ヘッドホンレビュー

【レビュー】KOSS SP540 低音と装着感が魅力!

SP540

2万円前後のポータブルヘッドホンを探すために色々と試聴中です。
今回はKOSS「SP540」を聴いてきました!
一言で表現すると「装着感の良い、低音ヘッドホン」って感じでした。
 
【試聴機材】
Astell&Kern AK120
【試聴曲】
絢香 – にじいろ(NHKマッサン主題歌)
【試聴場所】
eイヤホン 秋葉原店
 

KOSS「SP540」レビュー

本体の質感

本体は全体的にプラスチッキー。高級感はあまり無いですが、デザインとあいまって、独特の存在感があります。ケーブルは着脱式で太すぎず細すぎずといった具合です。取り回しは良いと思います。

装着感

ずれにくく、良い装着感です。耳がすっぽり覆われまずが、側圧もそれほど強くなく、イヤーパッドの感触も良いので違和感がありません。ただ熱がこもりそうなので夏は暑そうです。

音質

モニターライク、分離性能などという言葉とは真逆の音ですね。元気な中低音がまとまって飛び込んできます。楽器をバラして聴くよりは、ノリを楽しむヘッドホンと言えそうです。ロックやダンスミュージックと相性が良さそうですね。

絢香「にじいろ」を聴いてみると思わず「絢香、太った?」と言いたくなりました笑。絢香の声が野太くパワフルになっています。音の解像感は高くないので、細かい音を楽しむことはできませんでしたね。でも、とにかくKOSSらしい元気な低音のヘッドホンという印象でした。

総評

いやー、濃いキャラクターのヘッドホンですね。はっきりいえば「音質が良い」とは決して言い難い機種ですが、魅力のある音だと思います。ハマる人はハマるかもしれません。ただ左右の分離性能が高い音に慣れてしまっている人には、つらいヘッドホンですね。でも、低音重視の人には決して悪くない機種だと思いました。

関連記事

  1. final E2000 E3000 【レビュー】final E2000 E3000 エントリーの新時…
  2. Oriolus 2nd Gen. 【レビュー】Oriolus 2nd Gen. 抜群のライブ感
  3. PS500e 【Grado PS500eで聴こう!】第1回「ロック編」
  4. EN120 【レビュー】EARNiNE EN120 これぞ価格破壊イヤホンの…
  5. TU-HP01 【レビュー】冬にピッタリ!楽しい真空管ポタアン TU-HP01
  6. HIFIMAN HE1000 【レビュー】HIFIMAN HE1000はどれくらい鳴らしにくい…
  7. HIDIZS AP-60 【レビュー】Hidizs AP-60 完成度の高さに驚き!
  8. AROMA Nebula N10 【レビュー】AROMA Nebula N10 イヤホンでこそ使い…

ピックアップ記事

  1. ATH-E40
  2. Andromeda-Cover-1024x620
  3. astrotec AM850
  4. HIFIMAN RE2000
  5. 20151122172659
  6. Campfire Audio ANDROMEDA
  7. NuForce HEM8(LTD)
  8. 20150731215725
  9. Oriolus Forsteni
  10. QE80

おすすめ記事

magazine メルマガ始めることにしました 〜自由な発言の場を求めて〜 mono MONO 9枚目のアルバム「Requiem for Hell」アルビニ先生が仕事しすぎ! 25a191c1 今月のPS Plus フリープレイ「STEEP」が神ゲーでした。 1458045252_thumb.jpeg 【レビュー】HIFIMAN Edition X いつか必ず欲しい音 2016award 2016年 おすすめのイヤホンはどれか?【第1回HEAD Bank アワード】
PAGE TOP