Taylor oneloop BA+DDが届きましたが不良品でした。

Taylor oneloop

 すっかり秋らしくなってきましたね。朝晩は冷え込むので、親愛なる読者諸兄もぜひ風邪などには注意してほしいと思うこの頃です。

 私はと言えば、現在は次なる仕事へ「合間」の期間となっており、毎日ゲームをしたりピザを食べたり、忙しく過ごしています。それなら毎日更新しろ?いやほんと自分でもそう思うんですけど、fateが面白くてつい…。今はオフ会の成功へ向けいろいろ動いているので、どうかご勘弁頂きたいです。

 さて今回は、そんな記念すべき第1回オフ会の切り札としてオーダーしていたイヤホンが到着したので、そちらを紹介します!

 オーダーしていたのはTaylor oneloopという謎ブランドの中華イヤホン。もちろんAliExpressにて購入しました。こちらのモデルはダイナミック1発、BA+DD、4BAの3種類から選択可能だったので、BA+DDを選択。価格は16,000円くらいでした。

Taylor oneloop

初めての方は衝撃の到着風景。 私は今まで何回かあったので慣れてましたが、今回はなぜか嫌な予感が…。
初めての方は衝撃の到着風景。
私は今まで何回かあったので慣れてましたが、今回はなぜか嫌な予感が…。
Taylor oneloop
おっと!外箱もガッツリいかれてる!
さり気なくハイレゾシール貼ってありますが、絶対ハイレゾ対応じゃありません。
(スペック表は20-20000Hz)
Taylor oneloop
取り出してみました。
ケーブルはリモコン付きなのでリケーブル推奨ですね。
taylor oneloop earphones
小さな専用ケースも付属します。

Taylor oneloop
クリアシェルなので中が見えます。
Dドラの前にBAが配置してありますね。

 
ということで早速、Nobunaga Labsの雷切にリケーブルして聴いてみました。

Taylor oneloop
DP-X1に雷切でバランス接続!

 
 聴いた瞬間、「うん、良い音!じゃない!?あれ…?」

 右側が…イヤホン右側の音量が明らかに小さい…。なぜだ…。動揺を隠せない私。国慶節(中国の祝日)などを挟んだ影響で、到着まで1ケ月近く待ったイヤホンです。不良品なんて…そんな…そんなはずがない!

落ち着いてケーブルを別のものにして再度トライ。

「ジェリーさん、お願い!」

神に祈りを捧げながら聴いてみます。

しかし、ダメ。

 生き生きとした左側の音とは対照的に、恐ろしくカスッカスな右側。私の付け焼き刃の祈りなど届くはずもありませんでした。こんなことになるならJHの製品を1つでも買っておくんだった…。と後悔。神は信じるものしか救わない。

 曲を変えて試してみたところ、右側は全くもって低音が出ていないことが分かりました。恐らくダイナミックドライバーがおかしいのでしょう。可笑しいね。

 そう思ってさっきのイヤホン内部を写した写真を見てみると、何だかダイナミックドライバーの形が変です。中でめくれ上がっているような感じになっています。可笑しいね。

 ということで私は小さなため息をひとつ。それからセラーに連絡を入れました。交換してくれるといいな…。

 AliExpressで不良品をくらったのは、実は今回が初めてではありません。とはいえまだ10回も注文していないのにまた不良品とは…なかなかのクオリティーコントロールですね。これからAliを使う方は、ぜひその辺りにもぜひ留意してください。

オフ会にはこの悲しみのこもったイヤホンを持っていきます。

「おかしいでしょう? そう言って笑ってよ」 ーHY『366日』より

366日
366日
posted with amazlet at 16.10.12
PONY CANYON (2016-10-05)
売り上げランキング: 1,925