イヤホン

RHA セラミック筐体「CL1 Ceramic」とステンレス製の「CL750」を発表

cl1-inner-outer

 IFA2016でのお披露目を控えたRHAの新製品が一足先にHPで公開になっています。

 今回登場するのはイヤホン2機種とポタアン1機種。てっきりポタアンだけかと思っていたらまさかの新イヤホンもリリースとのことで驚きました。

 新イヤホンは「CL1 Ceramic」と「CL750」という型番で、今までに無い新しいシリーズになっています。

CL1 Ceramic

cl1-inside-master

まずは仕様から。

  • 仕様
    • ドライバー:CLダイナミック+セラミック板
    • 周波数範囲:16-45,000Hz
    • インピーダンス:150Ω
    • 感度:87デシベル
    • 重量(ケーブルを除く):14g
    • ケーブル:編組OFC(sMMCX-3.5mm)とAg4x(sMMCXミニXLR)
    • 接続:3.5mm / 6.25mm、4ピンミニXLR
  • 内容物
    • CL1セラミックインイヤーヘッドホン
    • 編組OFCケーブル(sMMCX – 3.5mm)
    • 6.25mmアダプタ
    • Ag4x平衡ケーブル(sMMCX – 4ピンミニXLR)
    • 6ペア シリコンイヤーチップ – S×2 / M×2 / L×2
    • 2ペア ダブルフランジイヤーチップ – S×1 / L×1
    • S×1 / M×1 / L×1 – 3ペア、TSX-200コンフォートプラス
    • ステンレス製のイヤーチップホルダー
    • プロテクターケース
    • クリップ

cl1-main

 CL1 CeramicはRHAとして全く新しいモデルになっていますね。ハウジングは共鳴の少ないセラミック製となっており、sMMCXというKlipschなどで採用例のあるセキュアな接続方式でリケーブルが可能になっています。

 RHAのDacamp L1とのバランス接続用に4ピンミニXLRのケーブルも付属するようです。

cl1_detach

3.5-and-4-pin-jack

Dacamp L1

Dacamp L1

 トランスデューサー(ドライバー)はCLダイナミックと呼ばれる新開発のものと、独自のセラミック板のデュアル仕様になっています。この2つのトランスデューサーによって、高解像かつ中低域の精度と制御に優れた音質になっているようです。

CL750

cl750_tilted

 続いてはMA750の系譜を感じるCL750です。

  • 仕様
    • ドライバー:CLダイナミック
    • 周波数範囲:16-45,000Hz
    • インピーダンス:150Ω
    • 感度:86デシベル
    • 重量:35グラム
    • ケーブル:1.35m、OFC編組
    • 接続:3.5mm / 6.25mm
  • 内容物
    • CL750インイヤーヘッドホン
    • 6.25mmアダプタ
    • 6ペア シリコンイヤーチップ – S×2、M×2、L×2
    • 2ペア ダブルフランジシリコンイヤーチップ – S×1、L×1
    • S×1 / M×1 / L×1 – 3ペア、TSX-200コンフォートプラス
    • ステンレス製のイヤーチップホルダー
    • プロテクターケース
    • クリップ

cl750-main

 CL750の主な変更点はステンレス製の筐体になった点と、CL1でも採用されているCLダイナミックという新しいドライバーを採用した点でしょうか。

 MA750は感度100dBのインピーダンス16Ωでしたが、CL750は感度86dBでインピーダンス150Ωとなっているので、音量が取りづらくなっていることが予想されます。

 RHAのHPでも「CL750は高解像度オーディオのために設計されているので、ヘッドホンアンプやハイパワーなDAP・スマホと組み合わせて下さい。」と記述されています。(これはCL1 Ceramicも同様です。)

cl750-outers

ということでRHAのイヤホン新製品2機種の紹介でした。

 CL1 CeramicとCL750、共に「アンプ前提」というなかなか尖ったイヤホンですね。アンプ前提のイヤホンといえば、最近ではMEE audioのPinacle P1が高い評価を得ていますので、音質にも期待できそうです。

 惜しいのはCL1のコネクタが汎用のMMCXではない点ですが、このあたりは「全製品3年保証」というRHAの哲学もあるので難しかったのかもしれません。(MMCX脆いですし。)

 久しぶりに物欲をかなり刺激されました。登場は10月予定とのことなので楽しみに待ちましょう!ただCL1はセラミックをふんだんに使ってるから高そうですねぇ〜!

追記:日本での価格は「CL750」が15,800円、「CL1 Ceramic」が47,800円の予定だそうです。うん、買えそうな価格!

参照:RHA

関連記事

  1. 51cogopkuol 有名バンドがシューゲイザーっぽい曲をやると超絶名曲になる件
  2. gallary_01 なにこれ欲しい!SONYの高性能リモコン HUISが熱い
  3. RAL-DSDHA5 RAL-DSDHA5便利すぎ!据え置きはこれ1台でOK?
  4. 20160125142544 Grace Designのヘッドホンアンプ m9XXがめっちゃ良…
  5. Ci49HU4UYAAtfeE final 超小型軽量イヤホン F3100は2万円を切る価格に。…
  6. vega2 Campfire Audio「Vega」に採用!液体金属&非結晶…
  7. AKG N40 明日はポタフェス 2016 秋葉原!注目の機種まとめ
  8. 41JmZPoa3pL AKのリモコンRM01を見てたらApple Watchが欲しくな…

DAP&アンプレビュー

iFi Audio iEMatch iSilencer3.0 【レビュー】さらばノイズ! iFi Audio iEMatchとiSilencer3.0の実力は? isai beat LGV34 【レビュー】isai Beat LGV34「Quad DAC」の実力は? Logitec LDV-PMH8U2R DP-X1ユーザー必見!PC無しでリッピングできるCDドライブ「Logitec LDV-PMH8U2R」 Cayin N3 【レビュー】Cayin N3 エントリーDAPの大本命! 20151227193521 【レビュー】TU-HP02 使う価値のあるポータブルアンプ HA-P90SD 【レビュー】TEAC HA-P90SD ありそうでなかった1台 DP-CMX1 【レビュー】ONKYO GRANBEAT DP-CMX1を試してきました! HA-P5 【レビュー】TEAC HA-P5 日本人好みのサウンド HIDIZS AP-60 【レビュー】Hidizs AP-60 完成度の高さに驚き! Nintendo Switch Nintendo Switch イヤホン音質をアップするおすすめアンプ

イヤホンレビュー

erib-5a 【レビュー】oBravo erib-5a 暖かく懐かしいサウンド 20151214180748 【レビュー】Cypher Labs C6iem V2&Earsonics S-em9 FLAGSHIP OSTRY KC09 【レビュー】OSTRY KC09 ハイコスパと呼ぶにふさわしい名機 HIFIMAN RE2000 【レビュー】HIFIMAN RE2000 唯一無二のダイナミックイヤホン oriolus 【レビュー】話題の4ドライバイヤホンOriolusの音質は? ATH-E40 【レビュー】audio-technica ATH-E40 の音質は? HIFIMAN RE-600 【レビュー】HIFIMAN RE-600 ボーカルと音場表現ならこれ! Unique Melody MACBETH II Classic 【レビュー】Unique Melody MACBETH II Classic これはカスタムのエントリー!? Astrotec LYRA Classic 【レビュー】Astrotec LYRA Classic この開放感に酔いしれろ! HIFIMAN RE800 【レビュー】HIFIMAN RE800 ダイナミック型の進化はどこまで?

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン

















最新記事

  1. TU-HP03
  2. IMG_6083
  3. Award2017
  4. nano iDSD Black Label
PAGE TOP