イヤホンレビュー

【レビュー】HIFIMAN RE2000とRE800を聴いてきました

HIFIMAN RE2000

 ども。ぼちぼちヘッドフォン祭が近づいてきましたね。今回もメーカー各社から多くの発表があるようで、どんな製品が飛び出すのか今から楽しみです。

 今回は先日行われたHIFIMANの「新モデル先行体験会」で聴いてきたRE2000とRE800について、簡単に感想を述べたいと思います。(ちょっと聴いただけなので、いつもみたいなレビューは期待しないで)

 どちらもダイナミック1発のイヤホンとのことですが、目の覚めるような素晴らしい音をしていました!さっそく見ていきましょう!

RE2000 Preview

HIFIMAN RE2000

筐体は金ピカですが、装着するとそれほど目立ちません

HIFIMAN RE2000

ケーブルは着脱可能。
2pinですが、汎用ケーブルが使えるかまでは不明

 RE2000は見た目からゴージャスな雰囲気が漂っていました。ハウジングには銅を使っているそうですが、それほど重くないので装着には支障ありません。

 パッケージなどはまだ完成していないとのことで、正確な付属品などは分かりませんでした。HIFIMANのことだから、きっと豪華な外箱を用意してくれるでしょう。

 ということで、触れるべき内容もあまり無いのでさっそく音の感想を。ダイナミック1発のイヤホンということですが、これが凄い。一聴して感じたのは、広い音空間、高い解像感、ワイドレンジな鳴りっぷりでした。

 シャープでありながらも無味乾燥にならず、響きに暖かみを感じるのはまさにHIFIMANサウンドですね。見事なチューニングだと思います。

 低域はとても深い部分から湧き上がってくるように鳴り、XELENTO REMOTEほどタイトではなく、適度に空気感を感じます。ただRE2000の本領は中高域ですかね。

 中域はスネアなどの音抜けが素晴らしく、定位の決まり方が抜群です。空間の広さや楽器の位置がはっきり見えるように聞こえます。このあたりは流石ヘッドホンメーカー。

 高域はハウジングの素材を活かしているのでしょうか、キラっとした聞こえ方をしてくれます。解像感はとても高く、シンバルの鳴り方にも不満はありません。

 少し聴いた感じでは現代的な音楽よりも、生音主体のクラシカルな楽曲の方が得意だと思われました。特にピアノの響きの美しさは驚くものがあります。柴咲コウさんの「少年時代」がとても良かったです。

 RE2000の高い性能に不満は無いのですが、唯一の問題は価格でしょうか。大変残念なことにお高いようです…。まぁこの音なら分かりますけどね!

 XELENTO REMOTEをお持ちの方は、聴き比べてもらったら楽しい機種だと思います!RE2000の音場表現はハンパじゃないですよ!

RE800 Preview

HIFIMAN RE800

小さなハウジングのRE800

HIFIMAN RE800

ケーブルはこんな感じ

 RE2000よりサイズも価格も可愛いのがRE800。RE2000と同じテクノロジーを使いながら、チューニングやハウジングが異なるモデルとのことです。

 RE800のハウジング形状はRE600に似ていますが、真鍮製で豪華な見た目をしています。リケーブルは不可。小さいのでRE2000よりも楽に装着できました。圧迫感も少ないです。

 音質はRE600を何段も上回るレベルですね。特に解像感は大きくグレードアップしており、高域は表現力もシャープネスも向上しています。

 サウンドのバランスはミッドレンジを中心にボーカルなどが聴きやすい印象で、RE2000と近しい音色ですが、こちらの方がよりポップス向きと言えるかもしれません。

 低域の主張はそれほど強くなく、それよりも中域の高い分離感と、高域の真鍮ハウジングを活かした美しい響きに耳を奪われます。

 小さなハウジングからは想像できないほど、力強く繊細な音を楽しめるイヤホンですね。SU−AX01との相性もバッチリだったので思わず欲しくなりました…。

詳細はヘッドフォン祭で発表

 ということで、HIFIMANの新製品イヤホン2モデルを簡単にレビューしてみました。

 価格や発売日、技術仕様などの詳細は、ヘッドフォン祭の発表会で行われるとのことです。(4月29日 11:10〜 中野サンプラザ6Fチャペル)

 どちらの機種もイヤホンマニアの方には、ぜひ一度聴いてほしいサウンドになっていると思いました。体験会に参加された方は、みなさんRE2000の音に驚いてましたね。

 日本での発売が楽しみな製品です!ヘッドフォン祭でぜひチェックしてみてください!

発表会の詳細はこちら
春のヘッドフォン祭 2017 イベント情報「フジヤエービック オンラインショップ」

HIFIMAN RE600 V2 In-Ear-Monitor
HIFIMAN RE600 V2 In-Ear-Monitor
posted with amazlet at 17.04.26
HIFIMAN
売り上げランキング: 370,847

関連記事

  1. isai beat LGV34 【レビュー】isai Beat LGV34「Quad DAC」の…
  2. Edition X V2 【レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較…
  3. AR-M2 【レビュー】AR-M2の音質や使い勝手を試してきたよ!
  4. OSTRY KC08T 【レビュー】OSTRY KC08T オープンエアー型の秀作
  5. 61o-ZgjRJoL._SL1500_ 【レビュー】Master&Dynamic ME05 B…
  6. HIFIMAN Edition S White 【レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アッ…
  7. 20151124122118 【レビュー】audio-technica ATH-WS1100 …
  8. FidelioX2 【レビュー】PHILIPS Fidelio X2 なかなか良いぞ…

DAP&アンプレビュー

OPUS#1 【レビュー】The Bit OPUS#1 最高の操作感! HIFIMAN SuperMini 【レビュー】HIFIMAN SuperMini 小さいは正義! X3 2nd&TU-HP02 【レビュー】FiiO X3 2nd&TU-HP02は至極の組み合わせ FiiO X5 3rd 【開封】FiiO X5 3rdが到着!使い勝手をチェック! Nintendo Switch Nintendo Switch イヤホン音質をアップするおすすめアンプ HIDIZS AP-60 【レビュー】Hidizs AP-60 完成度の高さに驚き! 20151231145818 【レビュー】ONKYO DP-X1 期待の国産DAPを試す 20151227193521 【レビュー】TU-HP02 使う価値のあるポータブルアンプ XD-05 【レビュー】xDuoo XD-05 アンプの楽しさあふれる1台 DP-CMX1 【レビュー】ONKYO GRANBEAT DP-CMX1を試してきました!

イヤホンレビュー

TFZ SERIES1 【レビュー】TFZ SERIES1 響く低音とあふれる臨場感 20160116182047.jpg 【レビュー】カスタムIEMフラグシップおすすめ3機種 Andromeda-Cover-1024x620 【レビュー】Campfire Audio ANDROMEDA 今聴くべき音 DQSM D2 【レビュー】DQSM D2 聴いて驚きハイブリッドイヤホン YSM-03/R 【レビュー】acoustic effect YSM-03の世界に通じる音 chord and major 【レビュー】Chord&Major 4製品を一挙に聴き比べ! final E2000 E3000 【レビュー】final E2000 E3000 エントリーの新時代 20150927202535 【レビュー】Unique Melody MAVISとMACBETHの音質は? HIFIMAN RE-600 【レビュー】HIFIMAN RE-600 ボーカルと音場表現ならこれ! Astrotec AX-35 【レビュー】Astrotec AX-35 自然な音が魅力のハイブリッド機

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン

















最新記事

  1. HIFIMAN SHANGRI-LA
  2. CUP NOODLES
  3. FiiO X5 3rd
  4. final E2000 E3000
PAGE TOP