【寄稿レビュー】NuForce HEM8(LTD) 特徴ないのが特徴?

NuForce HEM8(LTD)

 どもども。昨日は家で仕事してたんですけど、ふとイヤホン外したら「バババババッ!!!」ってとんでも音が聞こえまして。「あー戦争が始まったのか。終わった…。」と思ったら大粒のヒョウが降ってました。

 さよなら干した洗濯物。私に君は救えない。

 でもイヤホンって怖いですね。本当に戦争だったら私は避難する前に死んでますよ。皆さまもお気をつけください。

 そんなこんなで、今回はまたまた頂いた寄稿をご紹介します。またまた普通に買えなそうなイヤホンのレビューです!

〜〜〜寄稿ここから

みなさま、はじめまして。Fenrir(ふぇんりる)と申します。
HEAD BANK編集長すぎやまさんとはtwitter等で割と(?)仲良くさせていただいております。

以前は自分の方のブログにふわっとした感じのレビューは書いたりしていました(消しちゃいましたけど)。
まぁその程度ですので拙い文章になりますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

レビューの前にわたしの再生環境等について書いておきますね。
ポタアン等は以前使用していましたが、嵩張るので処分しました。ですので現在はDAP直です。

DAP … ONKYO DP-X1 PIONEER XDP-30R

音楽ファイルについては、ほぼWindows Media Playerで「損失無し・最高音質」設定でリッピングしたwavになります。

また、メインで聴いてる音楽というか、アーティストさんについてですが、ほぼ田村ゆかりさんです。あとは陰陽座あたりです。
レビューについては、ほぼ「田村ゆかりさんの楽曲を聴いた感想」になりますので、参考になるやらならないやらですw

NuForce HEM8(LTD) レビュー

それではレビューに入ります。

今回の機種はコチラです。

NuForce HEM8 (LTD)

NuForce HEM8 Limited Editionの紹介と比較をしていきます。

HEM1についてはいろいろ語りつくされている感もありますが、HEM8(というか、HEM2〜8)は全くレビューも見ませんねw

付属物は一緒っぽいのですが、通常版よりビックカメラ・ヨドバシカメラで限定で販売されているカッパーカラー(誰だウ〇コとか言ったヤツは!?)の方が安いですねwなんででしょうか??

SHUREやwestone等と同じ耳かけタイプです。軽くて装着感も良好。
遮音性については、良い方だと思います。

NuForce HEM8(LTD)

ハウジングの裏側(?)を見ると小さな穴が開いていますね。

NuForce HEM8(LTD)

ケーブルは着脱式で2PINタイプですが、接合部の強度を上げるためちょっと特殊な形状になっています。
リケーブルは試したことはないのですが、もしかしたらUEタイプ、qdcタイプが使えるのかもしれませんね。

04

付属品は
ペリカンケース
ポーチ
リモコンマイク付きケーブル
イヤーピース S,M,L×2種
コンプライ
ケーブルクリップ
6.3mm標準プラグ変換

NuForce HEM8(LTD)

音質について

試聴した際に「なんか、パっとしないなぁ。」と思われた方も多いのではないでしょうか?

HEM2〜8がリリースされた時に、どのモデルか忘れてしまいましたが、一度試聴した際に「んー…なんというか、数年前にリリースしていたら割と売れたんじゃないかな?」と思いました。
それは一番後発のモデルにあたるHEM1でも最初の印象は同じでした。

最初の印象がそんな感じでしたので、購入検討リストからは除外していましたが、ちょっと時間を取ってゆっくり試聴してみたところ、「あれ?これは…もしかしたらもしかするんじゃ…?」と思ったのです。

『刺激成分が少ない』

コレはかなり好みが分れるところだと思います。例えば、「低域が強い」とか「低域寄りだ」とか「高域がキラキラしている」とか「ヴォーカルなどの中域がいい」とか…

特徴があるものは流行に合えば売れ筋になりますし、評価も上がってくると思います。(実際、最近は高域に特徴がある機種が高評価を得ている印象もあります。)

特化した部分があれば、それは聴いていて楽しいと感じることが多いです。しかしそれは「刺激成分がある」ということだと思います。

このHEM8(他のHEMシリーズはがっつり聴いていないのでここでは含めませんが)はそういった特徴が極めて薄いように感じます。

ですので、ちょっとゆったり試聴できるともしかしたら印象は変わるかもしれません。

前置きがだいぶ長くなりましたw

HEM8は高域にBA×2、低域にBA×2の2WAY4ドライバー構成です。構成的には中域がフワっとしてるV字型かなと思ったのですが、割と平坦な印象。音の線はBA型としてはやや太い印象で、丸みのある柔らかな音です。

このおかげで、低域が出過ぎることもなく、高域がどぎつくなることもないチューニングになったのではないかなと思います。なんとなくですが、westone4Rとか、この頃のwestoneに近いかもしれません。(イメージですよ!)

音は丸みがあって柔らかい、と書きましたが、情報量としては十分出ており、モヤっとして聴き取りづらいなんてこともありません。

高域については、刺さる印象はありません。ここの刺激成分が好きな人には物足りないかもしれませんが、聴き疲れたりすることは無いと思いますよ。

中域、特にヴォーカルの描き出し方は、「若干色気を乗せてくる」感じです。ただ、この関係でヴォーカルの少し低目のところが抜けてきません。若干ではありますが籠りを感じます。あと、ギターの音はしっかりしています。バッキングでもソロでも美味しい立ち位置ですね。

低域はBAとしては太めの印象です。D型と比較するわけにもいきませんし、D型ほど深いところまで出ているとも思えませんが、バスドラの空気感はドッドッと圧も感じるので良くチューニングされていますね。

総評

非常にバランスの良く、精細に描きつつも柔らかめの音というなかなか「ありそうでなさそう」な立ち位置ですが、聴き疲れせずにまったり、或いはガッツリとも聴けるイヤホンです。

田村ゆかりさんの歌声に焦点を当てれば、個人的にはシングルBAがベストではありますが、わたしは許容範囲です。また、陰陽座の一音下げ、一音半下げ、7弦ギター5弦ベースの楽曲でも下方向はなかなかしっかりしていました。

少し刺激成分を抑えつつもしっかり聴けるものが欲しいという方には合うかもしれません。ご視聴の際は少し長めにいろいろ聴いてみることをおすすめします。

NuForce HEM8(LTD)

最後までお読みいただきありがとうございます。
また、貴重な場を提供して下さったすぎやまさんありがとうございます。

〜〜〜寄稿ここまで

 ということで、Twitterでいつも仲良く(罵倒)し合っているFenrirさんによるNuForce HEM8(LTD)のレビューでした。

 私自身、このHEMシリーズは特徴の無さ(?)が気になってあまり好みではなかったんですけど、聴き込むと良さが分かってくるスルメイヤホンなのかもしれませんね。たしかに特徴的な音のイヤホンってパッと聴いた時は良く感じるんですけど、その分飽きるのも早いので…。

 Fenrirさん、面白いレビューをどうもありがとうございました!お礼に今度、焼肉をおごってください!

 そんなこんなでHEAD Bankでは随時、寄稿を募集しております。レビュー書きたいけどブログ運営とか面倒な方は、ぜひ活用してみてください!もちろん、寄稿の中で自分のブログなどをアピールするのもOKですよ!

 やってみたい方はTwitterにDM頂くか、以下のアドレスまでメールください〜!

sugiyama@head-bank.com

 ではでは、お待ちしております〜!