!シット!ガッテム!

moxpad MO-X9 レビュー

moxpad MO-X9
パッケージ
moxpad MO-X9
内容物
NOBUNAGA Labsの低反発チップも入ってます。
moxpad MO-X9
ケーブルはNOBUNAGA Labsが厳選したもの
moxpad MO-X9
シンプルがながらクールなデザイン
moxpad MO-X9
ノズルは太め
moxpad MO-X9
MMCXリケーブルが可能

 WiseTechさんから発売されたmoxpad MO-X9は、海外製品とは一部仕様が異なります。まずはケーブル。こちらはNOBUNAGA Labsが厳選した、より高品質・高耐久なものに変更されています。

 さらにNOBUNAGA Labsの低反発イヤーピースも付属していました。せっかくなので今回はこのイヤーピースで聴きこんでみましたよ。

 MO-X9はブラックで統一されたクリスタルデザインの筐体をしています。とても軽いので高級感があるとは言えませんが、スーツ姿にも違和感の無いデザインですね。日本仕様に変更されたケーブルは、柔らかくてクセがつきにくいので良い感じです。

 装着感は耳にピタっとハマり、快適かつ遮音性も高め。しっかりケースも付いてますし、6,000円くらいのイヤホンとしては特に不満の無いクオリティーだと思いました。

「重い・厚い・速い」サウンド

 MO-X9はダイナミックドライバーを2個搭載したデュアルダイナミック構成のイヤホン。そのためか中低域に圧倒的な厚みを感じます。「俺には高域なんて要らない!暴れるヘヴィネスをくれ!」という末期BassHeadのためのモデルですね。

 サウンドバランスは低域による絶対君主制が敷かれており、高域は迫害されています。低域はモワモワと広がるタイプではなく、重さとキレを感じました。例えるならヘヴィ級ボクサーのジャブですね。重く、厚く、速い。輪郭はシャープではありませんが、反応の良さがあります。

 ポップスなどを聴く限りではボーカルはそれほど埋もれず鳴っており、デュアルドライバの恩恵を感じました。このあたりがただの低音イヤホンと違うところでしょうか。解像感とは縁遠いサウンドですが、ノリよく明るいボーカルは聴いていて楽しい気持ちになりました!

MO-X9にオススメの楽曲

 MO-X9はDragonForceくらいのスピードとなると若干モタってしまうため、Slipknotあたりが丁度良く聴こえます。The Blister Existsを聴くとドラムスのアタック感が絶妙で、最高にハイな気持ちになれました。保育園のことなんてもうどうでもいいぜ〜!!!

 怒りと悲しみのあまり普段は絶対に貼らないマイナー音楽も貼っちゃいます。macdonald duck eclairって知ってる人いるかな?この曲恐ろしくカッコ良い…。

 MO-X9で聴くと重低音の波にボーカルが浮かんで聞こえ、耳元ではチープなシンセがトキメキを運んできます。なんて素敵な曲なんだ…。幸せな気持ちになりました。これ2004年の作品なんですが、調べたら2011年に新譜が出ているようですね。チェックしなきゃ!

総評

 moxpad MO-X9はヘヴィで明るく楽しいイヤホン。キレイにまとまった機種とは真逆の超尖ったヤツでした。こういう個性的なイヤホンは無難なサウンドの物よりも、使いたいと思う瞬間が多いのでとても好きです。例えば保育園落ちた時とかね!

 清廉潔白な優等生イヤホンに飽きてしまった方は、ぜひこの佐木飛朗斗的なサウンドを聴いてみてほしいと思います。低域のぶっこみを楽しめますよ!個人的には音楽の楽しさが詰まっていて、この価格なら全然アリなイヤホンだと思いました!1台持っておくと精神がピンチの時に役立ちます!低音ファンは必聴です!

short short
short short
posted with amazlet at 17.02.15
macdonald duck eclair
インディーズ・メーカー (2004-06-09)
売り上げランキング: 441,361