【レビュー】HIFIMAN RE-600 ボーカルと音場表現ならこれ!

HIFIMAN RE-600

 オリンピックも甲子園も終わってしまいましたね。毎朝楽しみに観戦していたので、何だか寂しい気分…。こんな時は音楽に癒やされよう!ということで、音楽を聞きながらレビュー記事を書いております。

 今回紹介するのはHIFIMANのダイナミックイヤホン「RE-600」。これまでHIFIMANの製品はヘッドホンをレビューしてきましたが、今回は初のイヤホンレビューです。ポタ研の終わりにふらっと立ち寄ったフジヤさんで購入したんですが、セール中だったのでとてもお安く買えちゃいました。

魅力あふれるイヤホンなので、さっそく見ていきましょう!

HIFIMAN RE-600 レビュー

HIFIMAN RE-600
相変わらず豪華でカッコ良いパッケージ。
HIFIMAN RE-600
内容物はシンプルです。
白いヤツはケーブルホルダー?
用途がいまいち分からず…
HIFIMAN RE-600
ハウジングはとても小さいです。
ケーブルは布地ですがややクセがつきやすくなっています。
HIFIMAN RE-600
人差し指の先よりも小さなハウジング。
イヤピは汎用サイズのものが使えます。
HIFIMAN RE-600
分岐の前後で異なる太さのケーブル。
プラグは3.5mm4極のバランス仕様に。
HIFIMAN RE-600
3.5mm4極では普通のプレーヤーで使えないので
3極変換ケーブルが付属しています。

質感と装着感

 イヤホン本体だけを見ると、とても2万円を超えるようには見えない見た目ですね。チープとは違うんですが、ハウジングがとにかく小さいのでそういう印象を受けてしまいます。高級感は期待してはいけません。

 装着感は本体の小ささもあって抜群です。イヤピをちゃんと選べば遮音性も問題ないと思います。サッとつけて、すっと外せるので「ちょっと音楽聴こうかな?」という気持ちにさせてくれます。これは個人的に重要なポイントだと思っています。

圧巻の音場表現とボーカル

 一聴してまず感じるのは、小さなハウジングから想像できないような広い音場。高い分離性能も相まって、音の定位が目に見えるようにハッキリ感じられます。ダイナミック1発ということもあり、サウンドはとても自然に聞こえます。

 次にハッとさせられたのがボーカルの表現でした。音場が広いイヤホンはボーカルが遠くなってしまうことがしばしばあるのですが、RE-600はしっかりと近い距離で聴かせてくれます。温かみのある質感で、女性ボーカルはキュートに、男性ボーカルは若々しく聞こえました。

 全体のサウンドバランスは中域にグッとフォーカスされていて、まさに「音楽の美味しいところ」に集中したような鳴り方をします。聞こえるべきものがはっきり聞こえる感覚といった感じですね。

 低域は控えめながら適度な膨らみがあり、重さはあまり感じません。高域も主張は弱めでシンバルの刺さりなどもないです。「刺さらず、しかし、シャリつかず」というギリギリのライン攻めたチューニングになっています。

 音を聞かせるオーディオライクな鳴り方というよりは、音楽を聴かせるタイプのイヤホンですね。ただ前述の通り音場や定位に優れているので、その点では「しっかりオーディオしてるな」と思わされました。

 逆に言えば解像感や音の再現性といった面は、ハイエンド機にゆずる部分があります。ただそれによって録音の粗は見えづらくなっているので、良し悪しがあるといったところではないでしょうか。聞こえすぎるのも疲れますしね。

HIFIMAN RE-600
変換ケーブルを使用して2.5mmバランスで使用。

総評

 RE-600は広い音場とボーカルを中心として優れた中域表現を持ち合わせたイヤホンです。「何も足さない、何も引かない」といったナチュラルで温かみのあるサウンドには、聴いた瞬間から魅了されてしまいました。

 マッチする音楽は歌モノ全般だと思います。分離性能はしっかりしているので、最近の音数が多い音楽でも余裕で鳴らせますね。LOVE PSYCHEDELICOの『Your Song』では、RE-600の空間表現の巧みさに思わず聞き惚れてしまいました。

 「3万円以下、ボーカル中心、広い音場」という検索なら上位に位置する機種だと思います。このシンプルな魅力は高級イヤホンに疲れてしまった人ほど触れてほしいですね。きっと「これで充分じゃないか」と思える良さを感じてもらえる気がします。(聴く音楽によりますけどね。私は思っちゃいました。)

 本機の魅力はバランス接続にあると思うので、試聴はバランス接続がおすすめですよ。個人的には「もっと早く買っておけば…」と思うくらい気に入った1台でした。サブイヤホンとしても最適です!