知ってた?パナソニックのハイレゾロゴが普通じゃない件

RP-HD7

 パナソニックがオシャレな新製品ヘッドホンRP-HD7を発表しました。40mmドライバーでもちろんハイレゾ対応。軽いつけ心地みたいですよ。発売は6月17日。ってこれだけのニュースなら、いつもはスルーするところなんですが、ふと気になるものが目に入ってきました。

high-res-sound-86424389
出典:http://www.trademarkia.com/high-res-sound-86424389.html

 「あれ?パナソニックのハイレゾロゴって何か変じゃない?」少なくとも私が知ってるいつものアイツじゃない。なんだこれは…。

 気になって調べてみたところ、どうやらこちらはパナソニックが商標登録しているハイレゾロゴマークのようです。なるほど、パナソニックのオーディオページを見てみるとみんなこのマークが使われていました。

 でも確か「日本オーディオ協会が定めたハイレゾ推奨ロゴ」ってソニーが作ったお馴染みのアレだけだよね?そうだよね?と思って、日本オーディオ協会のHPを見てみたら、なんとちゃっかりパナソニックのロゴも追加されてました!

このニュースではソニーのロゴだけだったのに
オーディオ協会、“ハイレゾ”定義や推奨ロゴ発表。DSDも対象。マイクやスピーカーも定義 – AV Watch

日本オーディオ協会のページを見たら2つになってる!
一般社団法人 日本オーディオ協会 | ハイレゾ | ハイレゾロゴ | 定義と運用

 1つのものを表現するのにロゴが2つあるってどうなのよ…。いやーやっぱりハイレゾは闇が深いわぁ。ということで、パナソニックのあまり見慣れないロゴも、ちゃんと日本オーディオ協会のお墨付きをもらったロゴということでした。納得できたようなできないような…。まぁソニーが作ったロゴなんて使いたくないって企業もいますよねー。大企業のプライドが垣間見えた瞬間でした。

ステレオヘッドホン RP-HD7を発売 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

パナソニック カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 シルバー  RP-HDE10-S
パナソニック (2016-01-22)
売り上げランキング: 39,897