取材レポート

【イベントレポ】ポタフェス 2016 東京 本気の2日目

paudiofes2016summerday2

 楽しかったポタフェス2016 東京もあっという間に終わってしまいました。いろいろと書きたいことはありますが、まずは聴いてきたものから紹介したいと思います!(総括的な内容はメルマガで!)

 1日目は有名メーカーさんを中心にレポートしたので、今回はちょっとユニークな製品を中心にレポートします!量がかなり多くなってしまったので、覚悟して読んで下さいね!

Soundfort DS-200

Soundfort DS-200

 まずはDAC&アンプを中心に展開されているSoundfortさん。ポタフェスなのにポータブルできない製品を堂々と陳列されている勇敢さに感動しました。(冗談ですよ。)

 中でも気になったのが写真のDS-200というDAC&アンプ。デジタル基盤とアナログ基盤を完全に分離することで、相互の干渉を大幅に低減し、各電源部にも徹底したノイズ除去を施した製品になっています。インプットにはUSB・同軸デジタル・光デジタルが使用できるので、大抵のDAPと接続可能です。

 バスパワー動作ではなくきちんと電源を使用しているため、駆動力に余裕のある音をしていました。現在発売記念セールで通常37,200円(税別)のところ、Amazonで29,800円で販売中とのことです。電源部がしっかりしたアンプをお探しの方にオススメですよ。

AAW NEBULA ONE

AAW NEBULA ONE

 カスタムでお馴染みのAAWから登場したユニバイヤホンNEBULA ONE。どっしりしつつクリアな音がなかなか良かったです。装着感も良好。日本ではeイヤホンさん限定で発売のようですね。

iBasso IT03

iBasso IT03
iBasso IT03

 続いてはiBassoのハイブリッドイヤホンIT03(通称:イトウさん)です。2BA+DDという構成で、すでに海外では300ドル以下で販売されているとのこと。日本では秋ごろ展開予定らしいです。

 本体はとても軽くて質感は価格なりのところがありますが、音はとても良かったです。ダイナミックらしい空気感のある低域とメリハリのある中高域はとても3万円程度とは思えませんでした。発売が楽しみなイヤホン!

Maroo Pro Audio ACSシリーズ

Maroo Pro Audio
Maroo Pro Audio

 世の中にはまだまだ知らないステージ用イヤーモニターがあるんですね。Maroo Pro Audioは、プロ御用達のステージ用IEMメーカーです。

 今回日本で発売する運びとなったのが「ACSユニバーサルシリーズ」と呼ばれる、1BA・3BA・5BAの3つのモデル。BAドライバーはKnowels社製で、ケーブルにはなんとEstronのLinumケーブルが使用されています。イヤーチップも自社開発の形状記憶素材の特別なものとなっており、装着感はとても良かったです。

 1BAモデルはシングルとは思えない広い音域が表現されていて、3BAはシャキっとした歯切れの良い音、5BAはこってりとした音場感が印象的でした。下から3万円、6万円、12万円となっており、9月中旬〜下旬に発売予定だそうです。要注目のIEMですね!

fFLAT5 Aria One

fFLAT5 Aria One

 続いては左右独立型イヤホン「Aria One」です。左右独立型イヤホンというとEARINが有名ですが、EARINはBAドライバーを使用しているのに対し、Aria Oneはダイナミックドライバーを使用している点が大きく異なります。

 接続は一度設定してしまえば簡単で、やや大きめに見える筐体も装着してしまえばそれほど気にならないサイズでした。音質はウォームよりで、解像感重視というよりは迫力や音場を重視した音だと思います。音切れの少なさもアピールポイントとのことなので、ちょっと使ってみたくなりました。

SHOZY Cygnus&Alien

SHOZY Cygnus
SHOZY Alien

 今回のポタフェスで強烈なインパクトを放っていたのがこちらのイヤホンとDAP。2枚目の写真の物体はDAPなんですよ。その名もAlien(エイリアン)。画面などは無く、差し込んだmicro SD内の音楽ファイルをひたすら再生するだけのDAPです。

 あらゆる機能を排除することで「音質」のみに特化したんだとか。我々の音質への信仰心が試される1台ですね。

 1枚目の写真の「不釣り合いなほど豪華なケーブル」がくっついたオープンエアー型イヤホンがCygnusです。こちらはレンジが広く伸び伸びした音で、Alienと組み合わせて聴くと素晴らしかったです。発売はそう遠くないとのことなので、楽しみに待ちたいですね!

TFZ SERIES1

TFZ SERIES1
TFZ SERIES1

 こちらはeイヤホンさんで取り扱いが始まったばかりの新商品。(とはいえ知ってる人は知っている…)ダイナミック1発で6,480円という低価格ながら、ボンボン弾むような中低域がとても楽しいイヤホンでした。この価格なら買って損無し!というか欲しい!

SIMGOT EN700

SIMGOT EN700

 こちらも7月27日にeイヤさんで発売予定の新商品。ま、まさかもう持ってる人なんていませんよね?10mmのダイナミック1発で、広い音場とシャープに鳴る中高域が気持ち良いイヤホンでした。13,500円ならアリですね。

OSTRY KC08T

KC08T

 続いては個人的にKC06Aが大好きなOSTRYのオープンエアー型イヤホンKC08T。こちらはKC08のチタニウム版となっているようです。相変わらずの音場の広さに加え、迫力ある低域がとても魅力的でした。8月中には発売予定とのことなので、こちらも発売が待ち遠しい1台です。

Chord&Major Major01’16 Electronic Music

Chord&Major electronic music

 音楽ジャンル別に製品ラインナップがあるという、他に類を見ない商品展開をしているChord&Major。発売されたばかりの新製品は電子音楽用に作られたイヤホンとなっています。

 カーボン素材の本体がめっちゃカッコ良いですね。音の方は深く沈む重低音と分離に優れた中高域が印象的でした。電子音楽用ということでエッジがキツイ音を想像していたのですが、思っていたよりもウォームで聴き疲れせずに楽しめそうな音になっています。こちらは近日、実機レビュー予定ですのでお楽しみに!

Flang V5

Flang V5
Flang V5
Flang V5

 もう見た目から最高に怪しいDAP「Flang V5」。液晶表示なんて、懐かしさを飛び越えて新しさまで感じてしまいました。ゴツい見た目とは裏腹に動作はキビキビしており、ボリュームもしっかりと重みがあってなかなか良い感じです。

 音もペラペラではなく芯がしっかりしていて、Bassブーストなんかも付いているのでかなり遊べそうな1台。さらにDOCKを使えばスピーカーに音を出すことも可能なようです。現在セール中で安くなっているようなので、DAPマニアの方はチェックしてほしいですね。

Flang V5 凡高 日本正式代理株式会社伊藤屋国際
凡高
売り上げランキング: 70,917

ninewave NW-STUDIO NEO

ninewave NW-STUDIO NEO
ninewave NW-STUDIO NEO

 今回のレポートはなぜかオープンエアー型イヤホンが多いですね。人気が復活してきていることを感じます。ninewaveさんが約5年ぶりに発売するという新作NW-STUDIO NEOは、今日紹介したオープンエアーの中では1番フラットな音をしていました。

 恐らくドライバーの性能が相当高いのだろうなと思わせてくれる音だったので、アンプを使って聴いてみたいと思いました。こちらは7月下旬に35,000円(税抜き)で販売予定とのことです。

EARNiNE

EARNiNE

 独自開発BAドライバーで驚異的な音質を実現しているEARNiNE。いよいよ来月中の発売が見えてきたようです。これまでは1BAのEN1と2BAのEN2が予告されていましたが、日本用に音質をブラッシュアップし「EN1J・EN2J」として発売されるとのこと。

 EN1にあったスマホ用リモコンはEN1Jでは廃止になるそうなので、オーディオ好きにはうれしい変更になりそうですね。こちらは発売の期待大です!(HEAD Bank激プッシュ中!)

oBravo eamtシリーズ

oBravo eamt

 このメーカーはどこまで凄いものを作ろうとしているのか…比類無き音、孤高の存在ですね。イヤホンではなく、イヤースピーカーと称される一連の製品は、ただひたすら音楽と向き合うために設計されています。

 50万円を超える高価なイヤホンから3万円ほどの安価なものまで、まだまだ発売が予定されているそうなので、 oBravoファンの私としてはその魅力を引き続きお伝えしていきたいと思っています。近く実機レビューもアップする予定!まだ聴いていない人はぜひ聴いてほしいメーカーです!

 ということで実はまだ紹介できてない製品あるんですが、このあたりにしたいと思います。紹介できなかった製品はこぼれ話としてTwitter(@headbank)で紹介するかもしれないので、そちらをチェックしてください!

 今回のポタフェス、個人的にはかなり楽しむことができました。まだまだ知らない製品がたくさんありますねー!ではまた次のイベントレポをお楽しみに!次は…ポタ研が再来週?はやっ!

関連記事

  1. img_2972 第1回HEAD Bankオフ会やっちゃいました!
  2. img_2484 JVC新製品 HA-FW01 02 03&SU-AX01聴いてき…
  3. くみたてLab 【イベントレポ】ポタ研 2016 冬 試聴レポートまとめ
  4. IMG_1095 【イベントレポ】ポタフェス 2016 東京 1日目の感想
  5. IMG_1111 KH-KZ3000試聴の旅 ADOLFO DOMINGUEZ 渋…
  6. 20151026154855 【イベントレポ】秋のヘッドフォン祭2015 レポート2日目
  7. 1458210160_thumb.jpeg 本物のリファレンス「HA-MX100-Z」音楽好きは要チェック!…
  8. img_2894 【レポート】ウォークマン NW-WM1Z 体験イベントに行ってき…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 匿名
    • 2016年 7月 18日

    いい記事でした

      • HEADBank
      • 2016年 7月 20日

      何より、うれしいお言葉!ありがとうございます!

新着ヘッドホンレビュー

HIFIMAN Edition S White 【実機レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【実機レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【試聴レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! moshi avanti 【実機レビュー】moshi avanti 洗練されたデザインとサウンド IMG_1595 【実機レビュー】HIFIMAN Edition S 必聴のHiFiサウンド zoro2 wireless 【実機レビュー】noontec ZORO Ⅱ wireless の音質は? HA-MX100-Z 【実機レビュー】HA-MX100-Zに感じたVICTOR STUDIOの本気 SONOROUSⅢ 【実機レビュー】final SONOROUS III 使って分かった魅力

最新イヤホンレビュー

astrotec AM850 【実機レビュー】Astrotec AM850 メタルとウッドの良いトコ取り! magaosi k3 【実機レビュー】magaosi k3 中華ハイブリッドに新星の予感 RHA CL1 CL750 DACAMP L1 【実機レビュー】RHA CL1 CL750 DACAMP L1 オーディオファン必聴の快作 chord and major 【実機レビュー】Chord&Major 4製品を一挙に聴き比べ! vega2 【試聴レビュー】Campfire Audio VEGA&LYRA IIを聴き比べ! 64audio U4-SE 【実機レビュー】64audio U4-SE この低音は中毒性高し! massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! final F7200 F4100 F3100 【実機レビュー】final F7200 F4100 F3100を聴き比べ! img_2484 JVC新製品 HA-FW01 02 03&SU-AX01聴いてきました PW Audio 【レビュー】PW AUDIO No.5 JP ver.とThe Flashを聴き比べ!

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン















最新記事

  1. astrotec AM850
  2. audioquest DragonFly red
  3. 告知
  4. IMG_3986
PAGE TOP