slowdive 22年ぶり奇跡の新譜がハンパじゃないクオリティだ!

slowdive

 やぁ、どうも。いきなりですけど、22年前って何してました?10歳くらいの私はたぶん、公園の中を「サイヤ人のエリート」になりきって駆けずり回っていました。

 22年間ってヤバイですよね。だって人間がおぎゃーと産まれてから、大学を卒業するくらいの時間ですもん。読者諸兄の中には、22年前はまだ受精卵ですらなかった方も多々いると思います。

 今回はそんな途方もない時間を乗り越えて、新しいアルバムを発売するに至ったバンド、slowdiveを紹介します。

 slowdiveといえば初期のシューゲイザームーヴメントを代表するバンドで、シューゲ好きの人なら「slowdive(スローダイブ)とSwervedriver(スワーブドライバー)って名前がややこしいよね」という洗礼を誰しも受けたはずです。(私だけ?)

 私とslowdiveの出会いはTSUTAYAとかGEOとか、そんなありふれた場所ではなく、区立図書館の貸し出しCD棚でした。今思うと演歌やクラシックが立ち並ぶ図書館のCD棚に、なぜslowdiveの『Just for a Day』が存在していたのか。何かの運命を感じずにはいられません。

 ちなみにその図書館にはSwervedriverの『Raise』も置いてあることが後に判明し、衝撃のあまりチビりそうになったのはまた別のお話。

 そんなわけで、私にとってslowdiveはとても思い入れのあるバンドだったわけです。音楽的にはシューゲの中でも耽美な路線といいますか、マイブラのような暴力的なノイズではなく、静かで美しいフィードバックギターが印象的でした。

 でも今回はなにせ22年ぶりの新譜ですからね。「いっそもはやシューゲじゃないというパターンも有り得るな」と思いながら聴きました。

 ではそんなslowdive 22年ぶりのニューアルバム『slowdive』から1曲目「slomo」(live)をどうぞ。

 いや、すげーわslowdive。開始40秒で心を持っていかれ、1分20秒で涙でました。このギターの揺らぎこそシューゲ。分かるかな?オルタナでもポストロックでもドリポでもないんですよ。

 22年ぶりだからとかそういうの抜きにして、ただただ音楽としてこの曲好きですね。「このアルバムすげーぞ。」というのはこの1曲目で確信していました。

 そして、息もつかせぬ2曲目で彼らはド直球を投げてきたのです。

 もうイントロで持っていかれました。黄門様に印籠を出されたような気分ですね。もうこれで全て解決。コナン君も新一に戻れる日が来て、ひとつなぎの大秘宝の謎も明かされ、ハンターハンターも最終回を迎えるというわけです。

 ということで、最後はちょっと通好みになってしまうというか、決してキャッチーではないんですけど、slowdiveの憂いを帯びた美しさが溢れた曲でお別れします。間奏の美しさに時を奪われました。というか間奏メインの曲ですな。無限リピート確定。

 解散したバンドの再結成って、結局はお小遣い稼ぎという面も多々ありますが、slowdiveの新譜はちゃんと音楽として価値のあるものでした。単に過去の焼き直しではなく、今に響く美しい曲ばかりです。

 まさか彼らの音楽を2017年にまた聴けるとは…人生って何が起こるか分かりませんね!アンビエントなロックがお好きな方は、ぜひ手にとってみてください!

Amazonレビューで絶賛してる人も。

SLOWDIVE
SLOWDIVE
posted with amazlet at 17.06.02
SLOWDIVE
DEAO (2017-05-05)
売り上げランキング: 2,477

24bit/96kHzの配信もあります。
Slowdive / Slowdive – OTOTOY