【レビュー】Wavelet Design OPUS1を聴いてきたよ!

OPUS1

どうも!ヘドバンのすぎやまです!
今回は世界初のダイナミックBAドライバーで話題の「OPUS1」を試聴してきたのでレビューしまっす!

Wavelet Design OPUS1レビュー

見た目と装着感

イヤホンとしてはめずらしい形をしてますね。モダンアートのような美しい曲線を描いています。この形によって高級感が演出されているように感じました。
装着感は軽いつけ心地ですね。耳の奥までグイグイ入れるタイプではないので、スッと装着できるのは良いです。

音質

さすが世界初のダイナミックBAドライバー!パッと聴いてダイナミック型なのか、BA型なのか判別しづらい音をしています。最初の印象としては、音場が広いこと、BAっぽい高音の表現や左右の分離を感じました。

しかしながら、OPUS1が普通のBAイヤホンと違うのは「音がバラバラにならずまとまって聴こえること」です。ここがまさにダイナミック的な部分なのではと感じました。
音がまとまっているというと「解像感が低いのか?」と誤解されるかもしれませんが、そうではありません。1つ1つの音は聴こえながらも、全体としてしっかりまとまって感じるということです。

ダイナミックBAドライバーときいて、勝手にBA型に低音や音の迫力を足したものかと思っていたんですが、それとは違いましたね。ごくごく自然な音のするイヤホンでした。
ノリや迫力がある音ではないので、静かめなジャズやロック、音場を活かしたクラシックなどが合うと思います。

コストパフォーマンス的に考えると、ベストチョイスとは言い難い機種かもしれませんが、オンリーワンな音なのは間違いないと感じました。
BA型イヤホンの音が苦手な人に試して欲しい機種です!