【レビュー】MEE audio Pinnacle P1 これは買いの1台

MEE audio Pinnacle

 今回は最近発売になったイヤホンの中で久々に「これは!」と思うものに出会ったので、試聴ですがレビューを書いてみたいと思います。紹介したいのはMEE audio Pinnacle P1(以降、ピナクルと呼称)というイヤホンです。

 ピナクルは実に2年の歳月をかけてデザイン・設計・リファインされたというMEE audioのフラグシップモデル。メタリックなハウジングのダイナミック型イヤホンです。ケーブルはMMCXの着脱式になっていて、オーディオグレードとインラインマイク付きの2本のケーブルが付属、シリアルナンバーが刻印されたケースも付属する豪華な仕様になっています。

その他製品の詳細はこちら
Pinnacle P1(ピナクル) | MEE audio(ミーオーディオ) | 株式会社 宮地商会

MEE audio Pinnacle P1 レビュー

質感と装着感

 ピナクルは亜鉛合金のフルメタルボディが印象的なイヤホン。持った感じもズシリとしていて質の高さを感じます。ケーブルは編みこみ式で、しなやかで絡みづらく取り回しが良さそうな印象です。ケーブル自体の質も高く感じられました。総じて2.5万円のイヤホンとしては、十分に高い質感だと思います。

 耳かけ型のイヤホンで装着感がしっくりくるものは、Westoneを除けばあまり多くはありませんが、ピナクルは耳にとてもフィットするように設計されています。どうやら耳かけにしなくても装着できるようになっているらしく、シーンに合わせて付け方を選べるようです。耳かけで装着してみるとグッと耳の奥で固定されるので、遮音性も高く快適なつけ心地になっていました。

クリアかつ余裕のある音

 ピナクルの音の特長は、何といっても50Ω/10mmムービング・コイル・ドライバによる余裕のある音。一般的なイヤホンよりインピーダンスが高めなので少し音量が取りづらくなっていますが、それによってノイズ感の無いクリアな音を楽しむことができます。公式HPでもアンプの使用が推奨されており、パワフルなアンプを使っても余裕を持ってボリュームを回すことができるので、ポタアン愛用者にはうれしいイヤホンだと思いました。

 全体の音像としては、タイトすぎず膨らまない良い量感のロー、エッジの効いたスピード感・臨場感のあるミッド、金属ハウジングらしい透明感のあるハイという印象。試聴した限りではミッドからローにかけてのインパクトが強かったですが、各帯域のバランスがとても良く、音のレスポンスも速いです。背景の静寂性とメリハリの効いたサウンドが心地よく、モニターというほどの解像感ではないですが、音そのものをしっかりと楽しむことができます。

 特に良いと思ったのは中域の臨場感で、アコギの弦がこすれる音やボーカルの余韻といった表現が素晴らしいですね。ロックやポップスを中心にジャンルを選ばず楽しめるイヤホンだと思いました。(メタルもわりといけます。)

総評

 ピナクルは高い質感とくっきりクリアな音がとても素敵なイヤホンです。発売からあまり話題になっていないような気がしたのですが、個人的にはこの価格帯で指折りのヒット作だと思います。リケーブルもできるので、ぜひバランス化して聴いてみたいですね。おすすめの1台です!

MEE Audio Pinnacle P1 イヤホン
MEE Audio
売り上げランキング: 30,078