イヤホンレビュー

【レビュー】ROCK Zirconの低音にやられた!

rock zircon

 先日は中華イヤホンのレビューをまとめて書きましたが、実はもう1つだけ注文していたのに届いていない機種がありました。それが今回紹介するダイナミック型イヤホン ROCK Zircon Stereo Earphoneです。(以下、Zirconと呼称)

 正直なところこのイヤホンには全く期待してませんでした。というのも先に頼んでいたROCKのmulaというイヤホンが、何とも期待はずれな音だったからです。そんなハードルの低さもあって、Zirconを初めて聴いた時はビックリしましたね。思わず「ナニコレ!めっちゃ、ええやん!」と嫁に向かって叫んでしまいました。残念ながら無視されましたけど…。

 そんなわけで今回は遅れて来た中華イヤホンのエースZirconに、申し訳ない気持ちを込めてレビューを書きたいと思います。

ROCK Zircon Stereo Earphone レビュー

ROCK Zircon Stereo Earphone

 中華イヤホンですが外箱があるタイプですね。中には本体とイヤーチップ S M Lが各1セットずつ入ってます。ケーブルはプラグから分岐手前までが布地になっていて、左右に分岐してからは普通のケーブル素材になっているというちょっと手の込んだ作りに。おかげでタッチノイズが少なく、クセもつきづらくなってます。オーディオ愛好家からは不評でお馴染みですが、iOSで使える1ボタンリモコンとマイクもあります。

小さなボディから繰り出される強烈なパンチ

ROCK Zircon Stereo Earphone

 Zirconのハウジングは小さく、真上から見ると「くの字」に曲がっています。この曲がりによって、LRを目で確認しなくても持つだけで判別できるのがとても便利です。装着感も特に変わった点はないと思います。デザインは好みがあると思いますが、流線型のボディと背中のゴールドカラーはなかなかエレガント。

 さて肝心の音質ですが、低域を中心にとてもパワフルなサウンドバランスです。低域の空気が揺れる感覚は「あぁダイナミックイヤホンを聴いてるなぁ」と思わせてくれる迫力があります。特にバスドラムやフロアタム、ベースの鳴り方が秀逸。空気が動いてアタックしてくる感じを存分に味わえます。思わず身体が動いてしまう楽しさがありますね。

 小さなボディの見た目からはあまり想像できない「ノリ感」を持っていて、まるでKOSSのポタプロを思わせるサウンドだと感じました。音を分解するのではなく、音楽として楽しむタイプのイヤホンですね。低域ばかりを褒めましたが、ミッドの質感も十分に高いものを感じます。

 低域の主張が強いイヤホンは往々にしてボーカルが隠れてしまったり、聴き疲れを起こしたりするのですが、Zirconは不思議とそういったことがありません。低域が重すぎず、ミッドへのかぶり具合が良いバランスだからだと思うのですが、他にも要因があるのかもしれません。このあたりは低音イヤホンを苦手とする人に聴いてもらって意見を聞きたいですね。

 ここまでかなり褒めてきましたが、もちろんZirconは「完璧なイヤホン」ではありません。(1,000円ちょっとのイヤホンなので当たり前ですけどね。)ミッドからローに重心を置いているぶん、高域はちょっとごまかしたような鳴り方をしています。解像感や音の分離性能も高くはありません。ハイファイかローファイかでいえば、間違いなくローファイな鳴り方です。そこを楽しめるかどうかが、このイヤホンへの評価を決めるポイントになると思います。

インディーロックや邦楽ロックにぜひ

ROCK Zircon Stereo Earphone

 Zirconで聴くなら音数が多すぎないインディーロックや、シンプルな邦楽ロックがピッタリです。ニルヴァーナやピクシーズなどのオルタナとか、ウィーザーなんかのエモが合いました。邦楽ならナンバガやミッシェルなんて最高ですね。とにかくローファイ志向の音楽との相性が◎でした。

総評

 Zirconはスマートな見た目とは裏腹に「分厚いロー」が楽しいイヤホンです。昨今のオーディオライクな鳴り方はしませんが、スマホでも十分に鳴る機動力の高さは、ライトに音楽を楽しむ方にも十分オススメできるものになっています。

 JVCのWOODシリーズに代表される低音ファンにはもちろんのこと、シンプルなギターロック愛好家の方にもぜひ試してほしい1品です。おすすめですよ!Zirconさん、期待してなくてごめんね!

ちなみにこちらから購入しました。(AliExpress)
100% Original Rock Zircon Luxury Stereo Headphones

JVC HA-FX750 WOODシリーズ カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 ブラック
JVCケンウッド (2014-02-20)
売り上げランキング: 11,361

関連記事

  1. HIFIMAN HE400S 【レビュー】HIFIMAN HE400S ポタで鳴らせる平面駆動…
  2. EN120 【レビュー】EARNiNE EN120 これぞ価格破壊イヤホンの…
  3. Companion One 【レビュー】Celsus Sound Companion One…
  4. HIFIMAN MegaMini 【レビュー】HIFIMAN MegaMini 歌モノ好きのための…
  5. 20150924144213 【レビュー】beyerdynamic DT1770 PROの音質…
  6. magaosi k3 【レビュー】magaosi k3 中華ハイブリッドに新星の予感
  7. イヤホン イヤーピース イヤーチップ 比較 イヤホンのイヤーピース おすすめ6種を聴き比べました
  8. iBasso Audio D14 【レビュー】iBasso Audio D14 1台で便利なポタア…

ピックアップ記事

  1. B&O Beoplay E8
  2. Fidue A85 VIRGO
  3. SIMGOT EN700 PRO
  4. Astrotec LYRA Classic
  5. OSTRY KC09
  6. HIFIMAN RE2000
  7. Unique Melody MACBETH II Classic
  8. acoustune HS1551 HS1501
  9. EN120
  10. NuForce HEM8(LTD)

おすすめ記事

Marshall Monitor Black 【寄稿レビュー】Marshall Monitor Black この音はまるでライブ! HIFIMAN SHANGRI-LA 【取材】594万円のヘッドホン HIFIMAN SHANGRI-LAの音 Mitchell and ​​Johnson GL2 【レビュー】Mitchell and ​​Johnson GL2 静電型がこの価格!? HIFIMAN HE1000 【レビュー】HIFIMAN HE1000はどれくらい鳴らしにくいのか HIFIMAN HE400S 【レビュー】HIFIMAN HE400S ポタで鳴らせる平面駆動型! HIFIMAN Edition S White 【レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort 【開封】YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 【開封】massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が到着!
PAGE TOP