コラム

【すぎやまのラーメン聴こう 第3回】蒲田 らーめん潤

IMG_0831

 どうも。久しぶりにアノ連載企画「すぎやまのラーメン聴こう(紀行)」が帰ってきました。第1回が好評だったことに味をしめて2回目を書いたところ見事に大コケ。以来「2度と書くまい」と封印していた知る人ぞ知る連載の第3回です。某所から復活を望む熱い声によって、再び登場する運びとなりました。

 今回は仕事で神奈川に遠征したので、前から気になっていた蒲田の「らーめん 潤」に行ってきました。「らーめん 潤」は新潟県の燕三条に本店を構える人気らーめん店。私は新潟に1年間住んでいたことがあり、その間、随分とお世話になっていたのがこのお店なのです。

 東京に戻ってきてからも「あぁ、あの味をもう一度食べたい…」と思っていたところ、蒲田にお店があることを発見。今回はまさに念願叶っての来店となりました。

ということで蒲田に初上陸

IMG_0834
蒲田駅です。蒲田駅は蒲田駅から徒歩0分のところにあります。

IMG_0835
蒲田上陸後のファーストビュー。

IMG_0836
セカンドビュー。おっし、大体分かったぞ!フランチャイズチェーンが雑に出店しちゃうタイプの街ね!でも駅は乗り降りする人がかなり多くてビックリでした。すごいね蒲田。

IMG_0831
ずん♪ずん♪ずん♪ と蒲田を行進すること5分。目的の「らーめん 潤」に到着しました。

IMG_0832
食べる前に読むとなぜかラーメンが美味しくなるヤツ

 蒲田にはそうそう来ないと思うので、今回は奮発して「全部のせ」にしちゃいました。食券を買って席につくと、好みを聞かれます。

IMG_0827

 好みを聞かれても好きな女性のタイプを答えてはいけません。ここでは背脂の量を答えましょう。私程度の人間には「ちょっと背伸びがしたい」くらいが丁度良いはずなので中油にしました。ということで着丼。

IMG_0825 (1)
「得らーめん」(1,000円)

 らーめん潤は「燕三条系」と呼ばれる、こってり背脂に煮干しの出汁が効いた醤油らーめんを食べさせてくれます。黒いのは「岩のり」です。

IMG_0826
麺は極太麺を使用。もっちりしながらも歯切れがよく、スルスルと食べられるのが特徴です。

 さっそく食べてみます。まずはスープから。うまい!口に含んですぐに感じるのは煮干しの懐かしく素朴な味わい。背脂はたっぷりですが、スープ自体はあっさりと飲みやすくなっています。出汁の風味が消えた後にはほど良い刺激の酸味がやってきて、さらなる食欲増進と油っぽさを中和してくれます。

 次は極太麺。うまい!うまいぞ!通常、極太麺というのは食べごたえが良いぶん、スープとの絡みが悪くなってしまうのが難点。しかしこのラーメンはたっぷりの背脂によって、麺とスープがバラバラになるのを防いでいるのです。おかげで太麺ながらもスープとの絡みは最高。グングンすすれます。なんて理にかなったラーメンなんだ!見ろ!人がゴミのようだ!

 トッピングで特徴的なのは「岩のり」と「玉ねぎ」の2つ。岩のりは普通の海苔と違ってコリコリとした面白い食感があり、とても良いアクセントになっています。この店No1の人気も「岩のりラーメン」なので、ここでは絶対にトッピングしたいですね。玉ねぎは背脂との相性が抜群。背脂と玉ねぎ、両者が奏でる甘みのハーモニーは384kHzを優に超えます。

 麺を半分ほどすすったところで、おもむろにスープを飲んだ私の手が止まりました。口の中に突如として広がる爽やかな香りと刺激。「これは…まさか!?」丼の底にひっそりと隠れていた刺客、それは柚子の皮。こいつがラーメンも半ばにきて「そろそろ飽きてきたかな?」という絶妙なタイミングで、私の口へ飛び込んてきたのです。くそー!やられた!次からは丼の下に穴を開けて食ってやる!

 ということで興奮冷めやらぬままに完飲ッ!!

IMG_0828

 いやー、あっという間の1杯でした。ちょっと失敗したのは油の量を中油にしてしまったこと。大油にすれば良かった…。というのも私が行ってた本家は普通でも油の量が尋常じゃなかったんですよ。そのせいで何度か地獄とあの世を見たことがありました…。そんなトラウマもあって、今回は中油にしてしまったんですが、さすがに関東風にローカライズされてましたね。本家を知ってる人は大油or鬼油にしましょう!

 ということで今回紹介したのは蒲田にある「らーめん 潤」さんでした。一麺入魂に嘘偽りは無く、背脂たっぷりの美味しい煮干しラーメンを食べることができます。読者諸兄も蒲田に立ち寄った際はぜひ!

ラーメン通販、お取り寄せ。新潟 燕三条の背脂ラーメン|ラーメン処 潤

P.S.
この連載に次回があるかどうかは…反響次第にします…。

P.P.S.
個人的に最近めっちゃ美味いと思ってるカップラーメンはカップヌードルのチーズメキシカンチリです。マジで美味いっす。

日清 カップヌードル チーズメキシカンチリ ビッグ 123g×12個
日清食品 (2016-03-07)
売り上げランキング: 19,074

関連記事

  1. iphone7-gallery1-2016 iPhone7 イヤホンジャック廃止の裏側を考える
  2. 51oP1GFgrPL._SX349_BO1,204,203,200_ オーディオが趣味足り得ないと言われることへの自省的反論
  3. 知ってる?ダイナミック型とBA型はどう違うの?
  4. earphone whitenoise イヤホンのホワイトノイズ対策をしてみました
  5. 51oTxavxMNL._SL1000_ TIME誌が大手ヘッドホンメーカーを強烈Dis。その真意は?
  6. 23344 シューゲイザーを聴くのにおすすめのイヤホンはこれだ!
  7. 2016award 2016年 おすすめのイヤホンはどれか?【第1回HEAD Ban…
  8. 31NbBlTxi5L バランス端子が4.4mm5極に統一!これからどうなる?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • SASAYOSI
    • 2016年 5月 28日

    う…うまそう(じゅるり

新着ヘッドホンレビュー

HIFIMAN Edition S White 【実機レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【実機レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【試聴レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! moshi avanti 【実機レビュー】moshi avanti 洗練されたデザインとサウンド IMG_1595 【実機レビュー】HIFIMAN Edition S 必聴のHiFiサウンド zoro2 wireless 【実機レビュー】noontec ZORO Ⅱ wireless の音質は? HA-MX100-Z 【実機レビュー】HA-MX100-Zに感じたVICTOR STUDIOの本気 SONOROUSⅢ 【実機レビュー】final SONOROUS III 使って分かった魅力

最新イヤホンレビュー

astrotec AM850 【実機レビュー】Astrotec AM850 メタルとウッドの良いトコ取り! magaosi k3 【実機レビュー】magaosi k3 中華ハイブリッドに新星の予感 RHA CL1 CL750 DACAMP L1 【実機レビュー】RHA CL1 CL750 DACAMP L1 オーディオファン必聴の快作 chord and major 【実機レビュー】Chord&Major 4製品を一挙に聴き比べ! vega2 【試聴レビュー】Campfire Audio VEGA&LYRA IIを聴き比べ! 64audio U4-SE 【実機レビュー】64audio U4-SE この低音は中毒性高し! massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! final F7200 F4100 F3100 【実機レビュー】final F7200 F4100 F3100を聴き比べ! img_2484 JVC新製品 HA-FW01 02 03&SU-AX01聴いてきました PW Audio 【レビュー】PW AUDIO No.5 JP ver.とThe Flashを聴き比べ!

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン















最新記事

  1. astrotec AM850
  2. audioquest DragonFly red
  3. 告知
  4. IMG_3986
PAGE TOP